親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 [単行本]
    • 親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003567978

親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2022/06/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    介護は“第2の親子関係”の始まり。そのときが、とうとうやってきた。見えてきた、親と自分のこれからの姿―。歳を取るということは、それは若返ることだなあと思ったんです。
  • 目次

    はじめに

    ◆第1話:父のこと
    ひとり暮らしの父
    そろそろ今後のことを考えてください
    異変
    だけど
    でも
    アレ?
    いろいろ重なる
    それは突然やってきました

    ◆第2話:訪れた介護問題
    考えるヒマもなく
    そうこうしているうちに父の症状は急速に悪化
    フクザツな気持ち
    父の居場所探し
    船出

    ◆第3話:思い返すと父は
    どんな人?
    いろんなことを思い出す
    次の日も電話が来た
    そうこうしているうちに父の通院付き添いの日が来た
    父が入った施設はこういう所

    ◆第4話:今度はツレの両親が
    ツレの両親
    でも新型コロナが流行り出して生活が変わった
    ツレの親子関係
    ツレの両親の施設探し
    ツレの父の施設入居
    ツレの母の気持ち
    ウチの父、二度目の引越し
    ツレの両親、二度目の引越し

    ◆第5話:親子の関係って?
    老後は死んだ後のことじゃない
    親との関わりの変化
    これから
    先のことはわからない

    解説:青山ゆみこ「介護という関わり」
    あとがき:細川貂々
  • 出版社からのコメント

    介護は〈第2の親子関係〉の始まり。『ツレうつ。』や『それでいい。』で人気の細川貂々が親の介護問題に直面。解説:青山ゆみこ
  • 内容紹介

    親が子どもになるころに
    ――てんてん、介護問題に直面す。

    *

    介護は〈第2の親子関係〉の始まり。

    そのときが、とうとうやってきた。

    「親は今までのような頼れる存在ではなくなり、
    私たちが保護する対象になってしまいました。」

    「歳を取るということは、
    それは若返ることだなあと思ったんです。
    ウチの父は中学1年生くらい。」

    *

    うつ病を患った夫の闘病を描いたコミックエッセイ
    『ツレがうつになりまして。』や
    対人関係療法の水島広子医師との共著
    「それでいい。」シリーズなどがベストセラーになった
    漫画家・細川貂々が、
    今度は親の介護問題に直面することに。


    遠方でのひとり暮らし、幻聴、妄想、認知症、
    年金、資産、制度、施設、入院、緊急事態宣言……


    そこから見えてきた、
    親と自分のこれからの姿――。


    解説:青山ゆみこ
    「介護という関わり」
    (『人生最後のご馳走』『ほんのちょっと当事者』著者)

    図書館選書
    介護は〈第2の親子関係〉の始まり。『ツレがうつになりまして。』や「それでいい。」シリーズなどがベストセラーになった漫画家・細川貂々が、親の介護問題に直面。見えてきた、親と自分のこれからの姿。解説:青山ゆみこ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細川 貂々(ホソカワ テンテン)
    1969年、埼玉県生まれ。漫画家・イラストレーター。セツ・モードセミナー卒業。現在、兵庫県宝塚市で、生きづらさを抱えた人たちが集う「生きるのヘタ会?」を主宰
  • 著者について

    細川 貂々 (ホソカワ テンテン)
    細川貂々(ほそかわ・てんてん)
    1969年、埼玉県生まれ。漫画家・イラストレーター。セツ・モードセミナー卒業。うつ病を患った夫の闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』が大反響を呼び、2009年にはテレビドラマ化、2011年には映画化される。対人関係療法の第一人者である水島広子医師との共著「それでいい。」シリーズもベストセラーに。現在、兵庫県宝塚市で、生きづらさを抱えた人たちが集う「生きるのヘタ会?」を主宰。近著に『維摩さまに聞いてみた――生きづらい人のためのブッダのおしえ』(釈徹宗監修)など。

親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:細川 貂々(著)
発行年月日:2022/06/20
ISBN-10:442293094X
ISBN-13:9784422930947
判型:A5
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:168ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:272g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!