700日間の絶望トンネル(はちみつコミックエッセイ) [単行本]
    • 700日間の絶望トンネル(はちみつコミックエッセイ) [単行本]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003554125

700日間の絶望トンネル(はちみつコミックエッセイ) [単行本]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:オーバーラップ
販売開始日: 2022/04/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

700日間の絶望トンネル(はちみつコミックエッセイ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    突然きた母の自殺未遂を知らせる電話。一体何が起こったの?そこからの日々はまるで真っ暗闇のトンネルの中のようだった。一寸先は“闇”だけど二寸先はきっと“笑み”に変わる。そう信じて奮闘し続けたまりげと家族の700日。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 兄からの電話
    登場人物
    第1章 母の異変
    第2章 私の父と母
    第3章 母を守りたい
    第4章 父という人
    第5章 壊れていく私
    第6章 人を頼るということ
    エピローグ トンネルの出口で
  • 内容紹介

    こんな試練に負けてたまるか!

    京都の北部海沿いで穏やかな田舎生活を送るやんちゃな男の子3人の母まりげ。
    ある日地元に住む兄からの電話がかかる「お母さん 自殺しようとしたんだ」
    震えが止まらないまりげは平然を装うとするが…

    精神病患者となった母親に京都で一緒に暮らすことを提案
    過去の出来事から絶縁状態の父親との和解
    病気の人を支える家族が陥りやすい「同調」による「共倒れ」
    様々な困難にぶつかりながらも
    『一寸先は闇』だけど、きっと『二寸先は笑み』
    そう信じて奮闘し続け光を掴むまでの700日間。

    今は絶望の中にいてもいつかは必ず抜けられる希望のコミックエッセイ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    まりげ(マリゲ)
    1988年、埼玉県生まれ。2016年に京都へ移住。築100年の古民家をセルフリノベーションして、3兄弟と漁師の夫と暮らしている

700日間の絶望トンネル(はちみつコミックエッセイ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:オーバーラップ
著者名:まりげ(著)
発行年月日:2022/04/15
ISBN-10:4824001501
ISBN-13:9784824001504
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:190ページ
縦:21cm
他のオーバーラップの書籍を探す

    オーバーラップ 700日間の絶望トンネル(はちみつコミックエッセイ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!