下水道第3種技術検定試験必携テキスト&模試〈2022-2023年版〉 [単行本]
    • 下水道第3種技術検定試験必携テキスト&模試〈2022-2023年版〉 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月19日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003507510

下水道第3種技術検定試験必携テキスト&模試〈2022-2023年版〉 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月19日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2022/01/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

下水道第3種技術検定試験必携テキスト&模試〈2022-2023年版〉 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    下水道第3種は、地方共同法人日本下水道事業団が行う、下水道(処理施設、ポンプ施設)の維持管理を行うために必要とされる技術を検定する試験です。本書は、過去10年の本試験で出題された全問題を分析し、頻出箇所や重要箇所をコンパクトにまとめたテキストです。余計なところはカットし、合格に必要な知識を過不足なく収録しているので、最短最速で、合格力を身につけることができます。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 法規
    第2章 下水処理
    第3章 汚泥処理
    第4章 工場排水
    第5章 運転管理
    第6章 安全衛生管理
    オリジナル模擬試験
  • 出版社からのコメント

    合格に必要な内容をコンパクトにまとめた試験対策テキスト。確認問題と模試でアウトプット力も身につく。
  • 内容紹介

    下水道第3種に合格したい人のための必携テキスト。

    下水道は、道路・鉄道・空港・港湾・交通安全施設等と並び、
    重要な「社会資本整備重点計画」に含まれており、
    「持続可能な社会」という最重要キーワードの中でも上位に位置するものと考えられています。

    下水道事業に関係する重要目標は、

    ①社会資本の戦略的な維持管理・更新を行う。
    ②災害特性や地域の脆弱性に応じて、災害等のリスクを低減する。
    ③人口減少・高齢化に対応した、持続可能な地域社会を形成する。
    ④美しい景観・良好な環境の形成と、健全な水資源の維持又は回復。

    があります。

    これらの社会資本整備に直結するのが、
    「下水道(処理施設、ポンプ施設)の維持管理を行うために必要な技術」を習得する
    「下水道第3種技術検定」です。
    下水道第3種は、SDGsを先取りした試験ともいえるでしょう。


    本書では、過去10年の本試験で出題された全問題を分析し、
    頻出箇所や重要箇所をコンパクトにまとめたテキストです。

    余計なところはカットし、合格に必要な知識を過不足なく収録しているので、
    最短最速で、合格力を身につけることができます。

    章の終わりには、確認問題として、重要な過去問を抜粋して収録。
    巻末には、本番前に腕試しができるオリジナル模擬試験がついています。

    豊富な問題演習により、知識のインプットだけでなく、
    実践的なアウトプット力も鍛えることができます。

    ■目次
    第1章 法規
    第2章 下水処理
    第3章 汚泥処理
    第4章 工場排水
    第5章 運転管理
    第6章 安全衛生管理
    オリジナル模擬試験

    *************************
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    菅原 勇(スガワラ イサム)
    1955年生まれ。東京都出身。日本上下水道設計(現・NJS)、日新技術コンサルタント、宮城県震災復興支援職(利府町勤務)等を経て、現在、復建技術コンサルタント勤務。保有資格:技術士(総合技術監理部門、上下水道部門)、下水道第1種技術検定、下水道第3種技術検定、RCCM(上水道及び工業用水道)、1級土木施工管理技士、測量士、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者
  • 著者について

    菅原 勇 (スガワラ イサム)
    1955年生まれ。東京都出身。日本上下水道設計(現・NJS)、日新技術コンサルタント、宮城県震災復興支援職(利府町勤務)、アジア航測株式会社(東北支社)等を経て、現在、株式会社復建技術コンサルタント勤務。
    保有資格:技術士(総合技術監理部門、上下水道部門)、下水道第1種技術検定、下水道第3種技術検定、RCCM(上水道及び工業用水道)、1級土木施工管理技士、測量士、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者。

下水道第3種技術検定試験必携テキスト&模試〈2022-2023年版〉 の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:菅原 勇(著)
発行年月日:2022/01/29
ISBN-10:4416522134
ISBN-13:9784416522134
旧版ISBN:9784416520178
判型:A5
発売社名:誠文堂新光社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:土木
言語:日本語
ページ数:413ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 下水道第3種技術検定試験必携テキスト&模試〈2022-2023年版〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!