日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) [文庫]
    • 日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) [文庫]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年6月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003512002

日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) [文庫]

  • 4.5
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年6月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京創元社
販売開始日: 2022/01/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    我が国独自のハードボイルド小説を生み出すことに極めて意欲的であった河野典生。第三巻ではその初期代表作を集めた。“失踪”テーマこそハードボイルドの正統と考える著者が若い女性の失踪事件を真正面から描いて深い余韻を残す、直木賞候補作の傑作長編『他人の城』に加え、「憎悪のかたち」「腐ったオリーブ」など五つの中短編を収録。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    他人の城;憎悪のかたち;溺死クラブ;殺しに行く;ガラスの街;腐ったオリーブ;『他人の城』三一書房版あとがき;『陽光の下、若者は死ぬ』角川文庫版年譜風あとがき
  • 内容紹介

    街と人、時代の観察者
    失踪、復讐、逃亡―
    法の外に浮かぶ人間の輪郭。
    ハードボイルドの正統に挑んだ
    直木賞候補作の傑作長編と
    初期を代表する中短編5編を収録
    巻末エッセイ 太田忠司

    〈日本ハードボイルド全集〉第三巻は河野典生の巻。風土に根ざした我が国独自のハードボイルド小説を生み出すことに極めて自覚的であり、人物・構成・文体とあらゆる面で模索を続けた河野の初期代表作を集成した。小説家による失踪少女探しを抑制された筆致と卓抜なプロットで描き、直木賞候補となった長編『他人の城』に加え、「憎悪のかたち」「溺死クラブ」「殺しに行く」「ガラスの街」「腐ったオリーブ」の傑作短編五つを収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    河野 典生(コウノ テンセイ)
    1935年高知県生まれ。明治大学在学中から演劇活動に熱中する。59年にテレビドラマの原作募集コンテストに投じた短編が佳作入選し、“宝石”に掲載されデビュー。64年に長編『殺意という名の家畜』で第17回日本推理作家協会賞を受賞した。75年には『明日こそ鳥は羽ばたく』で第2回角川小説賞を受賞。ハードボイルドのほか、幻想的なSFやジャズ小説の書き手としても知られる。2012年没

    北上 次郎(キタガミ ジロウ)
    1946年東京都生まれ。明治大学卒。評論家。2000年まで「本の雑誌」の発行人を務める

    日下 三蔵(クサカ サンゾウ)
    1968年神奈川県生まれ。専修大学卒。書評家、フリー編集者

    杉江 松恋(スギエ マツコイ)
    1968年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。書評家、ライター

日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京創元社
著者名:河野 典生(著)/北上 次郎(編)/日下 三蔵(編)/杉江 松恋(編)
発行年月日:2022/01/21
ISBN-10:448840023X
ISBN-13:9784488400231
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:648ページ
縦:15cm
その他:他人の城,憎悪のかたち
他の東京創元社の書籍を探す

    東京創元社 日本ハードボイルド全集〈3〉他人の城/憎悪のかたち(創元推理文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!