´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) [文庫]
    • ´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥79248ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003508384

´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) [文庫]

価格:¥792(税込)
ポイント:48ポイント(6%還元)(¥48相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2021/12/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    推理作家協会の懇親会に参加したラノベ作家・杉浦李奈は、会場で売れっ子の汰柱桃蔵と知り合う。後日、打ち合わせでKADOKAWAを訪れた李奈は、その汰柱が行方不明になっていることを知る。手がかりとなるのは、1週間後に発売されるという汰柱の書いた単行本。その内容は、実際に起こった女児失踪事件の当事者しか知りえないものだった。偶然の一致か、それとも…。本を頼りに真相に迫る、ビブリオミステリ!
  • 出版社からのコメント

    事件の鍵は本の中にあり――。出版界を巡る文学ミステリ!
  • 内容紹介

    推理作家協会の懇親会に参加したラノベ作家・杉浦李奈は、会場で売れっ子の汰柱桃蔵と知り合う。後日、打ち合わせでKADOKAWAを訪れた李奈は、その汰柱が行方不明になっていることを知る。手掛かりとなるのは、1週間後に発売されるという汰柱の書いた単行本。その内容は、実際に起こった女児失踪事件の当事者しか知り得ないものだった。偶然の一致か、それとも……。本を頼りに真相に迫る、ビブリオミステリ!

    図書館選書
    知り合ったばかりの売れっ子作家、汰柱桃蔵が行方不明になったことを知った新人作家の杉浦李奈は、汰柱が残した新刊を手掛かりに失踪の謎に迫ろうとするが……。出版界が舞台の一気読みビブリオミステリ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松岡 圭祐(マツオカ ケイスケ)
    1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる
  • 著者について

    松岡 圭祐 (マツオカ ケイスケ)
    1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。

´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:松岡 圭祐(著)
発行年月日:2021/12/25
ISBN-10:4041122376
ISBN-13:9784041122372
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:322ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA ´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!