租税法の過去・現在・未来(租税法研究〈第50号 2022〉) [単行本]
    • 租税法の過去・現在・未来(租税法研究〈第50号 2022〉) [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003576093

租税法の過去・現在・未来(租税法研究〈第50号 2022〉) [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2022/07/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

租税法の過去・現在・未来(租税法研究〈第50号 2022〉) の 商品概要

  • 目次

    【記念講演】弁護士の専門化と最高裁(宮崎裕子)
    【記念報告】国際課税の地殻変動(渕圭吾)
    【論説・分科会記録】「租税法の過去」:課税庁による通達によらない財産評価(倉見智亮) 納税者による通達によらない財産評価(加藤友佳) 分科会記録(奥谷健) 組織再編税制における租税回避──個別的否認規定の観点から(長戸貴之) 組織再編税制における租税回避──素朴な経済合理性基準から洗練された濫用基準へ(今村隆) 分科会記録(酒井貴子)/「租税法の現在」:法人税法22条4項における「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」の解釈(安井栄二) 企業利益と課税所得の現在地──その結合と乖離(田中晶国) 分科会記録(髙橋祐介) 租税情報の取扱いにおける日本の現状(中尾真和) 租税情報の取扱いにおける国際的状況(漆さき) 分科会記録(今本啓介)/「租税法の未来」:金融所得課税の今後の展望と課題──所得課税を中心に(山田麻未) 資金調達と税制のこれから──ICOやIEOに対する法人税課税を検討対象として(藤間大順) 分科会記録(辻𠄀美枝) コンピュータサイエンスの観点から(小塚真啓) 租税法学の観点から(藤岡祐治) 分科会記録(手塚貴大)
    【学界展望】租税法学会の動向(本部勝大)

租税法の過去・現在・未来(租税法研究〈第50号 2022〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:租税法学会(編)
発行年月日:2022/06/30
ISBN-10:4641228361
ISBN-13:9784641228368
ISSNコード:09104313
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:306ページ
縦:21cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 租税法の過去・現在・未来(租税法研究〈第50号 2022〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!