営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫]
    • 営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫]

    • ¥79248ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003573671

営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥792(税込)
ポイント:48ポイント(6%還元)(¥48相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2022/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。彼が書斎として定めた部屋の書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁の深い隙間の向こうに芸妓のような三味線を抱えて坐る儚げな着物姿の人影が見えた…(「芙蓉忌」)。夕暮れの闇が迫る中、背戸に立つ袴を着た鬼が、逃げようとする佐代の肩を掴み―(「関守」)。城下町の情緒が漂う怪談、全6篇。
  • 目次

    芙蓉忌
    関守
    まつとし聞かば
    魂やどりて
    水の声
    まさくに
    解説 織守きょうや
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    芙蓉忌;関守;まつとし聞かば;魂やどりて;水の声;まさくに
  • 出版社からのコメント

    営繕屋は 死者の声を聴き、修繕する。 人々の繋がる思いに涙する魂の物語
  • 内容紹介

    両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。貴樹が書斎として定めた部屋はかつて弟が使っていた部屋だった。何気なく、書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁に深い隙間があった。そしてその向こうに芸妓のような三味線を抱えて座るはかなげな着物姿の人影が見えた。その女と弟の死には関係があるかもしれないと探すうちに、貴樹がその女を見ずにはいられなくなり――。(「芙蓉忌」より)
    他、「関守」「まつとし聞かば」「魂やどりて」「水の声」「まさくに」の全6篇を収録。
    解説は織守きょうや氏。 2019年、第10回 山田風太郎賞最終候補作。

    図書館選書
    微かに三味線の音が響けば、それは怪異の始まり。古い町、神社の参道の祠、猫の通り道に現れる怪異の数々。住居にまつわる怪異や障りを、営繕屋・尾端(おばな)が 修繕する――極上のエンターテインメント
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小野 不由美(オノ フユミ)
    大分県中津市生まれ。京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。1988年作家デビュー。『残穢』は13年第26回山本周五郎賞を受賞。20年「十二国記」シリーズが第5回吉川英治文庫賞を受賞
  • 著者について

    小野 不由美 (オノ フユミ)
    大分県生まれ。1988年作家デビュー。「悪霊」シリーズで人気を得る。91年『魔性の子』に続き、92年『月の影 影の海』を発表、「十二国記」シリーズとなる。十二国記と並行して執筆した『東亰異聞』『屍鬼』『黒祠の島』は、それぞれ伝奇、ホラー、ミステリとして高い評価を受けている。『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。「営繕かるかや怪異譚」は『怪と幽』で連載中。主な著書に『白銀の墟 玄の月』(全4巻 新潮文庫)、『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』「ゴーストハント」シリーズ1~7巻(すべて角川文庫)。

営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:小野 不由美(著)
発行年月日:2022/06/25
ISBN-10:4041124409
ISBN-13:9784041124406
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:336ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 営繕かるかや怪異譚〈その2〉(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!