アウシュヴィッツを描いた少年―僕は銃と鉄条網に囲まれて育った [単行本]
    • アウシュヴィッツを描いた少年―僕は銃と鉄条網に囲まれて育った [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月20日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003511861

アウシュヴィッツを描いた少年―僕は銃と鉄条網に囲まれて育った [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月20日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ハーパーコリンズ・ジャパン
販売開始日: 2022/01/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アウシュヴィッツを描いた少年―僕は銃と鉄条網に囲まれて育った の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1943年6月、ナチス支配下のベルリン。ユダヤ人少年トーマス・ジーヴは、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られた。わずか13歳だった彼は、3つの収容所を経て生き延び、22カ月後ついに解放の日を迎える。そして、記憶の新たなうちにすべてを伝えようと、絵筆をとった。少年のまなざしで見るホロコーストとは、どのようなものだったのか―大人には語り得ない真実が、そこにはあった。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ―まだ見ぬ未来(一九三九年、ベルリン)
    第1部(シュテティンとボイテン(一九二九~一九三九年);ベルリン(一九三九~一九四一年);ベルリン(一九四一~一九四二年);ユダヤ人一掃(一九四三年))
    第2部(アウシュヴィッツ=ビルケナウ;隔離;レンガ積み学校;生き残るための闘い;極度の消耗;絶望の中で)
    第3部(混沌の中のやさしさ;古参囚人として生きる;変化の風)
    第4部(自由はなお遠く;グロース=ローゼン強制収容所;撤退;ブーヘンヴァルト強制収容所;解放のとき)
    エピローグ

アウシュヴィッツを描いた少年―僕は銃と鉄条網に囲まれて育った の商品スペック

商品仕様
出版社名:ハーパーコリンズ・ジャパン
著者名:トーマス ジーヴ(著)/品川 亮(訳)
発行年月日:2022/01/18
ISBN-10:459631750X
ISBN-13:9784596317506
判型:B6
発売社名:ハーパーコリンズ・ジャパン
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:428ページ
縦:20cm
厚さ:3cm
重量:550g
その他: 原書名: The Boy Who Drew Auschwitz:A Powerful True Story of Hope and Survival〈Geve,Thomas〉
他のハーパーコリンズ・ジャパンの書籍を探す

    ハーパーコリンズ・ジャパン アウシュヴィッツを描いた少年―僕は銃と鉄条網に囲まれて育った [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!