黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫]
    • 黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月4日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003512005

黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫]

  • 4.5
価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月4日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京創元社
販売開始日: 2022/01/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ドイツが東西に分断された冷戦のさなか、日本人画家・青木優二の前に現れたベルリンからの来訪者。エルザと名乗るその女性に、青木は出自の秘密を告げられる。真実を確かめるためヨーロッパへ旅立つ青木。一人の画家の探偵行は、鏤められた物語の断片と繋がり、果てに一枚の騙し絵を浮かびあがらせる。第二次世界大戦と東西冷戦―二つの戦争の背後に仕掛けを凝らした推理長編。
  • 内容紹介

    週刊文春ミステリーベスト10第1位
    国境を越えて描き出される巧緻な騙し絵
    第二次世界大戦と東西冷戦
    ――二つの戦争の背後に仕掛けを凝らした推理長編

    ドイツが東西に分断された冷戦のさなか、画家・青木優二の前に現れたベルリンからの来訪者。エルザと名乗るその女性は、はじめて出会ったはずの青木に、彼も知らない彼自身の秘密を告げる。真実を確かめるためヨーロッパへ旅立つ青木――みずからの秘密をめぐる一人の画家の探偵行は、鏤められた物語の断片と徐々に繋がり、果てに壮大な騙し絵を浮かびあがらせる。第二次世界大戦と東西冷戦――謎解きの名手が二つの戦争の背後に仕掛けを凝らした推理長編。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    連城 三紀彦(レンジョウ ミキヒコ)
    1948年愛知県生まれ。早稲田大学卒。78年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞を受賞、79年に初の著書『暗色コメディ』を刊行する。81年「戻り川心中」が第34回日本推理作家協会賞を、84年『恋文』が第91回直木賞を受賞。2013年没

黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京創元社
著者名:連城 三紀彦(著)
発行年月日:2022/01/21
ISBN-10:4488498159
ISBN-13:9784488498153
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:413ページ
縦:15cm
他の東京創元社の書籍を探す

    東京創元社 黄昏のベルリン(創元推理文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!