図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本]
    • 図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003578738

図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2022/08/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    故郷のプロヴァンスと芸術の中心地パリ―“近代絵画の父”セザンヌは、なぜフランスの南北を往復し続け、繰り返し「サント=ヴィクトワール山」を描いたのか?「描かれた場所」からその全貌を解説する初の一冊。知られざる水彩画を含む“サント=ヴィクトワール山”全83点を完全収録!
  • 目次

    Chapitre I パリ
    ――画家になることを夢見て、芸術の都へ

    Chapitre II プロヴァンス
    ――強烈な陽光の下に生まれた新たな創造性

    Chapitre III サント=ヴィクトワール山
    ――郷土を象徴する「聖なる勝利の山」

    (コラム)
    川を描く
    湖を描く
    海を描く
    岩を描く
    ガスケの見たセザンヌ
    セザンヌとルノワール
    ドニとルーセルの見たセザンヌ
    想像のサント=ヴィクトワール山
    セザンヌをめぐる画家たちの言葉
    ……ほか
  • 出版社からのコメント

    “近代絵画の父”セザンヌの「描かれた場所」から解説する初の一冊。全ての「~山」を集めた永久保存版。全83点完全収録!
  • 内容紹介

    孤高の画家が描き続けた故郷の象徴、
    「サント=ヴィクトワール山」の
    軌跡をたどる。

    故郷のプロヴァンスと芸術の中心地パリ――
    “近代絵画の父”セザンヌは、
    なぜフランスの南北を往復し続け、
    繰り返し「サント=ヴィクトワール山」を描いたのか?
    「描かれた場所」からその全貌を解説する初の一冊。

    知られざる水彩画を含む
    すべての「サント=ヴィクトワール山」と
    その関連作を集めた、永久保存版資料。
    〈全83点、完全収録!〉


    *********

    セザンヌは私の、
    唯一無二の師だったのです!
    私が彼の絵画にまなざしを向けたのを
    よく考えてみてください。
    セザンヌの絵画を研究するのに
    私は何年もかけました。
    セザンヌ! 彼は、
    私たち皆の父のようでした。
    私たちを守ったのは、彼なのです。

    ――パブロ・ピカソ

    *

    私の人生を通じて
    彼の素晴らしい模範がもたらした
    道徳的な力と励ましのすべてを、
    あなたがご存知でしたら!
    暗中模索の時期、
    いまだに私が自分を探していたときに、
    自らの発見にしばしばたじろぎを感じて、
    こう考えたものです。
    「もし、セザンヌが正しいなら、
    私は正しい」と。
    セザンヌが間違えなかったことが、
    私にはわかっていたのです。

    ――アンリ・マティス

    *********


    【本書の特長】

    ◆「サント=ヴィクトワール山」の歩みと
    制作の背景、見どころを徹底解説。

    ◆活動拠点となったパリと
    プロヴァンスの風景画も数多くクローズアップ。

    ◆水彩画を含む「サント=ヴィクトワール山」
    全83点を収録した永久保存的資料。


    *********

    【シリーズ好評既刊!】

    『図説 モネ「睡蓮」の世界』安井裕雄 著

    すべての「睡蓮」を集めた永久保存版資料。
    〈全308作品、完全収録!〉

    *********

    図書館選書
    “近代絵画の父”セザンヌはなぜ仏の南北を往復し繰り返し描いたのか?「描かれた場所」から全貌を解説する初の一冊。全ての「サント=ヴィクトワール山」を集めた永久保存版。全83点完全収録。上製フルカラー。類書無。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    工藤 弘二(クドウ コウジ)
    1979年生まれ。東北大学文学研究科博士課程単位取得退学。国立新美術館アソシエイトフェローを経て、現在、ポーラ美術館学芸員
  • 著者について

    工藤 弘二 (クドウ コウジ)
    東北大学文学研究科博士課程単位取得退学。国立新美術館アソシエイトフェローを経て、現在、ポーラ美術館学芸員。担当した展覧会に「セザンヌ-パリとプロヴァンス」(2012年、国立新美術館)、「セザンヌ-近代絵画の父になるまで」(2015年、ポーラ美術館)、「モネとマティス-もうひとつの楽園」(2020年、ポーラ美術館)、共著に『セザンヌ-近代絵画の父、とは何か? 』(2019年、三元社)など。

図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:工藤 弘二(著)
発行年月日:2022/08/30
ISBN-10:4422710281
ISBN-13:9784422710280
判型:B5
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:160ページ
縦:24cm
横:19cm
厚さ:2cm
重量:581g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 図説セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」の世界 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!