EF58 最後に輝いた記録 [単行本]
    • EF58 最後に輝いた記録 [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003568034

EF58 最後に輝いた記録 [単行本]

  • 4.0
価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2022/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

EF58 最後に輝いた記録 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 カラーグラフ EF58(EF5861 お召列車の記憶1;「銀河」と「高千穂・桜島」を巡るEF58;東海道本線のEF58;EF58 西の足跡;EF58 東の足跡 ほか)
    2章 モノクロームのEF58(「つばめ・はと」牽引時代;東海道・山陽本線 20系ブルートレイン牽引時代;ブルートレイン牽引に復活したEF58;「踊り子」EF58の伊東線と伊豆急行乗入れ;EF5861 お召列車の記憶2 ほか)
  • 出版社からのコメント

    EF58全盛期から半世紀近い歳月が流れた。貴重なカラー作品を上梓する最後のチャンスとして、さらに全盛期のモノクロも含めた。
  • 内容紹介

     国鉄蒸気機関車が終焉を迎えた1975年当時、筆者は「ポスト蒸気機関車」として新たな被写体を模索しており、国鉄特急列車やブルートレインが有力候補だった。その被写体の一つとして浮上したのがEF58に代表される国鉄旧型電気機関車で、ことに東海道・山陽・東北の三大幹線で活躍するEF58は、ポスト蒸気機関車の絶好の被写体として注目を浴びることとなった。
     1975年から1980年初頭にかけて、東海道筋の根府川、函南、金谷、関ケ原など、景勝地を走る美しきゴハチのフォルムを追い求める日々を過ごした。あれから半世紀近い歳月が流れ、カラーポジフィルムの退色等を考慮して、EF58が有終の美を魅せた1970年代の作品を写真集として上梓する最後のチャンスだと認識した。
     自身のアーカイブスとして保存してきた伝説の「コダック・コダクロームⅡフィルム(KⅡ)」で撮影したEF58の名場面を厳選して、カラーグラフを構成した。モノクログラフには、ハッセルブラド+ゾナーレンズによるゴハチ作品に加えて、青大将の「つばめ・はと」や20系ブルートレインを牽引する全盛時代も、筆者の諸先輩の作品をお借りして構成することができた。

    図書館選書
    EF58が走った時代から半世紀近い歳月が流れた。カラーフィルムの退色等を考慮して、ゴハチが有終の美を魅せた作品を上梓する最後のチャンスとしてカラーグラフを構成、モノクログラフには、その全盛時代も含めて構成。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    諸河 久(モロカワ ヒサシ)
    1947年東京都生まれ。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌「鉄道ファン」のスタッフを経て、フリーカメラマンに。「諸河久フォト・オフィス」を主宰。国内外の鉄道写真を雑誌、単行本に発表。「鉄道ファン/CANON鉄道写真コンクール」「2021年小田急ロマンスカーカレンダー」などの審査員を歴任。公益社団法人・日本写真家協会会員、桜門鉄遊会代表幹事

EF58 最後に輝いた記録 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:フォト・パブリッシング
著者名:諸河 久(著)
発行年月日:2022/06/01
ISBN-10:4802133294
ISBN-13:9784802133296
判型:B5
発売社名:メディアパル
対象:一般
発行形態:単行本
内容:旅行
言語:日本語
ページ数:192ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:2cm
重量:750g
他のその他の書籍を探す

    その他 EF58 最後に輝いた記録 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!