「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 [単行本]
    • 「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月10日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003527907

「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月10日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/04/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    楽しく、真剣に。「やらされる部活」ではなく、選手が主体的に考えるボトムアップ方式へシフトチェンジし、2020年度29年ぶりの選手権出場を果たし、初のベスト8進出。2021年度、2年連続選手権出場!!10年の歳月をかけて築いた監督と選手の理想の形。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 29年ぶりの選手権出場(終了間際に追いつかれるも;ボトムアップ方式へシフトチェンジ ほか)
    2 指導者人生のスタート(安定した会社を辞め、指導者の道へ;思いもかけぬ形で任せられた監督業 ほか)
    3 ボトムアップ理論の原点(「任せる・認める・考えさせる」畑喜美夫の指導;ボトムアップ方式でインターハイ制覇 ほか)
    4 ボトムアップ物語(これからは自分たちで決めてやりなさい;改革前夜 ほか)
    5 いつか日本一に(全国ベスト8のプレッシャー;国学院久我山を下し、2年連続全国へ ほか)
  • 出版社からのコメント

    全国高校サッカー選手権に2年連続出場を決めた堀越高サッカー部。選手主体のボトムアップスタイルで結果を出してきた取り組みとは?
  • 内容紹介

    楽しく、真剣に。
    「やらされる部活」ではなく、
    選手が主体的に考えるボトムアップ方式へシフトチェンジし、
    2020年度 29年ぶりの選手権出場を果たし、初のベスト8進出
    2021年度 2年連続選手権出場!!
    10年の歳月をかけて築いた監督と選手の理想の形。


    選手たちが部活で得たものを
    社会に出た時に活かして活躍してほしい

    第1章 29年ぶりの選手権出場
    ボトムアップ方式へシフトチェンジ
    選手にしかわからない感覚
    ベスト4を懸けた青森山田戦
    毎日の部活が高校生活一番の宝物

    第2章 指導者人生のスタート
    安定した会社を辞め、指導者の道へ
    変らない母校の指導方法
    選手たちに任せてやらせたらどうなるだろう

    第3章 ボトムアップ理論の原点
    「任せる・認める・考えさせる」畑喜美夫の指導
    指導者はファシリテイタ―であるべき
    みんなが楽しそうにプレーしていて強い
    「我儘」ではなく「我がまま」

    第4章 ボトムアップ物語
    『ボトムアップ元年』2012年度キャプテン・戸田裕仁
    『全員リーダー制』2013年度キャプテン・鈴木信司
    『意識改革』2014年度キャプテン・石上輝
    『言葉よりも行動で』2015年度キャプテン・富樫草太
    『覆した優等生像』2019年度キャプテン・坂本琉維
    キャプテンたちのその後
    武器を持たせて社会に送り出す

    第5章 いつか日本一に
    全国ベスト8のプレッシャー
    ボトムアップは自然栽培
    日本一魅力的なチームで日本一に
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加部 究(カベ キワム)
    1958年生まれ。大学卒業後、1986年メキシコW杯を取材するために、スポーツニッポン新聞社を3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い
  • 著者について

    加部 究 (カベ キワム)
    1958年生まれ。大学卒業後、1986年メキシコW杯を取材するために、スポーツニッポン新聞社を3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。『日本サッカー戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)、『真空飛び膝蹴りの真実』(文春ネスコ)、『忠成』(ゴマブックス)など著書多数。

「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:加部 究(著)
発行年月日:2022/05/04
ISBN-10:4801930824
ISBN-13:9784801930827
判型:B6
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:256ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:320g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 「毎日の部活が高校生活一番の宝物」―堀越高校サッカー部のボトムアップ物語 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!