世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか [単行本]
    • 世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003498347

世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2021/12/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    小さな農業者グループがつくる日本発のトマトが、なぜ、トマトの本場スペインでもっとも高く売れるトマトになったのか?日本企業、とりわけ中小企業が、世界に通用するブランドをつくるには、何をすべきなのか?その答えを探索し、具体的に提示することが、本書の目的である。
  • 目次

    第1編 世界ブランドへの挑戦
    第1章 常識に「?マーク」をつけよう

    第2章 トマト小国からの大きな挑戦

    第3章 海外進出のパターン

    第2編 世界ブランドになる条件
    第4章 ブランドづくりのベクトル合わせをしよう

    第5章 どうすれば世界ブランドが生まれるのか

    第6章 海外からみた日本の強みは何か

    第7章 生産国のイメージが世界ブランドに与える影響

    第3編 世界ブランドを創造する
    第8章 国境を越えるブランドの「軸」をつくろう

    第9章 逆張りのブランドづくり

    第10章 AIでブランドはつくれるか

    第11章 引き算のブランドづくり

    第12章 世界ブランドは感性に訴える

    第13章 世界に通用するブランドネームをつくる

    第14章 ブランドには「守り」も必要

    第15章 世界ブランドは進化を続ける
  • 出版社からのコメント

    どうすれば国内ブランドを世界ブランドに育てられるのか。本場スペインでの「アメーラトマト」の成功事例をもとに、ノウハウを解説。
  • 内容紹介

    どうすれば日本発の商品を世界ブランドに育てられるのか?
    海外市場をめざす企業、必読!

    ○筆者が生産者とともにブランド構築を手掛けてきた高糖度トマト「アメーラ」。96年に静岡県で開発され、徹底した「品質管理」と「ブランド戦略」によって、市場の評価を高めてきた。アメーラの生産者は、9つの農業法人の集合体であるサンファーマーズという会社で、中小企業のブランド実践事例として岩崎氏の過去の著作でも紹介されてきた。

    ○アメーラは2019年からトマトの本場、スペイン・アンダルシア地方での生産・販売を開始し、快進撃を続けている。「Made in Spain by Japanese」、日本人による現地生産である。

    ○輸出しているのは、トマトそのものというより、「ブランド戦略」だ。アメーラは、スペインを代表する百貨店の野菜売り場に並び、スペイン国内では最も高い価格で売れている。

    ○欧州進出のきっかけは15年のミラノ国際万博の展示会だった。そこからブランドネーム、ロゴからパッケージデザインに至るまで、あらためて海外向けにブランド戦略を練り直し、現地生産・販売を開始した。

    ○本書では、「アメーララトマト」のスペインにおける実践プロセスと、海外諸国の消費者を対象に実施したオリジナル調査結果をふんだんに盛り込み、日本の中小企業や一次産品生産者向けに「海外におけるブランドづくり」の羅針盤を提示する。

    ○アメーラトマトの成功事例を中心に論じているが、農産物にとどまらず、海外市場に打って出ようと考えている中小製造業のマーケティングすべてに参考となる内容である。

    小さな農業者グループがつくる日本初のトマトが、
    なぜ、トマトの本場スペインで
    もっとも高く売れるトマトになったのか?
    日本企業、とりわけ中小企業が、
    世界に通用するブランドをつくるには、
    何をすべきなのか?
    その答えを探索し、具体的に提示することが、本書の目的である。

    【本書の内容から】
    常識に「?マーク」をつけよう/日本は「トマト小国」/はじまりは「ミラノ万博」/ものづくりとブランドづくりを並行させる/輸出するのはトマトではなくブランド戦略/「標準化」と「現地化」の掛け算/ブランドづくりのベクトル合わせをしよう/強いブランドの3条件/中小企業でもブランドはつくれる/海外からみた日本の「強み」/生産国のイメージ/国境を超えるブランドの「軸」/AIでブランドはつくれない/引き算のブランドづくり/感性に訴える/ロゴ、パッケージ、ブランドネーム/ブランドづくりの「攻め」と「守り」/ヨコ展開を脱しよう/進化を続けよう
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岩崎 邦彦(イワサキ クニヒコ)
    静岡県立大学経営情報学部教授・学長補佐・地域経営研究センター長。専攻は、マーケティング。とくに、地域に関するマーケティング問題を主な研究テーマとしている。これらの業績により、日本観光研究学会賞、日本地域学会賞、世界緑茶協会O‐CHAパイオニア学術研究大賞、商工総合研究所中小企業研究奨励賞などを受賞
  • 著者について

    岩崎 邦彦 (イワサキ クニヒコ)
    静岡県立大学経営情報学部教授・学長補佐・地域経営研究センター長
    専攻は、マーケティング。とくに、地域に関するマーケティング問題を主な研究テーマとしている。これらの業績により、日本観光研究学会賞、日本地域学会賞、世界緑茶協会O-CHAパイオニア学術研究大賞、商工総合研究所中小企業研究奨励賞などを受賞。
    著書に、『地域引力を生み出す 観光ブランドの教科書』『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書』『農業のマーケティング教科書:食と農のおいしいつなぎかた』『小が大を超えるマーケティングの法則』『スモールビジネス・マーケティング』などがある。

世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:岩崎 邦彦(著)
発行年月日:2021/12/01
ISBN-10:4532324475
ISBN-13:9784532324476
判型:B6
発売社名:日経BPマーケティング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:287ページ
縦:19cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 世界で勝つブランドをつくる―なぜ、アメーラトマトはスペインで最も高く売れるのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!