本当は逢いたし [単行本]
    • 本当は逢いたし [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月26日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
本当は逢いたし [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003498328

本当は逢いたし [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月26日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2021/12/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

本当は逢いたし [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    この10年、3・11からコロナウイルス禍までの間に綴った60余篇を編んだ、待望のエッセイ集。
  • 目次

    Ⅰ 本当は逢いたし
    当て無き櫂/気持よいかしら/母性愛か恋か/母におくれて/また八月/だからと言って/なんとかしなきゃ/出来秋/いちいちうごく/生き合う/その気になれば/こっちこっち/吐く息/拳ひらくと/死木と裸木/ひろごる/母の手/港の見える丘/流れる

    Ⅱ 彼の世も小春日和か
    生まれ月/もろもろ/ありがとう/八月/うみのそこ/未練など/言葉があって/揚花火/見つめ合う/木の葉しぐれ/考える/二つ並んで/はいっ、やってちょうだい

    Ⅲ わが晩年などと気取りて
    あの日は晴/思ってます/晩年や/夏になると/明石焼き/遊び/冬麗/春浅く/思っている/秋の素足

    Ⅳ あんな日があってこんな日
    此処あったかいよ/気が向きまして/自分を見尽くす/春立つ日/雀・ヒヨドリ・烏・人/詩の山を/空気ゆたかに/夜中まで灯して/最初と最後と/たまたま誕生日/エープリルフール/虚子忌そして花祭/夜目遠目/五月の風をゼリーにして/ふつつかな魚/どちらが夢か/あんな日があって/じゃんけん/奇麗な風/言われてみれば

    Ⅴ 私史に正史の交わりし
    さようなら「平成」/父の顎
  • 出版社からのコメント

    本当は逢いたい、と思うのは、実際には逢えないってことで――亡き人、昨日逢った人、其処、を此処から綴ったこの10年。
  • 内容紹介

    彼の世も小春日和か

    此処から彼処の人を思う。

    最新句集『此処』で2020年度の読売文学賞を受賞した俳人がこの10年、3・11からコロナウイルス禍までの間に綴った60余篇を編んだ、待望のエッセイ集

    タイトルは自作句「本当は逢いたし拝復蝉時雨」から。時々のくらしを営む「此処」から「彼処」にいる本当は逢いたい人たちを思い綴る。彼処にいるのは――軍医として赴いた戦地で命を奪われた父、俳句の師、つい最近亡くなった夫、そして被災地で、猛威を振るう自然災害で、先のむごたらしい戦争で命を失った人たち。楽しい旅の途次に、家事の合間に、テレビを観ている時に、想像力は自然に育まれた命そのものへと向かう。自らの思いを常に客観視しているような透徹なまなざしから生まれる文章は、各エッセイに引いた自作句、師や友や先達の句をピリオドとして、えもいわれぬ余韻を残す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池田 澄子(イケダ スミコ)
    1936年、鎌倉に生まれ、新潟に育つ。三十歳代の終わり近くに俳句に出会う。三橋敏雄に師事。句集に『空の庭』(現代俳句協会賞)、『たましいの話』(宗左近俳句大賞)、他。2021年、『此処』で読売文学賞・詩歌俳句賞、俳句四季大賞。2021年、現代俳句大賞。「トイ」「豈」所属
  • 著者について

    池田 澄子 (イケダ スミコ)
    1936年、鎌倉に生まれ、新潟に育つ。30歳代の終わり近くに俳句に出会う。三橋敏雄に師事。句集に『空の庭』(現代俳句協会賞)、『いつしか人に生まれて』、『ゆく船』、『たましいの話』(宗左近俳句大賞)、『拝復』、『思ってます』他。2021年、『此処』で読売文学賞・詩歌俳句賞、俳句四季大賞。散文集に『あさがや草紙』、『休むに似たり』他。対談集に『金子兜太×池田澄子 兜太百句を読む』。2021年、現代俳句大賞。「トイ」「豈」所属。

本当は逢いたし [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:池田 澄子(著)
発行年月日:2021/12/01
ISBN-10:4532177162
ISBN-13:9784532177164
判型:B6
発売社名:日経BPマーケティング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:220ページ
縦:20cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 本当は逢いたし [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!