辺境から眺める―アイヌが経験する近代 新装版 [単行本]
    • 辺境から眺める―アイヌが経験する近代 新装版 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月5日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003573228

辺境から眺める―アイヌが経験する近代 新装版 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月5日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2022/05/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

辺境から眺める―アイヌが経験する近代 新装版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本とロシアは、アイヌなどの先住民族をどのように国家に組み込んできたのか。辺境という視座からの試み。
  • 目次

    序 辺境から眺める
    辺境のイメージの変化/時間をつうじた境界/進歩という問題/ハリネズミと狐/先住民が経験する近代/出発点と行く先

    第1章 フロンティアを創造する--日本極北における国境、アイデンティティ、歴史
    国境線を創造する/徳川時代の植民地主義/「日本」を創造する/現在における過去/結論

    第2章 歴史のもうひとつの風景
    現在へむかう多様な道--オホーツク海域の事例/商業植民地主義の衝撃/結論

    第3章 民族誌学(エスノグラフィ)の眼をとおして
    グローバルな民族誌学/国境を横断する交換--間宮林蔵とレオポルト・フォン・シュリンク/レフ・シュテルンベルグと、民族の境界線の問題/ロシア民族誌学と、日本人による起源の探求

    第4章 国民、近代、先住民族
    原住民の名で--ソヴィエトの理論と北方小民族/記憶喪失としての同化--北方先住諸民族にたいする日本の政策/共有された分離

    第5章 他者性への道--20世紀日本におけるアイヌとアイデンティティ・ポリティクス
    主体性、帰属、アイデンティティ/ある程度の人間の数/保護民に理屈言ふべき権なしと/進化途上にある人種/人種から文化へ/自己決定とエコロジカルな自己

    第6章 集合的記憶、集合的忘却--先住民族、シティズンシップ、国際共同体
    シティズンシップの構造/シティズンシップと侵入者国家(インヴェイダー・ステイト)/シティズンシップを再考する/人権、公民権(シヴィック・ライツ)、先住権

    終章 サハリンを回想する
    「記憶」(メモリー)と「回想」(リメンバリング)/日本人の「戦争体験」/樺太植民史/わあっ、懐かしい/集合的「記憶」の権威/牛の銅像/日本はたいしたことない/大きな「記憶」と小さな「回想」

    あとがき
    訳者付記

    索引
  • 内容紹介

    長年にわたって、日本とロシアのあいだで議論されている「北方領土問題」。しかし「北方領土」とは誰のためのものなのか。北方領土と呼ばれる島々や、かつては樺太という名だった現サハリンの住民は、二つの巨大国家の交渉を、どのように考えるのだろう。本書は、アイヌを中心に、日本とロシアという国家が先住民族を同化・差別化してきた歴史を詳細に追いながら、辺境という視座から、われわれの「いま」と「今後」を考える。
    「植民地時代の探検家たちがおこなった旅は、帝都の中心から出発し、外に向かい、〈奥地〉にまでいたるものだった。彼らは、植民地支配をおこなう社会の物理的な武器ばかりでなく、知的な武器をも携えて、一つひとつ道を切り拓き、商人、入植者、伝染病がその後を追った。旅から持ち帰ったのは大量の原材料であった。鉱物のサンプル、民族誌学的〈骨董品〉、地図、未知の人びとの話、これらはやがて植民地支配権力がもつ拡張する知識体系のうちに編入されていった。本書でおこないたいのはこの過程を転倒する作業である。〈奥地〉の心臓部から、外に向かい、国家/国民的およびグローバルな帝都にまでいたり、帝都型思考様式を新たに問い直す方法を持ち帰る、そのような旅路への出発である。」
    著者はオーストラリア在住の日本研究者として、数々の著書がある。本書においても、現代思想や近現代史・アイヌ問題など、その緻密な考察と開かれた問題提起は、じつに鮮やかである。戦前に樺太に住んでいた人たちとともにサハリンに向かう終章の紀行文もまた、みごとだ。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    モーリス=鈴木,テッサ(モーリススズキ,テッサ/Morris-Suzuki,Tessa)
    1951年生まれ。オーストラリア国立大学名誉教授。専攻は日本経済史、思想史

    大川 正彦(オオカワ マサヒコ)
    1965年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。政治学専攻。現在、東京外国語大学総合国際学研究院教授。修士(政治学)
  • 著者について

    テッサ・モーリス=鈴木 (テッサモーリススズキ)
    (Tessa Morris-Suzuki)
    1951年生まれ。オーストラリア国立大学名誉教授。専攻は日本経済史、思想史。著書として、『日本の経済思想--江戸期から現代まで』(藤井隆至訳 、岩波書店、1991;岩波モダンクラシックス、2000)、『批判的想像力のために――グローバル化時代の日本』(平凡社、2002;平凡社ライブラリー、2013)、『過去は死なない――メディア・記憶・歴史』(田代泰子訳、岩波書店、2004;岩波現代文庫、2014)、『北朝鮮へのエクソダス――「帰国事業」の影をたどる』(田代泰子訳、朝日新聞社、2007;朝日文庫、2011)、『北朝鮮で考えたこと』(田代泰子訳、集英社新書、2012)、『日本を再発明する』(伊藤茂訳、以文社、2014)などがある。

    大川正彦 (オオカワマサヒコ)
    (おおかわ・まさひこ)
    1965年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。政治学専攻。現在、東京外国語大学総合国際学研究院教授。修士(政治学)。著書に『正義』(岩波書店、1999)、『マルクス--いま、コミュニズムを生きるとは?』(NHK出版、2004)、訳書 マイケル・ウォルツァー『寛容について』(みすず書房、2003;新装版、2020)他。

辺境から眺める―アイヌが経験する近代 新装版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:テッサ モーリス=鈴木(著)/大川 正彦(訳)
発行年月日:2022/05/19
ISBN-10:462209519X
ISBN-13:9784622095194
判型:B6
発売社名:みすず書房
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:262ページ
縦:19cm
重量:400g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 辺境から眺める―アイヌが経験する近代 新装版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!