ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略 [単行本]
    • ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003533148

ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本実業出版社
販売開始日: 2022/03/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「長期、分散」しかないのか?株式相場はランダムウォークだとされる。良い銘柄を選んで他人よりも儲けることなど絵空事で、全体の経済成長の果実としての収益を得るだけなのだから、数多くの銘柄を分散して長期で保有しているだけでよい―。個人投資家はこの「平凡な結論」を受け入れるしかないのか?平凡な結論の先にあるもの。株式投資に対するこの「平凡な結論」が大勢として正しいことは間違いないだろう。しかし、偶然とはいえない確度でそこをはるかに超える実績を上げている投資家が存在することも事実。ランダムウォークのスキマにある収益機会をどうつかむのか。その思考法と戦略のヒントを示す!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 株式投資のキホン(「株式の価値」は何によってもたらされるのか;「経済成長」は企業利益とどう関係しているのか ほか)
    第2章 株式投資にまつわる幻想の数々(株式投資には幻想がつきまとう;「割安な優良株」は本当に見つけられるのか ほか)
    第3章 とりあえずの平凡な結論(個別株投資の比較対象としてのインデックス投資;投資業界に革命をもたらしたインデックスファンドの登場 ほか)
    第4章 個別株投資の醍醐味(それでも個別株投資をする意義は大いにある;インデックスファンドの弱点は「大儲けができない!」こと ほか)
    第5章 基本戦略の構築(個別株投資で勝つには「戦略」が必要;インデックス+αの利回りに「福利の魔法」をかける ほか)
  • 出版社からのコメント

    「長期・分散」という平凡な結論は真理なのか? 株投資で本気でFIREを目指す人、必読の一冊!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田渕 直也(タブチ ナオヤ)
    1963年生まれ。1985年一橋大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。海外証券子会社であるLTCB International Ltdを経て、金融市場営業部および金融開発部次長。2000年にUFJパートナーズ投信(現・三菱UFJ国際投信)に移籍した後、不動産ファンド運用会社社長、生命保険会社執行役員を歴任。現在はミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役。シグマインベストメントスクール学長。著書多数

ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本実業出版社
著者名:田渕 直也(著)
発行年月日:2022/03/10
ISBN-10:4534059116
ISBN-13:9784534059116
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:213ページ
縦:21cm
他の日本実業出版社の書籍を探す

    日本実業出版社 ランダムウォークを超えて勝つための株式投資の思考法と戦略 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!