ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) [単行本]
    • ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月21日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003510047

ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月21日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:Pヴァイン・ブックス
販売開始日: 2021/11/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) の 商品概要

  • 内容紹介

    アナーキー&フェミニズム

    ピッチフォークの編集者が愛を込めて描く、世界最初の女性パンク・バンドの物語。

    1979年、ロンドンのスクワット(不法占拠)から生まれた、ポルトガル人、スペイン人、そしてイギリス人の女性たちによるポスト・パンク・バンド、ザ・レインコーツ。マルクス主義とフェミニズム思想の影響をもってオープンしたレコード店〈ラフトレード〉におけるレーベル部門からデビューした彼女たちの音楽は、当時ジョン・ライドンがもっとも評価したバンドであり、カート・コベインがそのレコードを買うためにメンバーが働いていたアンティック・ショップにまで足を運ぶほどの熱烈なファンだったことでも知られる。滅多に取材をしないアメリカの大物評論家のグリール・マーカスが渡英してまで取材したバンドであり、そして、その後のすべての女性ロッカーたちを勇気づけたバンドだった。70年代のフェミニズム思想とアナキズムをくみ取り、歴史を変えたそのデビュー・アルバム『レインコーツ』において、男性パンクにはできないことをやってのけたバンドの物語を『ピッチフォーク』の編集者が膨大な資料と実際の取材をもとに、人文知を駆使して描く。未来のためにも、まさにいま読むべき一冊だ。

ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) の商品スペック

商品仕様
出版社名:Pヴァイン・ブックス
著者名:ジェン ペリー(著)/坂本 麻里子(訳)
発行年月日:2021/11
ISBN-10:4910511075
ISBN-13:9784910511078
判型:B6
発売社名:日販アイ・ピー・エス
対象:一般
発行形態:単行本
未完/完結:完結版
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:255ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:201g
他のPヴァイン・ブックスの書籍を探す

    Pヴァイン・ブックス ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命(ele-king books) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!