レオ・ブルース短編全集(扶桑社ミステリー) [文庫]
    • レオ・ブルース短編全集(扶桑社ミステリー) [文庫]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月9日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003563742

レオ・ブルース短編全集(扶桑社ミステリー) [文庫]

  • 4.0
価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月9日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:扶桑社
販売開始日: 2022/04/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

レオ・ブルース短編全集(扶桑社ミステリー) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本格黄金期を代表する探偵小説作家レオ・ブルースの全短編をここに収録。パーティーの夜に起きた秘書殺しの謎をビーフ巡査部長が快刀乱麻の名推理で解決する「ビーフのクリスマス」、遺産相続をめぐる練り上げられた策謀を暴く「逆向きの殺人」など、短い紙幅に「魅力的な謎の呈示」と「合理的解決」という本格の醍醐味が凝縮された珠玉の短編全40編。図書館で発掘された未刊のタイプ原稿から直接邦訳した11編(内、世界初紹介9編)と発見者による解説を含む、ファン垂涎の真の「完全版」の登場!
  • 目次

    掲載作品

    手がかりはからしの中/休暇中の仕事
    棚から落ちてきた死体/医師の妻
    ビーフと蜘蛛/死への召喚状
    鶏が先か卵が先か/犯行現場にて
    鈍器/それはわたし、と雀が言った
    一枚の紙片/手紙
    一杯のシェリー酒/犯行現場
    逆向きの殺人/タクシーの女
    九時五十五分/単数あるいは複数の人物
    具合の悪い時/カプセルの箱
    盲目の目撃者/亡妻の妹
    河畔の夜/ルーファス―と殺人犯
    沼沢地の鬼火/強い酒
    跡形もなく/捜査ファイルの事件
    ビーフのクリスマス
    インヴァネスのケープ
    死後硬直/檻の中で
    ご存じの犯人/ガスの臭い
    書斎のドア/自然死
    殺人の話/われわれは愉快ではない
    悪魔の名前/ありきたりな殺人
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    手がかりはからしの中;休暇中の仕事;棚から落ちてきた死体;医師の妻;ビーフと蜘蛛;死への召喚状;鶏が先か卵が先か;犯行現場にて;鈍器;それはわたし、と雀が言った;一枚の紙片;手紙;一杯のシェリー酒;犯行現場;逆向きの殺人;タクシーの女;九時五十五分;単数あるいは複数の人物;具合の悪い時;カプセルの箱;盲目の目撃者;亡妻の妹;河畔の夜;ルーファス―そして殺人犯;沼沢地の鬼火;強い酒;跡形もなく;捜査ファイルの事件;ビーフのクリスマス;インヴァネスのケープ;『レオ・ブルース短編全集』に寄せて;未発表短編(死後硬直;ありきたりな殺人;ガスの臭い;檻の中で;ご存じの犯人;悪魔の名前;自然死;殺人の話;われわれは愉快ではない;書斎のドア)
  • 内容紹介

    ビーフ巡査部長の名推理。
    パズラーの精髄がここに。

    世界初紹介の未発表草稿10編を含む
    本格の巨匠が遺した全短編を完全網羅!


    本格黄金期を代表する推理小説作家レオ・
    ブルースの全短編をここに収録。パーティ
    ーの夜に起きた秘書殺しの謎をビーフ巡査
    部長が快刀乱麻の名推理で解決する「ビー
    フのクリスマス」、遺産相続をめぐる練り上
    げられた策謀を暴く「逆向きの殺人」など、
    短い紙幅に「魅力的な謎の呈示」と「合理
    的解決」という本格の醍醐味が凝縮された
    珠玉の短編全40編。図書館で発掘された未
    刊のタイプ原稿から直接邦訳した11編(内、
    世界初紹介9編)と発見者による解説を含
    む、ファン垂涎の真の「完全版」の登場!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ブルース,レオ(ブルース,レオ/Bruce,Leo)
    1903年、ケント州イーデンブリッジ生まれ。本名ルーパート・クロフト‐クック。さまざまな著作活動を行いながら、ブルース名義で1936年に最初の本格ミステリー『三人の名探偵のための事件』(扶桑社ミステリー)を発表。ビーフ巡査部長を探偵役とする長編を8作刊行したのち、『死の扉』(創元推理文庫)で新たな探偵キャロラス・ディーンを登場させる。その後計23作のディーン・シリーズを遺し、1979年死去

    小林 晋(コバヤシ ススム)
    1957年、東京生まれ
  • 著者について

    レオ・ブルース  (レオブルース)
    Leo Bruce
    レオ・ブルース
    1903年、ケント州イーデンブリッジ生まれ。本名ルーパート・クロフト-クック。さまざまな著作活動を行いながら、ブルース名義で1936年に最初の本格ミステリー『三人の名探偵のための事件』(扶桑社ミステリー)を発表。ビーフ巡査部長を探偵役とする長篇を8作刊行したのち、『死の扉』(創元推理文庫)で新たな探偵キャロラス・ディーンを登場させる。その後計23作のディーン・シリーズを遺し、1979年死去。

    〈扶桑社ミステリーのレオ・ブルース作品〉
    『三人の名探偵のための事件』
    『ミンコット荘に死す』
    『ハイキャッスル屋敷の死』
    『ビーフ巡査部長のための事件』

レオ・ブルース短編全集(扶桑社ミステリー) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:扶桑社
著者名:レオ ブルース(著)/小林 晋(訳)
発行年月日:2022/05/10
ISBN-10:4594090826
ISBN-13:9784594090821
判型:文庫
発売社名:扶桑社
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:400ページ
縦:15cm
他の扶桑社の書籍を探す

    扶桑社 レオ・ブルース短編全集(扶桑社ミステリー) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!