新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫]
    • 新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥77047ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003573262

新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫]

価格:¥770(税込)
ポイント:47ポイント(6%還元)(¥47相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2022/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新米の季節がやってきた。米問屋羽前屋の主人・善太郎は関宿へ向かう途中の江戸川で、火の玉のように燃える大船を目撃する。異様な光景に江戸では祟りや怨霊説が囁かれる中、大村から頼まれた善太郎は真相を調べることに。大黒屋では、跡取り娘・お波津の婿探しが始まった。候補となった二人は見た目も性格もまるで正反対。それぞれの考えで大黒屋への婿入りを望むようだが、お波津はどこか冷めていて…。波瀾の新章開幕!
  • 目次

    第一話 火の玉の船
    第二話 旗本と商人
    第三話 農家の倉庫
  • 出版社からのコメント

    水上で燃える「火の玉の船」の真相とは。大黒屋の婿探しも始まる新章開幕!
  • 内容紹介

    新米の季節がやってきた。米問屋羽前屋の主人・善太郎は関宿へ向かう途中の江戸川で、火の玉のように燃える大船を目撃する。異様な光景に江戸では祟りや怨霊説が囁かれる中、大村から頼まれた善太郎は真相を調べることに。大黒屋では、跡取り娘・お波津の婿探しが始まった。候補となった二人は見た目も性格もまるで正反対。それぞれの考えで大黒屋への婿入りを望むようだが、お波津はどこか冷めていて……。波瀾の新章開幕!

    図書館選書
    新米の時季を迎えた9月下旬、江戸川で燃え盛る大船が目撃される。祟りや怨霊説も囁かれる中、真相の解明に善太郎も巻き込まれることに。一方、大黒屋では跡取り娘お波津の婿探しが始まるが……。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    千野 隆司(チノ タカシ)
    1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年「夜の道行」で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から「第二の藤沢周平」と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍商い帖」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。2018年「おれは一万石」「長谷川平蔵人足寄場」シリーズで第7回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞
  • 著者について

    千野 隆司 (チノ タカシ)
    1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年、『夜の道行』で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から“第二の藤沢周平”と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。他の主なシリーズに「おれは一万石」「出世侍」など。

新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:千野 隆司(著)
発行年月日:2022/06/25
ISBN-10:4041124484
ISBN-13:9784041124482
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:272ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 新・入り婿侍商い帖―お波津の婿〈1〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!