社会言語学図集―日本語・英語・中国語・韓国語解説 新版 [単行本]

販売休止中です

    • 社会言語学図集―日本語・英語・中国語・韓国語解説 新版 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
100000009003501300

社会言語学図集―日本語・英語・中国語・韓国語解説 新版 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
日本全国配達料金無料
出版社:ひつじ書房
販売開始日: 2021/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

社会言語学図集―日本語・英語・中国語・韓国語解説 新版 の 商品概要

  • 目次

    ■社会言語学の潮流
     社会言語学の領域
      1 社会言語学の研究分野
     社会言語学の展開
      2 研究の時代的推移
      3 研究領域(日米韓の比較)
    ■言語変種
     地域的変種
      4 方言区画
      5 方言イメージによる区画
      6 標準語形の分布率
     属性とことば
      7 階層差と言語変種
      8 階層差と言語使用態度
      9 敬語運用の階層差
      10 年齢差と地域差
      11 年齢差と性差
      12 学校用語
      13 若者語
     手話
      14 手話の特徴
      15 手話の方言
    ■言語行動
     コード変換
      16 敬語形式選択の属性差
      17 方言形から標準語形への変換
      18 場面と言語変異
      19 ドメインと使用言語
     コミュニケーション
      20 あいづち
      21 接客行動のレジスター
      22 依頼表現の日米比較
     対人関係の調整
      23 ポライトネス
      24 文末形式の選択
    ■言語生活
     言語活動の領域
      25 言語生活の具体的場所
      26 言語活動の量
     スピーチコミュニティ
      27 社会的ネットワーク
      28 意見を交換する相手
      29 社会的コミュニティと変異
     ことばと文化
      30 生活と語彙
      31 親族呼称の日米比較
      32 「男らしさ」「女らしさ」
      33 男性の名前・女性の名前
      34 「-子」の付く芸名
    ■言語接触
     外来語
      35 外来語の流入時期
      36 外来語に関する意識
      37 地名の交替 -アイヌ語から日本語へ -
     接触言語
      38 小笠原混合言語の成立
      39 在日コリアン
      40 宜蘭クレオール
      41 サハリン日本語
     方言接触
      42 ウチナーヤマトゥグチ
      43 変化のプロセス(利賀川)
      44 変化のプロセス(十津川)
      45 中間型方言体系の分布
      46 ネオ方言形の発生
      47 大阪若年層のアクセント
      48 過剰般化
      49 疑似標準語
    ■言語変化
     共通語化と新方言
      50 共通語化40年の変化
      51 方言はいつ消滅するか
      52 新方言の発生
      53 共通語化と東京新方言化
      54 方言の改新
     ことばのゆれ
      55 ガ行子音の交替
      56 可能動詞の動態
      57 語形のバラエティ
      58 新語の知識
      59 スラングの普及
     移住とことば
      60 北海道における世代差
      61 方言受容と態度
      62 ニュータウンでの言語使用
    ■言語意識
     ことばへの態度
      63 日本人の「国語力観」
      64 フォリナートークへの態度
      65 外国人の話す日本語
      66 方言が恥かしい
     ことばのイメージ
      67 標準語の認識
      68 標準語との心理的距離
      69 役割語
     アイデンティティ
      70 ハワイの日系人
      71 方言とアイデンティティ
    ■言語習得
     言語形成期
      72 「言語形成期」の根拠
      73 バイリンガリズムの形成
     第一言語
      74 育児語の文の長さ
      75 語彙の発達
      76 理解語彙量の累増過程
     第二言語
      77 第二言語習得の拡散モデル
      78 中間言語のバリエーション
      79 中間言語行動
    ■言語計画
     席次計画
      80 各国内の言語数
      81 世界の英語の輪
      82 論文の言語
     実体計画
      83 言語サービス
      84 やさしい日本語
      85 外来語言い換え提案
      86 病院のことば
      87 敬語の指針
     習得計画
      88 言語管理のプロセス
      89 海外日本人子女の就学状況
      90 日本語学習者の推移

    術語対照
  • 内容紹介

    社会言語学の各領域におけるトピックを集成し、それぞれの裏付けとなったデータを図表の形にして掲げ、日本語と英語・中国語・韓国語で簡潔な解説を加えた。近年、大学等での授業科目として「社会言語学」が取り上げられることが多くなった。本図集は、そのための教材として新たに編修したものである。日本語をもとにして、英語、中国語(繁体字)、韓国語による要約も掲げているので、対照しつつ外国語学習としても活用できよう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    真田 信治(サナダ シンジ)
    1970年東北大学大学院修了。1990年文学博士(大阪大学)。現職、大阪大学・名誉教授

    朝日 祥之(アサヒ ヨシユキ)
    2004年大阪大学大学院修了。2004年博士(文学、大阪大学)。現職、国立国語研究所・准教授

    簡 月真(カン ゲッシン)
    2004年大阪大学大学院修了。2004年博士(文学、大阪大学)。現職、台湾・国立東華大学・教授

    李 舜炯(リ シュンケイ)
    2016年東京都立大学大学院修了。2016年博士(日本語教育学、東京都立大学)。現職、韓国・慶北大学・講師
  • 著者について

    真田 信治 (サナダ シンジ)
    大阪大学・名誉教授

    朝日 祥之 (アサヒ ヨシユキ)
    国立国語研究所・准教授

    簡 月真 (カン ゲッシン)
    台湾・国立東華大学・教授

    李 舜炯 (イ スンヒョン)
    韓国・慶北大学・講師

社会言語学図集―日本語・英語・中国語・韓国語解説 新版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ひつじ書房
著者名:真田 信治(編)/朝日 祥之(編)/簡 月真(編)/李 舜炯(編)
発行年月日:2021/11/30
ISBN-13:9784894769427
判型:A5
発売社名:ひつじ書房
対象:教養
発行形態:単行本
内容:語学総記
言語:日本語
ページ数:275ページ
縦:21cm
他のひつじ書房の書籍を探す

    ひつじ書房 社会言語学図集―日本語・英語・中国語・韓国語解説 新版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!