天野祐吉ことば集 広告の見方ものの見方 [単行本]
    • 天野祐吉ことば集 広告の見方ものの見方 [単行本]

    • ¥1,760106ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003542868

天野祐吉ことば集 広告の見方ものの見方 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:106ポイント(6%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2022/03/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

天野祐吉ことば集 広告の見方ものの見方 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    天野さんがわたしたちに繰り返し伝えてきた、広告のこと、世の中のこと。いま改めて読みたい言葉を編んだ180の短文集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    広告の見方(なんのための広告;表現者と対象―つかず離れずということ;広告のある風景)
    ものの見方(こわばった常識をこわすには;はじめに言葉ありき;「聞く」は言うより難し)
  • 出版社からのコメント

    いい広告とは何か--? 本質を語る珠玉の短文集。
  • 内容紹介

    現代広告クリエイター必読の一冊。
    広告ジャーナリズム誌「広告批評」を主宰したコラムニスト・天野祐吉さんの珠玉の「言葉」を集めた短文集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    天野 祐吉(アマノ ユウキチ)
    コラムニスト、編集者。1933(昭和8)年、東京都足立区に生まれ、終戦後は父の郷里であった愛媛県松山市に転居、学生時代を過ごす。1952(昭和27)年、愛媛県立松山南高等学校卒業後、明治学院大学で学び、創元社、修道社などいくつかの出版社に勤務。1961(昭和36)年、友人の紹介で博報堂に入社し、同社の発行する雑誌「広告」の編集に携わる。1970(昭和45)年、友人らとともに広告・出版プロダクション「マドラ」を設立し、1979(昭和54)年に広告ジャーナリズム誌「広告批評」創刊。2009(平成21)年に「広告批評」休刊後は天野祐吉作業室を設立し、講演や執筆・出版活動を続けた。2013(平成25)年、逝去
  • 著者について

    天野 祐吉 (アマノ ユウキチ)
    コラムニスト、編集者。
    1933年、東京都足立区生まれ。創元社、修道社などいくつかの出版社に勤務したのち、博報堂で雑誌「広告」の編集に携わる。1970年、友人らとともに広告・出版プロダクション「マドラ」を設立し、1979年に広告ジャーナリズム誌「広告批評」創刊。100号まで編集長を務める。1984年には朝日新聞でコラム「私のCMウオッチング」の連載を開始(90年から「天野祐吉のCM天気図」に改題)。2009年の「広告批評」休刊後は天野祐吉作業室を設立し、講演、執筆・出版活動を続けた。2013年、逝去。
    2002年~松山市立子規記念博物館館長(2007年~名誉館長)。2005年、NHK放送文化賞。
    主な著書に『広告論講義』(岩波書店)、『私説 広告五千年史』(新潮選書)、『よく遊びよく遊べ 隠居大学』(朝日新聞出版)、『成長から成熟へ ――さよなら経済大国』(集英社新書)、絵本『絵くんとことばくん』(福音館書店)、絵本『拝啓・手紙です』(福音館書店)ほか多数。

天野祐吉ことば集 広告の見方ものの見方 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:天野 祐吉(著)
発行年月日:2022/03/25
ISBN-10:4766136373
ISBN-13:9784766136371
判型:B6
発売社名:グラフィック社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:231ページ
縦:19cm
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 天野祐吉ことば集 広告の見方ものの見方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!