紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) [紙しばい]
    • 紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) [紙しばい]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) [紙しばい]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003518854

紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) [紙しばい]

価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:童心社
販売開始日: 2022/02/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    もうすぐ卒園式。なかよしのネネとリツは、園をぬけだして、おもいでのどんぐり公園をめざします。春の野原を歩いていくと……。
  • 内容紹介

    もうすぐ卒園式です。ねずみのネネとりすのリツは、だいの仲よし。
    でも、卒園したらべつべつの学校にいくのです……。
    そこでふたりはこっそりあおぞらえんをぬけだして、おもいでのどんぐり公園をめざします。
    「レンゲが さいてる らんらんらん」歌いながら、春の野原をずんずん歩いて、どんぐり公園につきました! 
    いっぱい遊んで、そろそろ帰ろうと歩きだした、そのとき……大きな鳥が頭のうえをとんでいます! 
    あわてて森に逃げこんだふたりですが、すっかりまいごになってしまいました。さて……。


    卒園をひかえた子どもたちにぴっりの紙芝居です。

    図書館選書
    もうすぐ卒園式。なかよしのネネとリツは、卒園したらはなればなれになってしまうのです。そこで、おもいでのどんぐり公園にいくことにしました。園をこっそりぬけだしたふたりは、春の野原をずんずん歩いて……。
  • 著者について

    かわしま えつこ (カワシマ エツコ)
    かわしまえつこ:群馬県生まれ。群馬大学教育学部国語国文学専攻卒業。「十一月のへび」で第19回小さな童話大賞・大賞を受賞。2006年に『まんまるきつね』でデビュー。2009年に『花火とおはじき』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。その他の作品に『星のこども』(以上ポプラ社)『まえばちゃん』(童心社)など。紙芝居は『あしたもあそぼう』『こんやは なつまつり』(童心社)がある。

    福田岩緒 (フクダイワオ)
    福田岩緒(ふくだいわお)1950年、岡山県生まれ。『がたたんたん』(ひさかたチャイルド)で第12回絵本にっぽん賞を受賞。 絵本に『夏とおとうとと』(光村教育図書)『ええことするのは、ええもんや!』(えほんの杜)、童話に『しゅくだいかけっこ』(PHP研究所)、紙芝居に『おかあさんまだかな』(第40回五山賞)『カヤネズミのおかあさん』(第54回五山賞/以上童心社)など多数。

紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) の商品スペック

商品仕様
出版社名:童心社
著者名:かわしま えつこ(著)/福田 岩緒(画)
発行年月日:2022/02
ISBN-10:4494093718
ISBN-13:9784494093717
判型:規大
発売社名:童心社
対象:児童
発行形態:絵本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:12枚
縦:27cm
横:39cm
他の童心社の書籍を探す

    童心社 紙芝居 ずーっと ともだち(2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) [紙しばい] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!