モラハラ夫の精神的支配から抜け出す方法―7つのワークで「自分らしさ」を取り戻す [単行本]

販売休止中です

    • モラハラ夫の精神的支配から抜け出す方法―7つのワークで「自分らしさ」を取り戻す [単行本]

    • ¥1,65099ポイント(6%還元)
100000009003566502

モラハラ夫の精神的支配から抜け出す方法―7つのワークで「自分らしさ」を取り戻す [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:99ポイント(6%還元)(¥99相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本能率協会
販売開始日: 2022/05/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

モラハラ夫の精神的支配から抜け出す方法―7つのワークで「自分らしさ」を取り戻す の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    この本は、モラハラ認定をしたり、夫を変えるための方法が書いてある本ではありません。また、離婚をすすめる本でもありません。本書では、あなたが自分と向き合って、本来の自分らしさを取り戻す後押しをすることで、本当の意味でモラハラから卒業できるようサポートさせていただきたいと思っています。
  • 目次

    ◇本書を読む前に知っておいていただきたい大切なこと

    第1章 わたしは、なぜモラハラ夫と出会い、どうやって新しい一歩踏み出したのか
     ・モラハラ父と過保護母
     ・突然訪れた2つの死 
     ・モラハラ夫との出会い
     ・我慢が当たり前の結婚生活から、離婚を決意するとき 
     ・朝が来なければいいと願う日々を乗り越えて
     ・ないないづくしのスタート
     ・共依存って何? 
     ・離婚する・しないよりも大切なこと

    第2章 うちの夫はモラハラですか?
     ・そもそもモラハラとは?
     ・タイプ1 ボクは特別「貴族・おぼっちゃまタイプ」 
     ・タイプ2 ボクが正しい「教祖・司令官タイプ」
     ・タイプ3 ボクは悪くないよ「低温やけどタイプ」
     ・タイプ4 ボクがチェック「個別生活指導タイプ」
     ・タイプ5 ボクはいい人!?「利害関係重視タイプ」

    第3章 モラハラ夫の精神的支配から抜け出すための4ステップ
     ・ワークを始める前に
     ・ステップ1 今のあなたを知ろう
    ◆ワーク① あなたが踏み込んで欲しくないことはなんですか?
    ◆ワーク② はっきりとNoという練習をする
    ◆ワーク③ 物理的に距離を取る
     ・ステップ2 感情を意識しよう
    ◆ワーク④ 自分の思いを書き出すワーク (ネガティブな感情を書き出す)
    ◆ワーク⑤ 本当の気持ちに気づく
     ・ステップ3 自分軸を育てよう
    ◆ワーク⑥ 自分軸の『考え方・思考』をしよう
     ・ステップ4 セルフイメージをあげよう
    ◆ワーク⑦ いいこと日記

    第4章 夫と関係なく、自分らしく生きるために
     ・心を優先して生きる
     ・人生に起ることにはすべて意味がある
     ・自分らしい人生を生きるために
     ・あなたへの課題「私への手紙」
  • 出版社からのコメント

    元当事者の公認心理師が教える、モラハラ夫の精神的支配から抜け出し、自分らしく生きるための7つのワーク。
  • 内容紹介

    暴言、無視、生活費を入れない、自分の間違いを認めない……。
     夫からのこうしたモラハラに悩まされたことがある女性は、既婚女性の8割以上にのぼるといわれ、離婚原因の3位にランクインするなど、深刻な問題になっています。
     コロナ禍以降、在宅勤務で四六時中モラハラ夫と一緒……という状況にある女性も増えており、モラハラの経験をブログやSNSで発信しているアカウントには、同じ境遇の女性から共感の声が絶えることがありません。

     こうした女性たちが、なかなかモラハラ夫から逃げ出せない背景には「物理的・精神的に自立を阻まれている」という理由があります。仕事を辞めさせる、生活費を入れない、子育てに専念させるなど、経済的な自立を阻むだけでなく、「お前なんかと一緒にいてやれるのは俺くらい」「俺のいうことを聞いていればいい」など、精神的にも依存状態に追い込んでいく……。家庭内という密室での出来事であり、夫を信じたい気持ちからなかなかモラハラに気づくことができず、気づいた時には完全に自立のすべを奪われていたという女性がほとんどです。

     モラハラについての類書は多くありますが、いかにしてモラハラ夫から逃げるか(法的措置や経済的な自立に焦点をあてたもの)や、当事者の体験談(モラハラ夫とのやりとりや逃げ出すまで)が多く、精神的な自立に焦点を当てたものはほとんどありません。
     著者は、37歳の時に2人の子どもを抱えてモラハラ夫と離婚。多くの被害女性と同様に、お金や仕事はもちろん、自信さえない状態から、心理学を学び「夫がこわい人のためのサポートカウンセラー」として起業しましたが、多くの女性をサポートする中で感じたのは「もっとも重要なのは精神的な依存から抜けだし『本来の自分』を取り戻すこと」だったといいます。

     本書では、モラハラ夫への精神的な依存から抜け出すための7つのワークを中心に、モラハラ被害者が人生を見つめ直し、自分らしく生きる人生を選択できるようになるためのヒントを紹介します。

    図書館選書
    暴言、無視、生活費を入れない等、夫のモラハラを経験した女性は8割以上とも言われます。本書では、元当事者の著者が、モラハラ被害者が自分らしい人生を生きるためのヒントを紹介します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    福山 れい(フクヤマ レイ)
    公認心理師。2011年より心理カウンセラーとして、女性相談(夫婦問題・モラハラ・DV・離婚など)に携わる。近年は、SNS相談員、スクールカウンセラーとしても活動中
  • 著者について

    福山 れい (フクヤマレイ)
    公認心理師。2011年より心理カウンセラーとして、女性相談(夫婦問題・モラハラ・DV・離婚など)に携わる。
    子供のころから親の価値観に縛られ自己肯定感も低く、結婚しても自分が我慢すればいいと夫に振り回されていたが、離婚を決意したことで、自分の可能性に目覚め、心理の学びを深める。その後、自分と同じような思いをしている女性をサポートするために起業。延べセッション数は2000件以上。
    近年は、SNS相談員、スクールカウンセラーとしても活動中。

モラハラ夫の精神的支配から抜け出す方法―7つのワークで「自分らしさ」を取り戻す の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本能率協会マネジメントセンター
著者名:福山 れい(著)
発行年月日:2022/06/10
ISBN-10:4800590116
ISBN-13:9784800590114
判型:B6
発売社名:日本能率協会マネジメントセンター
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:256ページ
縦:19cm
他の日本能率協会の書籍を探す

    日本能率協会 モラハラ夫の精神的支配から抜け出す方法―7つのワークで「自分らしさ」を取り戻す [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!