バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 [単行本]
    • バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003576487

バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2022/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ふたたび起こりうる危機に向けて。日本経済に長く深甚な爪痕を遺したバブル崩壊後、金融行政は銀行破綻や不良債権の処理にどう取り組んだか。財務省『平成財政史』でも当該項目を執筆した著者が、危機の収束と健全化を実質的に駆動した制度整備を一望する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 本書の課題と構成
    第1章 護送船団行政から金融危機へ:概観
    第2章 バブル崩壊と初動の遅れ:1990~1994
    第3章 非常事態入りと対応の混迷:1995~1996
    第4章 金融危機と金融国会:1997~1998
    第5章 不良債権処理の進展と危機の収束:1999~2005
    終章 危機収束後の長期沈滞の展望:2005~2021
  • 出版社からのコメント

    バブル崩壊以降2000年代前半にかけての金融危機に関し,銀行破綻や不良債権処理をめぐる行政対応を包括的に検証し,教訓を導く。
  • 内容紹介

    バブル崩壊以降2000年代前半にかけての金融危機をめぐる政策対応を包括的に検証。銀行破綻や不良債権処理に関する金融行政を,当時の政治・世論などをも踏まえて跡づける。財務省『平成財政史』でも当該項目を執筆した著者が,析出した教訓を後世に託す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 修(イトウ オサム)
    埼玉大学名誉教授、博士(経済学)。1956年、長野県長野市生まれ。1979年、東京大学経済学部卒業。1984年、同大学院経済学研究科修了。大蔵省財政金融研究所研究員、神奈川大学教授等を経て、1999年、埼玉大学教授。理事兼副学長等を歴任。2022年、名誉教授。主要著作『日本型金融の歴史的構造』(東京大学出版会、1995年、エコノミスト賞受賞)ほか多数
  • 著者について

    伊藤 修 (イトウ オサム)
    埼玉大学名誉教授

バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:伊藤 修(著)
発行年月日:2022/07/30
ISBN-10:4641166005
ISBN-13:9784641166004
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:226ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:310g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 バブル後の金融危機対応―全軌跡 1990~2005 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!