アンネ・フランクはひとりじゃなかった―アムステルダムの小さな広場 1933-1945 [単行本]
    • アンネ・フランクはひとりじゃなかった―アムステルダムの小さな広場 1933-1945 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003577411

アンネ・フランクはひとりじゃなかった―アムステルダムの小さな広場 1933-1945 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2022/06/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アンネ・フランクはひとりじゃなかった―アムステルダムの小さな広場 1933-1945 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ヒトラーが政権を掌握した1933年、アンネの母親エーディトは、母国ドイツからアムステルダムに家探しにやってきた。物語はここから始まる。ドイツは1940年にオランダを占領、そしてフランク一家が隠れ家に消えるのはその2年後だ。しかし潜伏までの約8年間、アンネは家の前のメルウェーデ広場を親友たちと「少女ギャング」よろしく闊歩し、小さな子供たちの世話をやき、隣人たちと豊かな時間を過ごしていた。一方、アンネの親友たちとその家族はどうなったか。外国に脱出する一家もあったが、大半は拘束され、収容所へ送られた。著者は、この広場でかつてくり広げられたユダヤ人住民の日常、祭り、迫害、密告、抵抗の一部始終を、元住民へのインタビューや史料の渉猟から再現する。大きな歴史を反映した、小さなコミュニティの物語だ。
  • 目次

    地図 アムステルダム・メルウェーデ広場とその周辺
    地図 メルウェーデ広場の番地と本書に登場する住民一覧

    1933 最初のドイツ系ユダヤ人住民
    1934 新しい生活
    1935 明暗こもごも
    1936 新たな隣人たち
    1937 休息のオアシス
    1938 募りゆく不安
    1939 迫りくる戦争
    1940 開戦の年
    1941 一斉検挙のはじまり
    1942 東方への移送
    1943 ユダヤ人住民狩り
    1944 不安、飢餓、極寒
    1945 「解放」

    あとがき
    この本の成り立ちについて
    謝辞

    訳者あとがき
    原注
    参考文献・写真出典
    人名索引
  • 出版社からのコメント

    アンネと親友たちの愉しい日常は戦争で中断され、運命は引き裂かれた。それぞれの波乱に満ちた人生が、インタビューと史料から甦る。
  • 内容紹介

    ヒトラーが政権を掌握した1933年、アンネの母親エーディトは、母国ドイツからアムステルダムに家探しにやってきた。物語はここから始まる。
    ドイツは1940年にオランダを占領、そしてフランク一家が隠れ家に消えるのはその2年後だ。しかし潜伏までの約8年間、アンネは家の前のメルウェーデ広場を親友たちと「少女ギャング」よろしく闊歩し、小さな子供たちの世話をやき、隣人たちと豊かな時間を過ごしていた。
    一方、アンネの親友たちとその家族はどうなったか。外国に脱出する一家もあったが、大半は拘束され、収容所に送られた。
    著者は、この広場でかつてくり広げられたユダヤ人住民の日常、祭り、迫害、密告、抵抗の一部始終を、元住民へのインタビューや史料の渉猟から再現する。大きな歴史を反映した、小さなコミュニティの物語だ。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フェルフーフェン,リアン(フェルフーフェン,リアン/Verhoeven,Rian)
    アムステルダム自由大学で歴史学を専攻。アンネ・フランク・ハウスや第二次世界大戦関係の組織に20年以上勤務し、アンネ・フランク、第二次大戦関連の研究をおこなう。著書、Anne Frank Beyond the Diary(共著、1995)は、ALA Notable Book,A YALSA Best Book for Young Adultsなどに選定される。2003年以来、本書の舞台であるメルウェーデ広場に住む

    水島 治郎(ミズシマ ジロウ)
    東京大学教養学部卒業。1999年、東京大学大学院法学政治研究科博士課程修了。甲南大学法学部助教授などを経て、千葉大学大学院社会科学研究院教授。専攻はオランダ政治史、ヨーロッパ政治史、比較政治。著書に『反転する福祉国家:オランダモデルの光と影』(岩波書店、2012、第15回損保ジャパン記念財団賞)、『ポピュリズムとは何か:民主主義の敵か、改革の希望か』(中公新書、2016、第38回石橋湛山賞)。他に共著・編著多数

    佐藤 弘幸(サトウ ヒロユキ)
    東京外国語大学卒業。1971年、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京外国語大学教授を経て、同大学名誉教授。専攻はオランダ語。オランダ史
  • 著者について

    リアン・フェルフーフェン (リアンフェルフーフェン)
    (Rian Verhoeven)
    アムステルダム自由大学で歴史学を専攻。アンネ・フランク・ハウスや第二次世界大戦関係の組織に20年以上勤務し、アンネ・フランク、第二次大戦関連の研究をおこなう。著書、Anne Frank beyond the Diary(共著)は、ALA Notable Book、A YALSA Best Book for Young Adultsなどに選定される。2003年以来、本書の舞台であるメルウェーデ広場に住む。

    水島治郎 (ミズシマジロウ)
    (みずしま・じろう)
    東京大学教養学部卒業。1999年、東京大学大学院法学政治研究科博士課程修了。甲南大学法学部助教授などを経て、現在 千葉大学大学院社会科学研究院教授。専攻はオランダ政治史、ヨーロッパ政治史、比較政治。著書 『反転する福祉国家:オランダモデルの光と影』(岩波書店、2012、第15回損保ジャパン記念財団賞)、『ポピュリズムとは何か:民主主義の敵か、改革の希望か』(中公新書、2016、第38回石橋湛山賞)、『ポピュリズムという挑戦:岐路に立つ現代デモクラシー』(編著、岩波書店、2020)、『アフターコロナの公正社会:学際的探究の最前線』(共編著、明石書店、2022)、他に共著・編著多数。

    佐藤弘幸 (サトウヒロユキ)
    (さとう・ひろゆき)
    東京外国語大学卒業。1971年、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京外国語大学教授を経て、同大学名誉教授。専攻はオランダ語、オランダ史。著書 『図説 オランダの歴史 改訂新版(フクロウの本)』(河出書房新社、2019)、『西欧低地諸邦毛織物工業史:技術革新と品質管理の経済史』(日本経済評論社、2007)、『ニューエクスプレスプラス オランダ語』(共著、白水社、2019)。翻訳 ムルタトゥーリ『マックス・ハーフェラール:もしくはオランダ商事会社のコーヒー競売』(めこん、2003)他。

アンネ・フランクはひとりじゃなかった―アムステルダムの小さな広場 1933-1945 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:リアン フェルフーフェン(著)/水島 治郎(訳)/佐藤 弘幸(訳)
発行年月日:2022/06/16
ISBN-10:4622090902
ISBN-13:9784622090908
判型:B6
発売社名:みすず書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:400ページ
縦:19cm
重量:520g
その他: 原書名: ANNE FRANK WAS NIET ALLEEN:Het Merwedeplein,1933-1945〈Verhoeven,Rian〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 アンネ・フランクはひとりじゃなかった―アムステルダムの小さな広場 1933-1945 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!