東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) [文庫]
    • 東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月29日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003498340

東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) [文庫]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月29日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2021/12/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    東大生は、どんな本を読んできたのか?100名への調査を通じて、その実態を明らかにしました。「思考力」が身につく人生の必読書を多数紹介しています。また、読解力の身につけ方から効果的な記憶術まで、仕事や勉強に活きる「最強の読書術」も伝授しています!今後の本との向き合い方が変わる1冊です。
  • 目次

    Part1 東大式「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選方
    ・東大生は、どうやって本と出合ったのか?
    ・東大生の自宅には、どんな本があったのか?
    ・東大式 頭が良くなるマンガの読み方
    ・東大式 「 読んで終わりに」にしない本の読み方
    ・東大生は、なぜマンガや小説を読むのか?
    ・暗記とライトノベルの意外な関係
    ・東大生が子どもだった頃の読書とは?
    ・東大生が考える手塚治虫のススメ
    ・東大生は、同じ本を何度も読み返す?
    ・東大生は、なぜ受験生時代にこそ本を読むのか?
    ・東大の授業では、どんな読み方をするのか?
    ・東大生の本との付き合い方
    ・東大生はたくさんの本を読む?
    ・東大式 書評のススメ
    ・今、東大生はなんのために本を読んでいるのか?

    Part2東大生100人が選んだ「読解力」と「思考力」を鍛えるブックガイド
    ・時雨沢恵一 『キノの旅』
    ・上橋菜穂子 『精霊の守り人』
    ・重松 清 『青い鳥』
    ・手塚治虫 『ブラック・ジャック』
    ・中沢啓治 『はだしのゲン』
    ・日下秀憲、真斗 『ポケットモンスターSPECIAL』
    ・伊坂幸太郎 『魔王』
    ・司馬遼太郎 『坂の上の雲』
    ・筒井康隆 『壊れかた指南』
    ・ラルフ・イーザウ 『暁の円卓』
    ・宮部みゆき 『模倣犯』
    ・坂本眞一 『イノサン』
    ・内田 樹 『先生はえらい』
    ・林 望 『知性の磨きかた』
    ・茂木 誠 『図解 世界史で学べ! 地政学』
    ・樺島忠夫他『日本語チェック2000辞典』
    ・諫山 創 『進撃の巨人』
    ・西尾維新、暁月あきら 『めだかボックス』
    ・橙乃ままれ『まおゆう魔王勇者』
    ・浦沢直樹他『MASTERキートン』
    ・東野圭吾 『秘密』
    ・乙川優三郎 『ロゴスの市』
    ・原 研哉 『白』
    ・塩野七生 『ローマ人の物語』
    ・リチャード・E・ニスベット 『木を見る西洋人 森を見る東洋人』
    ・ファインマン 『ファインマン物理学』
    ・花園あずき 『はやげん! ~はやよみ源氏物語~』
    ・中原道喜 『英文問題精講』シリーズ
    ・仲谷 鳰 『やがて君になる』
    ・ハンナ・アーレント『エルサレムのアイヒマン』
    ・平原 卓 『読まずに死ねない哲学名著50冊』
    ・ジョージ・オーウェル 『一九八四年』
    ・デービッド・アトキンソン 『新・所得倍増論』
    ・平野耕太 『HELLSING』
    ・ドストエフスキー 『二重人格』
    ・ユヴァル・ノア・ハラリ 『サピエンス全史』
    ・ハジュン・チャン 『経済学の95%はただの常識にすぎない』

    ★西岡壱誠が薦める「視野が広がる140冊」
  • 出版社からのコメント

    東大生は、どのように読んでいるのか? 何を読んで「東大生」になったのか? 最強の本の読み方・選び方
  • 内容紹介

    どんな本を読んで「東大生」になったのか?
    マンガ・小説・古典・人文・経済・理工…etc 人生の必読の名著177冊を紹介! !

    『マチネの終わりに』平野啓一郎、『帰ってきたヒトラー』ティムール・ヴェルメシュ、『堕落論』坂口安吾、『星の王子様』サン=テグジュペリ、『ガリヴァー旅行記』スウィフト、『新世界より』貴志祐介、『藤子・F・不二雄SF短編集』藤子・F・不二雄、『キノの旅』時雨沢恵一、『3月のライオン』羽海野チカ、『ヴィンランド・サガ』幸村誠、『会計の世界史』田中靖浩、『経済は地理から学べ! 』宮路秀作、『翻訳できない世界のことば』エラ・フランシス・サンダース、『日常にひそむ うつくしい数学』冨島佑允、『New Scientist 起源図鑑』グレアム・ロートン…etc

    ★大幅加筆のうえ文庫化!

    ★今後の人生で、どんな本を読むべきかが分かる
    ★東大生がオススメする177冊の書籍を紹介

    □読んで終わりにしないコツは?
    □たくさん読む? それとも、同じ本をくり返し読む?
    □東大生は「マンガ」や「ラノベ」から何を学んでいる?

    「読書」と「頭の良さ」には関連性がありそうだ――
    そう多くの方が思っているかと思います。
    実際に頭のいい人は、どんな本を、どのような方法で読んできたのかは興味があることです。

    「頭のいい人」の代表とも言える「東大生」は、どんな本を、どのように読んできたのでしょうか。

    東大でも有数の本好きと言える著者が紐解く、東大生の「読解力」と「思考力」を育てた本の読み方・選び方をまとめました。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西岡 壱誠(ニシオカ イッセイ)
    1996年生まれ。偏差値35から東大を目指すも、2年連続不合格。3年目に勉強法を見直し、偏差値70、東大模試で全国4位になり、2浪で東大合格を果たす。東大入学後、人気漫画『ドラゴン桜2』(講談社)に情報提供を行う「ドラゴン桜2東大生プロジェクトチーム『東龍門』」のプロジェクトリーダーを務め、ドラマ日曜劇場「ドラゴン桜」の脚本監修を担当。2020年に株式会社カルペ・ディエムを設立、代表に就任
  • 著者について

    西岡 壱誠 (ニシオカ イッセイ)
    株式会社カルペ・ディエム 代表
    在学中に「現役東大生作家」として多数のベストセラーを執筆。現在は、マンガ『ドラゴン桜2』に総合プロデューサーとしてコンテンツ監修に携わるなど、執筆に限らずコンテンツプロデュースにも従事。

東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:西岡 壱誠(著)
発行年月日:2021/12/01
ISBN-10:4532240131
ISBN-13:9784532240134
判型:文庫
発売社名:日経BPマーケティング
対象:一般
発行形態:文庫
内容:教育
言語:日本語
ページ数:342ページ
縦:15cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 東大生の本棚―「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方(日経ビジネス人文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!