第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]
    • 第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003548423

第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/06/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    怪異の断片から巻き込まれる悪夢の数々―朱雀門出の人気シリーズ第七弾!幼い頃より鬼や霊を見る男が、それ以外に見えるという奇妙な物とは「車輪を回す」、居酒屋で耳鳴りと同時に見えたのは真っ黒な…「ブクブクブクブク」、子供の頃に遊んでいた神社には賽銭箱に座っているお爺さんがいた「死んだ神さま」、友達が死んだのは箱から飛び出た刃物で首を切ったからなのに…何が正しい記憶なのか「喉切り箱」、二階の部屋から見える学校のプール、ある冬の早朝の異変「プールにいっぱい浮いていた」など44編を収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    チョキとグーでヤミクラさん
    靴づくし
    掘り当てた太歳のこと
    九月十四日の荷
    儀式の話1 顔踏
    儀式の話2 瞑唱
    儀式の話3 混殻
    ダルドリー・シッディな客
    かわいそうな犬
    車輪を回す〔ほか〕
  • 出版社からのコメント

    Twitter企画「竹書房文庫ランキング」第1位・朱雀門出の人気実話怪談「脳釘怪談」シリーズ第7弾。日常にある底知れぬ恐怖!
  • 内容紹介

    平穏な日常を嘲笑う超リアルな恐怖譚!

    伝説の実話恐怖譚「脳釘怪談」シリーズ待望の新刊!

    プール一面に薄ピンクのものが…
    「脳だ。これって人間の脳みそじゃんか――」 
    「三十六 プールにいっぱい浮いていた」より


    怪異の断片から巻き込まれる悪夢の数々――朱雀門出の人気シリーズ第七弾!
    ・幼い頃より鬼や霊を見る男が、それ以外に見えるという奇妙な物とは「車輪を回す」
    ・居酒屋で耳鳴りと同時に見えたのは真っ黒な…「ブクブクブクブク」
    ・子供の頃に遊んでいた神社には賽銭箱に座っているお爺さんがいた「死んだ神さま」
    ・友達が死んだのは箱から飛び出た刃物で首を切ったからなのに…何が正しい記憶なのか「喉切り箱」
    ・二階の部屋から見える学校のプール、ある冬の早朝の異変「プールにいっぱい浮いていた」
    ――など44編を収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    朱雀門 出(スザクモン イズル)
    大阪府生まれ。2009年、「今昔奇怪録」で第16回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞
  • 著者について

    朱雀門 出 (スザクモン イヅル)
    朱雀門 出 (すざくもん・いづる)

    大阪府生まれ。2009年、「今昔奇怪録」で第16回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。著書に受賞作を収録した『今昔奇怪録』『首ざぶとん』、実話怪談では「脳釘怪談」シリーズ。共著に「怪談五色」シリーズ、『京都怪談 神隠し』など。

第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:朱雀門 出(著)
発行年月日:2022/07/06
ISBN-10:4801931677
ISBN-13:9784801931671
判型:文庫
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:135g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 第七脳釘怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!