わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール [単行本]
    • わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2023年2月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003557077

わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2023年2月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2022/04/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    仕事、結婚、出産…人生は選択の連続だ。幸せの定義だって、一つじゃない。さまざまな分野で活躍する先輩方は、27歳だった頃何に悩み、どんな生き方を選択し、今何を思うのか―。“幸せの定義”が変わってきた今、自分なりの幸せをつかみとるためのヒント集。25人の豊かな経験の中には、年齢や職業、性別にかかわらず、心の底から共鳴できる言葉や生き方がつまっています。この本が、人生という旅の途中で、「本当のわたし」や「本当の幸せ」を探すためのガイドのような役割を、きっと果たしてくれるはずです。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    俳優 菅野美穂「“焦ってよかった”と思えるまで、走り続けて」
    俳優 永作博美「20代は、選択する力を養う修行の時間なんだと思う」
    映画作家 河瀨直美「自分が自分らしく居られる場所を掘り下げて」
    脚本家 野木亜紀子「夢やビジョンがなくたって、人生はまだまだこれから」
    俳優 紅ゆずる「立ち向かわずに凌ぐだけでも、大丈夫」
    俳優 吉瀬美智子「取り柄がないと思うなら、明確な目標を立てること」
    タレント・俳優 優香「“ここしかない”“これしかない”って、思い込みかも」
    フジテレビアナウンサー 佐々木恭子「カッコ悪くても、愚直に行けば想いは届く」
    俳優 吉田羊「20代の自信に、根拠なんかなくていい」
    俳優 大竹しのぶ「自分が大事にしたいものを、信じてさえいれば」〔ほか〕
  • 出版社からのコメント

    “幸せの定義”が変わってきた今、自分なりの幸せをつかみとるヒント集。
  • 内容紹介

    仕事、結婚、出産・・・・・・人生は選択の連続。
    さまざまな分野で活躍する先輩たちは、
    27歳だった頃、何に悩み、今何を思うのかーー。
    俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサー、など
    活躍する女性たちが語る「わたし」ヒストリー。


    【悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール】

    1菅野美穂(俳優)「“焦ってよかった”と思えるまで走り続けて」
    2永作博美(俳優)「20代は、選択する力を養う修行の時間なんだと思う」
    3河瀬直美(映画作家)「自分が自分らしく居られる場所を掘り下げて」
    4野木亜紀子(脚本家)「夢やビジョンがなくたって、人生はまだまだこれから」
    5紅ゆずる(俳優)「立ち向かわずに凌ぐだけでも、大丈夫」
    6吉瀬美智子(俳優)「取り柄がないと思うなら、明確な目標を立てること」
    7優香(タレント・俳優)「“ここしかない”、“これしかない”って、思い込みかも」
    8佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)「カッコ悪くても、愚直に行けば想いは届く」
    9吉田羊(俳優)「20代の自信に、根拠なんかなくていい!」
    10大竹しのぶ(俳優)「自分が大事にしたいものを、信じてさえいれば」
    11北川悦吏子(脚本家・映画監督)「休むことだって、誠実に生きるということ」
    12向井千秋(宇宙飛行士)「人間の命は有限。“後悔先に立たず!”で挑戦を」
    13海野つなみ(漫画家)「ボール球も変わればストライクになる」
    14山口智子(俳優)「試練に立ち向かった日々は、新たなチャレンジの力になる」
    15安野モヨコ(漫画家)「乗り越えた分だけ、できることが増えていく」
    16夏木マリ「本気で動けば、可能性はグンと広がる」
    17風吹ジュン(俳優)「経験が少ないときほど自分の感覚も大切に」
    18大和和紀(漫画家)「ピークはこれから。20代は、地道に努力してみて」
    19村木厚子(元厚生労働事務次官)「仕事と育児の両立が辛いなら、借りを作る時期があってもいい」
    20長谷川京子(俳優)「1日1日を乗り越え続けると、自由な世界が広がっていく」
    21倖田來未(アーティスト)「全力を出し切ったら、自分を労うことを忘れずに」
    22新井順子(ドラマプロデューサー)「仕事も人間関係も、まずは面白がることから」
    23戸田奈津子(映画字幕翻訳者)「目標の近くにいれば、夢は叶う」
    24本谷有希子(劇作家・小説家)「今抱えているコンプレックスは、無理に解消しないで」
    25野田聖子(衆議院議員)「真面目に頑張り過ぎずに、“ふつう”の願望を叶えよう」

わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:with編集部(編)
発行年月日:2022/04/20
ISBN-10:4065279992
ISBN-13:9784065279991
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:家事
言語:日本語
ページ数:200ページ
縦:19cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 わたしたちが27歳だったころ―悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!