落語の目利き [単行本]
    • 落語の目利き [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月8日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
落語の目利き [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003537883

落語の目利き [単行本]

広瀬 和生(著)三遊亭 兼好(題字・イラスト)
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月8日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/05/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

落語の目利き [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、若手が元気な「プチ落語ブーム」の活況から一転してコロナ禍へと突入していく激動の4年間を客席からリアルタイムで切り取った記録である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 落語の目利きが客席から観た「現代落語の最前線」(立川談春;柳家さん喬 ほか)
    第2章 2017年~2019年 コロナ前夜の「プチ落語ブーム」(柳家喜多八;新作から古典の名作まで元気な二つ目たち ほか)
    第3章 演者が体現する話芸としての「本質」と芸能としての「可能性」(立川談志;立川こしら ほか)
    第4章 2020年~2021年 逆境の中に浮かぶ「光明」(立川志の春;吉笑・小痴楽・わさび ほか)
  • 出版社からのコメント

    '17年から'21年9月まで週刊ポストで連載していた落語評論家の広瀬氏のコラムを1冊にまとめた。題字・イラストは三遊亭兼好。
  • 内容紹介

    2017年から2021年9月まで週刊ポスト(小学館)で連載していた人気落語評論家の広瀬和生氏のコラムの単行本化企画。
    題字・イラストは、人気落語家の三遊亭兼好。
    広瀬氏の持論である「落語は、常に今が旬のエンターテイメント」というテーマにのっとって、晩年の柳家小三治師等の大御所から、話題の若手真打までを幅広く紹介。落語家だけではなく『シブラク』のキュレーターであるサンキュータツオ氏など、落語関係の著名人も紹介している。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    広瀬 和生(ヒロセ カズオ)
    1960年、埼玉県生まれ。東京大学工学部卒。雑誌編集者・音楽評論家、落語評論家、プロデューサー

    三遊亭 兼好(サンユウテイ ケンコウ)
    サラリーマン等を経て、平成10年28歳で三遊亭好楽に入門、前座名好作。平成14年二ツ目昇進、好二郎に改名。平成20年真打昇進、兼好に改名。国立演芸場花形演芸会平成21年度銀賞、22・23年度金賞受賞。「五代目圓楽一門会・期待の星」のキャッチコピーで活躍中の人気落語家

落語の目利き [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:広瀬 和生(著)/三遊亭 兼好(題字・イラスト)
発行年月日:2022/06/02
ISBN-10:480193109X
ISBN-13:9784801931091
判型:B6
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:328ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:308g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 落語の目利き [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!