後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫]
    • 後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥70422ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月10日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003556999

後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫]

価格:¥704(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月10日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2022/05/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    死王の事件で無人のはずの後宮3区で、新たに墜落死体が見つかる。それはなんと皇帝の寵妃・梅ショウヨ(ばいしょうよ)の乳母だった。掖廷令を務める美貌の宦官・延明は、調べる前から自害だと主張する梅ショウヨを怪しく思う。優れた検屍術を持つがぐうたらな女官・桃花の力を借りて死の真相に迫るが、思わぬ邪魔が入り…。水面下で激化する皇后と梅婕妤の対立、深まる疑惑の闇、そして桃花にも変化が―?後宮の女たちの業を描き出す第3巻。
  • 目次


    第一章 親心
    第二章 蝶々
    第三章 偽り
  • 出版社からのコメント

    大反響続々重版!後宮の疑惑と謎を検屍術で解き明かす、中華後宮ミステリ!
  • 内容紹介

    面白さ、ますます加速中!
    あっという間に累計10万部突破で話題沸騰の中華後宮×検屍ミステリ!

    死王の事件で無人のはずの後宮3区で、新たに墜落死体が見つかる。
    それはなんと皇帝の寵妃・梅(ばい)ショウヨの乳母だった――!

    梅ショウヨは、調べる前から乳母の死は自害だと主張しており、掖廷令を務める美貌の宦官・延明(えんめい)は死因を怪しむ。
    優れた検屍術を持つがぐうたらな女官・桃花(とうか)の力を借りて死の真相に迫ろうとするが、思わぬ邪魔が入り……。

    水面下で激化する皇后派と寵妃派の対立、深まる後宮の疑惑の闇、そして桃花にもある変化が生まれて――?
    美しくも哀しい後宮の女たちの業を描き出す、第3巻!

    図書館選書
    後宮での火災は何者かの指示による放火だった? 疑惑の闇が深まる中、新たに帝の寵妃の乳母の変死体が見つかる。検屍の心得があるぐうたら女官・桃花と、美貌の腹黒宦官・延明がその死の真相に迫る――!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小野 はるか(オノ ハルカ)
    「ようこそ仙界!鳥界山白絵巻」で第13回角川ビーンズ小説大賞“読者賞”を受賞してデビュー(刊行時『ようこそ仙界!なりたて舞姫と恋神楽』に改題)。「後宮の検屍妃」(刊行時『後宮の検屍女官』に改題)で第6回角川文庫キャラクター小説大賞“大賞”“読者賞”をダブル受賞
  • 著者について

    小野はるか (オノハルカ)
    福島県在住。「ようこそ仙界! 鳥界山白絵巻」で第13回角川ビーンズ小説大賞〈読者賞〉を受賞してデビュー。「後宮の検屍妃」で第6回角川文庫キャラクター小説大賞〈大賞〉〈読者賞〉をダブル受賞。

後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:小野 はるか(著)
発行年月日:2022/05/25
ISBN-10:4041124913
ISBN-13:9784041124918
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:260ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 後宮の検屍女官〈3〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!