銀座 小十の料理歳時記十二カ月―献立にみる日本の節供と守破離のこころ [単行本]
    • 銀座 小十の料理歳時記十二カ月―献立にみる日本の節供と守破離のこころ [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003519234

銀座 小十の料理歳時記十二カ月―献立にみる日本の節供と守破離のこころ [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2022/02/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

銀座 小十の料理歳時記十二カ月―献立にみる日本の節供と守破離のこころ の 商品概要

  • 目次

    まえがき「守破離のこころ」 

    睦月(一月)の献立
    「正月~七草(人日)の節供~」
    祝八寸〈羽子板盛り〉 椀 造り 凌ぎ 温物 焼物 煮物 鍋物 食事 デザート
    コラム/器にみる季節の意匠

    如月(二月)の献立
    「節分~鬼は外、福は内~」
    八寸〈絵馬盛り〉 椀 造り 焼物 強肴 煮物 温物 鍋物 食事 デザート
    コラム/器のこと

    弥生(三月)の献立
    「雛祭り~桃の節供~」
    付出し 椀 造り(雛祭り) 凌ぎ 焼物 強肴 煮物 鍋物 食事 デザート
    コラム/「だし」は命

    卯月(四月)の献立
    「花見~豊作祈願~」
    付出し二種 椀 造り 凌ぎ 揚物 焼物 煮物 鍋物 食事 デザート
    コラム/遊び心とデザートと

    皐月(五月)の献立
    「菖蒲~端午の節句~」
    菖蒲八寸 椀 造り 凌ぎ 焼物二種 強肴 鍋物 食事二種 デザート
    コラム/盛り付けの技

    水無月(六月)の献立
    「夏越の祓~茅の輪くぐり~」
    付出し三種 椀 造り〈茅の輪くぐり〉 焼物 揚物 強肴 煮物 食事 デザート
    コラム/炭火焼きの真髄は焼魚にあり

    いちばん大事な仕事は「献立を考える」こと

    文月(七月)の献立
    「七夕~笹の節供~」
    付出し三種 椀 造り二種 焼物 蒸物 強肴 煮物 食事 デザート二種
    コラム/室礼と花


    葉月(八月)の献立
    「お盆」
    付出し〈蓮の葉盛り〉ほか二種 椀 造り〈ほおずき盛り〉 焼物 揚物 強肴 温物 食事 デザート
    コラム/人あってこその店

    長月(九月)の献立
    「重陽の節供」
    重陽菊釜八寸 椀 造り〈芋の葉盛り〉 凌ぎ 中皿 焼物 強肴 煮物 食事 デザート
    コラム/天然大鰻のこと

    神無月(十月)の献立
    「中秋の名月」
    月見八寸 椀 造り 蒸物 焼物二種 強肴 煮物 食事 デザート
    コラム/季節を描く

    霜月(十一月)の献立
    「新嘗祭」
    付出し三種 椀 造り 凌ぎ 焼物 強肴 煮物 食事 デザート
    コラム/食事のこと

    師走(十二月)の献立
    「年越しの祓」
    付出し二種 椀 造り 凌ぎ 焼物 煮物 鍋物 食事二種 デザート
    コラム/料理とお酒

    あとがき
    レシピ 料理歳時記十二カ月
  • 出版社からのコメント

    「銀座小十」の主人が読み解く日本の節供、四季の食材などの話を通して、十二カ月の献立から日本の文化や食材を紐解きます。
  • 内容紹介

    「銀座 小十」の十二カ月の献立からは、未来に残すべき日本料理の未来が見えてきます。主人の奥田透さんが読み解く日本の節供、四季の食材などの話を通して、各月の献立から日本の文化や食材を紐解きます。表紙に書かれている“守破離”は、奥田さんの献立の意図するところを表しています。

    「現代の料理の風潮は、舌の上だけを喜ばせるおいしさやテクスチャーを求める傾向にあります。私の料理は原点である本能を刺激したり、呼び起こしたり、目覚めさせたりできればいいかなと思っています。自然の恵みは大事であって、年齢を重ねるにつれ、こうしたおいしさがいいものに思えてきました。」
    人気日本料理店「銀座 小十」主人の奥田透さんが半世紀という人生の節目を迎えて、改めて料理人として注目したのは、脈々と続いてきた日本料理の根幹ともいえる日本の風習です。次第に失われつつある日本の行事や風習を十二カ月の献立や、盛り付け、器に色濃く反映して、もう一度見つめ直すことで、未来に繋ぐ令和の日本料理を再構築します。

    ■目次
    まえがき「守破離のこころ」 

    睦月(一月)の献立
    「正月~七草(人日)の節供~」

    如月(二月)の献立
    「節分~鬼は外、福は内~」

    弥生(三月)の献立
    「雛祭り~桃の節供~」

    卯月(四月)の献立
    「花見~豊作祈願~」

    皐月(五月)の献立
    「菖蒲~端午の節句~」

    水無月(六月)の献立
    「夏越の祓~茅の輪くぐり~」

    文月(七月)の献立
    「七夕~笹の節供~」

    葉月(八月)の献立
    「お盆」

    長月(九月)の献立
    「重陽の節供」

    神無月(十月)の献立
    「中秋の名月」

    霜月(十一月)の献立
    「新嘗祭」

    師走(十二月)の献立
    「年越しの祓」

    あとがき
    レシピ 料理歳時記十二カ月
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    奥田 透(オクダ トオル)
    1969年静岡県静岡市生まれ。静岡、京都、徳島で約10年間、日本料理を学ぶ。29歳で地元・静岡に「春夏秋冬 花見小路」を開店。2003年7月に東京・銀座に移り「銀座小十」をオープン。2011年8月銀座五丁目並木通りに「銀座 奥田」をプロデュース。12年6月同ビルに「銀座 小十」を移転する。2013年9月フランス・パリにて「OKUDA」を、2017年にはニューヨーク「OKUDA」を開店。本物の日本料理を海外で提供するという挑戦を始める
  • 著者について

    奥田 透 (オクダ トオル)
    1969年静岡県静岡市生まれ。静岡、京都、徳島で約10年間、日本料理を学ぶ。29歳で地元・静岡に「春夏秋冬 花見小路」を開店。2003年7月に東京・銀座に移り「銀座 小十」をオープン。2011年8月銀座五丁目並木通りに「銀座 奥田」をプロデュース。12年6月同ビルに「銀座 小十」を移転する。2013年9月フランス・パリにて「OKUDA」を、2017年にはニューヨーク「OKUDA」を開店。本物の日本料理を海外で提供するという挑戦を始める。
    著書に『世界でいちばん小さな三つ星料理店』(ポプラ社)、『焼く 日本料理 素材別炭焼きの技法』(柴田書店)、『日本料理 銀座小十』(世界文化社)、近刊に『日本料理は、なぜ世界から絶賛されるのか』(ポプラ社)ほか。

銀座 小十の料理歳時記十二カ月―献立にみる日本の節供と守破離のこころ の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:奥田 透(著)
発行年月日:2022/02/19
ISBN-10:4416522398
ISBN-13:9784416522394
判型:B5
発売社名:誠文堂新光社
対象:実用
発行形態:単行本
内容:家事
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:26cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 銀座 小十の料理歳時記十二カ月―献立にみる日本の節供と守破離のこころ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!