ベートーヴェンのトリセツ―指揮者が読み解く天才のスゴさ [単行本]
    • ベートーヴェンのトリセツ―指揮者が読み解く天才のスゴさ [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月7日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003504597

ベートーヴェンのトリセツ―指揮者が読み解く天才のスゴさ [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月7日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2021/12/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ベートーヴェンのトリセツ―指揮者が読み解く天才のスゴさ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    指揮者・曽我大介が、巨匠の傑作の力の秘密を読み解く。ベートーヴェンの革新的な創作術、その「スゴさ」を、実践と豊富な知識、作品への斬新な視点と切り口によって、わかりやすく解説。本書協力者で脳生理学者の酒井邦嘉による、科学的観点からベートーヴェンをとらえたコラムも一読の価値あり。
  • 目次

    はじめに ベートーヴェンのスゴさ/ベートーヴェンの創作モットー
    第1部 天才の想像力を育んだもの
     第1章 天才を育んだ街・ボン
     第2章 独立音楽家として人生を切り開く
     第3章 先輩からバトンを受け取り、未来を切り開く
     第4章 疾病・恋・戦争~創作に影響を与えた個人的な出来事
    第2部 天才の作曲法の秘密
     第1章 ベートーヴェンの作曲工程
     第2章 ベートーヴェンの作曲技法① ―基本編―
     第3章 ベートーヴェンの作曲技法② ―応用編―
    第3部 ベートーヴェンの交響曲~9つのイノヴェーション(+序曲)
     第1章 交響曲第1番
     第2章 交響曲第2番
     第3章 交響曲第3番《英雄交響曲》
     第4章 交響曲第4番
     第5章 交響曲第5番
     第6章 交響曲第6番《田園交響曲》
     第7章 交響曲第7番
     第8章 交響曲第8番
     第9章 交響曲第9番
     第10章 序曲(他の管弦楽曲)
    第4部 エピローグ ベートーヴェンの魂を追いかけた人、ベートーヴェンの亡霊に追いかけられた人
    [酒井邦嘉のコラム]
    1 幼年期のトレーニングや学習が才能に与える影響
    2 「写経」のトレーニングはなぜ有効なのか
    3 後世の目標となった科学者たち
    [コラム]
    ベートーヴェンの恋愛観/デジタルで触れるベートーヴェンの世界/ベートーヴェンの記譜法の特徴/ベートーヴェンの交響曲は一体何人で演奏されたのか?/ベートーヴェンの先駆けとなる《田園交響曲》/ベートーヴェンのチェロとコントラバスの書法/ここが残念!ベートーヴェン ベートーヴェンの指揮/演奏時間から見えるベートーヴェンの交響曲の規模、そしてマエストロの個性
    [あとがき]
    [参考文献]
    [本書内に登場するベートーヴェンの作品]
    [人名索引]
  • 出版社からのコメント

    第一線の指揮者・曽我大介が作品への斬新な視点と切り口によって読み解く、ベートーヴェンの「スゴさ」がわかる究極の取扱説明書!
  • 内容紹介

     ベートーヴェンの「スゴさ」がわかる究極の取扱説明書。世界を舞台に第一線で活躍している指揮者・曽我大介が、ベートーヴェンの傑作の力の秘密を読み解く一冊。
     ベートーヴェンの名曲解説や伝記物は世に多いが、本書はベートーヴェンの代名詞ともいえる9曲の「交響曲」を中心に、ベートーヴェンの革新的な創作術の「スゴさ」を、指揮者ならではの演奏現場からの実践と豊富な知識、作品への斬新な視点と切り口によってわかりやすく解説しており、その意味で唯一無二のベートーヴェン本となっている。
     ベートーヴェンを読み解くうえでの鍵となる「指揮者のこだわり」や「コラム」、「トリビア」なども多数掲載。また、本書協力者で脳生理学者の酒井邦嘉による、科学的観点からベートーヴェンをとらえたコラムも一読の価値がある。
     ベートーヴェンの交響曲ファン、アマチュアからプロフェッショナルまでのオーケストラ奏者必携の書といってよいだろう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    曽我 大介(ソガ ダイスケ)
    指揮者・作曲家。桐朋学園大学、ウィーン音楽大学等でB.ハイティンク、G.シノーポリ、I.ムーシン、U.ラーヨビッチ、小澤征爾、田中雅彦、I.ケプテア、森正の諸氏に学び、1989年ルーマニア国立音楽院在学中にルーマニアでデビュー。1993年ブザンソン、1998年コンドラシンの二大指揮者コンクールで第1位。以降日本はもとより、ヨーロッパ、南米を中心に世界各地のオーケストラに客演を重ね、2015年6月にはベルリン・フィルハーモニーホールにおけるベルリン響「ベートーヴェン“第九”公演」を指揮するなど活躍を続けている。ルーマニアとは特に関係が深く、各地のオーケストラや劇場に定期的に客演。2021~22年にはルーマニア=日本外交樹立100周年記念コンサートがルーマニアの3つの都市で予定されている。ルーマニア国立放送響首席客演指揮者、大阪シンフォニカー響(現・大阪交響楽団)音楽監督、ブラジル・ロンドリーナ音楽祭首席指揮者、東京ニューシティ管弦楽団首席指揮者などを歴任。音楽祭や講習会の講師、コンクール審査員、作曲家としても活躍中。ルーマニア・ブラショフ市とブラジル・ロンドリーナ市名誉市民。令和3年度外務大臣表彰

    酒井 邦嘉(サカイ クニヨシ)
    東京大学大学院総合文化研究科教授。1992年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。1992年東京大学医学部助手、1995年ハーバード大学リサーチフェロー、1996年マサチューセッツ工科大学客員研究員、1997年東京大学大学院総合文化研究科助教授・准教授を経て、2012年より現職。同理学系研究科物理学専攻教授を兼任。2002年第56回毎日出版文化賞、2005年第19回塚原仲晃記念賞を受賞。専門は言語脳科学で、人間に固有の脳機能をイメージング法などで研究している
  • 著者について

    曽我 大介 (ソガ ダイスケ)
    1989年ルーマニア国立音楽院在学中にルーマニアでデビュー。ブザンソン、コンドラシンの二大指揮者コンクール第1位。2015年ベルリン響ベートーヴェン「第九」公演を指揮するなど世界各地で活躍。ルーマニアとは特に関係が深く、日本とルーマニアとの相互理解の促進に尽力し功績により、令和3年度外務大臣表彰受賞。ルーマニア国立放響首席客演指揮者、大阪シンフォニカー響音楽監督などを歴任、現在東京ニューシティ管弦楽団正指揮者。

ベートーヴェンのトリセツ―指揮者が読み解く天才のスゴさ の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:曽我 大介(著)/酒井 邦嘉(協力)
発行年月日:2021/12/31
ISBN-10:4276200121
ISBN-13:9784276200128
判型:A5
発売社名:音楽之友社
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:191ページ
縦:21cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 ベートーヴェンのトリセツ―指揮者が読み解く天才のスゴさ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!