日本のマネジメント・バイアウト―機能と成果の実証分析 [単行本]
    • 日本のマネジメント・バイアウト―機能と成果の実証分析 [単行本]

    • ¥4,840146ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003517533

日本のマネジメント・バイアウト―機能と成果の実証分析 [単行本]

価格:¥4,840(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2022/01/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本のマネジメント・バイアウト―機能と成果の実証分析 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    経営陣による自社買収というM&A取引のベネフィットは、コストを上回るのか。現代の株式会社制度に対して「上場とは何か」を問いかける、MBOの役割を包括的なデータセットに基づき明らかにする。
  • 目次

    序 章 日本のMBO:概観と分析視角
     第Ⅰ部 非公開化型MBOの実証分析
    第1章 株式非公開化の動機:MBOと完全子会社化の比較分析
    第2章 非公開化型MBOの異質性:動機,買収プレミアム,エグジット
    第3章 バイアウト・ファンドによるMBO
    第4章 MBOとパフォーマンス改善
    第5章 MBOと会計操作:買収ストラクチャーと裁量的発生高
    第6章 公正性担保措置と少数株主利益
     第Ⅱ部 ダイベストメント型・事業承継型MBOの実証分析
    第7章 企業リストラクチャリングのツールとしてのMBO
    第8章 MBOによる子会社売却と株式市場の評価
    第9章 オーナーによる株式売却
    終 章 MBOと日本企業の今後
  • 内容紹介

    既存経営者等が事業買収を行うM&Aの一手法,マネジメント・バイアウト(MBO)の実態を解明。注目度に比して内実が体系的に把握されてこなかった国内MBOに関し,特質や動機・成果を丹念に分析した。今後の実務・政策・研究の基礎となるべき貴重な書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    川本 真哉(カワモト シンヤ)
    南山大学経済学部教授、京都大学博士(経済学)。1977年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。早稲田大学高等研究所助教、新潟産業大学経済学部専任講師、福井県立大学経済学部准教授、南山大学経済学部准教授を経て、現職。専攻:コーポレート・ガバナンス論、数量経済史。主要著作「MBOはパフォーマンスを改善させたのか:株式非公開化に関する実証分析」(『証券経済学会年報』第55号、2020年、令和3年度証券経済学会・優秀論文賞受賞):『日本の持株会社:解禁20年後の景色』(下谷政弘との共編、有斐閣、2020年、第15回M&Aフォーラム賞奨励賞『RECOF奨励賞』受賞)
  • 著者について

    川本 真哉 (カワモト シンヤ)
    南山大学教授

日本のマネジメント・バイアウト―機能と成果の実証分析 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:川本 真哉(著)
発行年月日:2022/01/15
ISBN-10:4641165874
ISBN-13:9784641165878
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:295ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 日本のマネジメント・バイアウト―機能と成果の実証分析 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!