ホロコーストとヒロシマ―ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶 [単行本]
    • ホロコーストとヒロシマ―ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月30日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003505682

ホロコーストとヒロシマ―ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月30日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2021/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ホロコーストとヒロシマ―ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ナチ占領下ポーランド人のユダヤ人への対応の詳細、体制転換後のポーランド政治事情、アウシュヴィッツとヒロシマの関係、日本のホロコースト受容史など10編。
  • 目次

    序論
    加藤有子

    第一部 ポーランドにおけるホロコーストの記憶
    第1章 ユダヤ人大虐殺をめぐるポーランドの記憶──カトリック民族主義の視点から
    ヤツェク・レオチャク(岩田美保訳)

    第2章 「道義的問題が戸を叩く」──ユダヤ人大虐殺に対するポーランド人の姿勢
    バルバラ・エンゲルキング(岩田美保訳)

    第3章 一九四六年七月四日、キェルツェのポグロム──ユダヤ人大虐殺の第四段階?
    ヨアンナ・トカルスカ=バキル(菅原 祥訳)

    第4章 哀れなポーランド人がゲットーを見つめている
    ヤン・ブウォンスキ(小原雅俊訳・解説)

    第二部 記憶のポリティクス
    第5章 戦後七〇年を超えて──現代日本の「記憶のポリティクス」
    高橋哲哉

    第6章 〈正義の人々〉のポーランド共和国──ホロコースト期におけるユダヤ人救済をめぐる言説の構造と機能
    ピョートル・フォレツキ(田中壮泰訳)

    第7章 ポーランド人と〈アウシュヴィッツ〉の近くて遠い距離
    加藤久子

    第三部 ホロコーストと日本、世界とヒロシマ
    第8章 日本におけるホロコーストの受容と第二次世界大戦の記憶──「ヒロシマ・アウシュヴィッツ」の平和主義言説
    加藤有子

    第9章 処刑人、犠牲者、傍観者──三つのジェノサイドの現場で
    西成彦

    第10章 「ヒロシマ」というシンボルを再考する
    東琢磨

    あとがき
    加藤有子

    索引
    著者紹介
  • 出版社からのコメント

    ナチ占領下のポーランド人のユダヤ人への対応の真相はじめ、アウシュヴィッツとヒロシマの関係、日本のホロコースト受容など10編。
  • 内容紹介

    ナチ・ドイツ占領下、町じゅうにゲットーが作られ、アウシュヴィッツなど絶滅収容所が作られたポーランドにおいて、ポーランド人は、迫害・虐殺の対象となった隣人ユダヤ人に対して何らかの態度表明を迫られた。体制転換後、ホロコースト研究が本格化するなか、ポーランド人のユダヤ人虐殺への関与が浮上し、それに対する反発が政府主導の下に加速する。本書は、日本であまり知られていないホロコーストの「現場」ポーランドにおけるホロコーストの記憶とそのポリティクスについて、最新の状況を伝えることを第一の主眼とする。
    ポーランドのホロコーストの記憶をめぐる状況は、1990年代以降の日本の歴史認識をめぐる状況にも共通する。さらに日本のホロコースト受容史は、ヒロシマや戦争体験と深く関わっていた。本書はホロコーストの記憶と研究を、日本における戦争やヒロシマの記憶と連動するものとしてとらえ、第二次世界大戦をめぐる記憶と歴史研究の変容を、地域や出来事を越えて比較史的な視野に開くことも重要な課題とする。
    2018年11月の国際シンポジウムを基本に単行本化。二つの国の11名による問題提起の書である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 有子(カトウ アリコ)
    名古屋外国語大学世界教養学部准教授。ポーランド文学、表象文化論。両大戦間期ポーランド文学、リヴィウの前衛運動、第二次世界大戦の記憶の比較研究(ホロコースト期の写真、日本の平和主義言説)。著書に『ブルーノ・シュルツ―目から手へ』(2012、2013年表象文化論学会賞)など。訳書にデボラ・フォーゲル『アカシアは花咲く』(2018、第6回日本翻訳大賞)ほか。ポーランド科学アカデミー文学研究所、アメリカ合衆国ホロコースト記念博物館ホロコースト応用研究マンデルセンター、イェール大学マクミラン国際地域研究所、イェール大学フォーチュンオフホロコースト証言ビデオアーカイヴで客員研究員
  • 著者について

    加藤有子 (カトウアリコ)
    名古屋外国語大学世界教養学部准教授。ポーランド文学、表象文化論。両大戦間期ポーランド文学、リヴィウの前衛運動、第二次世界大戦の記憶の比較研究(ホロコースト期の写真、日本の平和主義言説)。著書に『ブルーノ・シュルツ──目から手へ』(2012、2013年表象文化論学会賞)『ブルーノ・シュルツの世界』(編共著、2013)、The Afterlife of the Shoah in Central and Eastern European Cultures(2021, 共著),The Routledge World Companion to Polish Literature(2021, 共著)ほか、論文多数。訳書にゾフィア・ナウコフスカ『メダリオン』(2015)、デボラ・フォーゲル『アカシアは花咲く』(2018、第6 回日本翻訳大賞)ほか。ポーランド科学アカデミー文学研究所、アメリカ合衆国ホロコースト記念博物館ホロコースト応用研究マンデルセンター、イェール大学マクミラン国際地域研究所、イェール大学フォーチュンオフホロコースト証言ビデオアーカイヴで客員研究員。

ホロコーストとヒロシマ―ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:加藤 有子(編)
発行年月日:2021/12/16
ISBN-10:4622090651
ISBN-13:9784622090656
判型:B6
発売社名:みすず書房
対象:教養
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:344ページ ※334,10P
縦:20cm
重量:490g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 ホロコーストとヒロシマ―ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!