Oracleの基本―データベース入門から設計/運用の初歩まで 改訂2版 [単行本]
    • Oracleの基本―データベース入門から設計/運用の初歩まで 改訂2版 [単行本]

    • ¥3,16896ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003588392

Oracleの基本―データベース入門から設計/運用の初歩まで 改訂2版 [単行本]

価格:¥3,168(税込)
ポイント:96ポイント(3%還元)(¥96相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2022/07/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

Oracleの基本―データベース入門から設計/運用の初歩まで 改訂2版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界トップエンジニア「Oracle ACE」率いる精鋭エンジニアたちによる至高の入門書が増補改訂。ORACLE MASTER Platinum取得者数No.1企業の経験から“本当に必要な知識”をぎゅっと凝縮。長期サポートバージョン19c対応でパワーアップ。ORACLE MASTER試験の参考書にも!21c/19c~11g対応。
  • 目次

    ●はじめに
    ●本書について

    ■第1章 データベースを知る
    ■■1.1 なぜデータベースは必要なのか
    ■■1.2 リレーショナルデータベースの基礎
    ■■■リレーショナルモデルにしたがってデータを整理する
    ■■■標準化されたデータアクセス用言語SQL
    ■■■本書の構成

    ■第2章 Oracleを使ってみる
    ■■2.1 データベースを構築する
    ■■■インストールファイルをダウンロードする
    ■■■Oracleをインストールする
    ■■■マルチテナントアーキテクチャ
    ■■■作成したコンテナデータベースを確認する
    ■■2.2 データベースに接続する
    ■■■CDBルートにローカル接続する
    ■■■Linux/UNIXでの環境設定
    ■■■Windowsでの環境設定
    ■■■データベースへの接続を切断する
    ■■■PDBにリモート接続する
    ■■2.3 データベースを起動/停止する
    ■■■SYSユーザーでCDBルートにローカル接続する
    ■■■コンテナデータベースを停止する
    ■■■コンテナデータベースを起動する
    ■■■PDBをオープンする
    ■■■PDBをクローズする
    ■■2.4 学習用ユーザーを作成する
    ■■■testユーザーを作成する
    ■■2.5 テーブルとデータ操作の基本
    ■■■テーブルを作る‐CREATE TABLE文
    ■■■データ型とは
    ■■■テーブルの定義を確認する
    ■■■データを追加する‐INSERT文
    ■■■データを検索する‐SELECT文
    ■■■データを更新する‐UPDATE文
    ■■■データを削除する‐DELETE文
    ■■■すべてのデータを高速に削除する‐TRUNCATE TABLE文
    ■■■テーブルを削除する‐DROP TABLE文
    ■■■SQLにコメントを入れる
    ■■■データベースを削除する

    ■第3章 より高度なデータ操作を学ぶ
    ■■3.1 データを複雑な条件で検索する
    ■■■テストデータを準備する
    ■■■列の表示名を変更する
    ■■■検索結果をソートする‐ORDER BY句
    ■■■さまざまな条件でデータを絞り込む
    ■■3.2 データを加工/集計する
    ■■■演算子とファンクション
    ■■■データを合計する‐SUM()
    ■■■データの平均値、最大値、最小値を得る‐AVG()、MAX()、MIN()
    ■■■データの件数を数える‐COUNT(*)
    ■■■種類ごとにデータを集計する‐GROUP BY 句、HAVING 句
    ■■3.3 NULLとIS NULL条件
    ■■■列にNULLを設定する
    ■■■NULLを検索する‐IS NULL条件
    ■■■演算子、ファンクション、文字列連結とNULL
    ■■■集計ファンクションとNULL
    ■■■COUNT()とNULL
    ■■■NULLの注意点
    ■■3.4 SELECT文とSELECT文を組み合わせる
    ■■3.5 テーブルを結合する
    ■■■内部結合
    ■■■左外部結合
    ■■■右外部結合
    ■■3.6 データの表示画面にこだわる
    ■■■改行/改ページの動作を調整する
    ■■■列データの表示幅を調整する
    ■■■日時データの表示を調整する
    ■■3.7 トランザクションでデータを安全に更新する
    ■■■なぜトランザクションが重要か
    ■■■トランザクションの「ALL or NOTHING」特性
    ■■■トランザクションを使う
    ■■■実行中のトランザクションを取り消す‐ROLLBACK文
    ■■■トランザクションを開始/終了する方法

    ■第4章 データをより高速に/安全に扱うしくみ
    ■■4.1 検索処理を高速化するインデックス
    ■■■なぜインデックスが必要か
    ■■■インデックスのしくみ
    ■■■インデックスを作成する‐CREATE INDEX文
    ■■■インデックスを使う
    ■■■インデックスを使える検索条件
    ■■4.2 SELECT文をシンプルにまとめるビュー
    ■■■なぜビューが必要か
    ■■■ビューを作成する‐CREATE VIEW文
    ■■■ビューを使うメリット
    ■■4.3 不正なデータの混入を防ぐ制約
    ■■■なぜ制約が必要か
    ■■■NOT NULL制約
    ■■■主キー制約(プライマリーキー制約)と主キー
    ■■■一意制約(ユニーク制約)と一意キー
    ■■■外部キー制約(参照整合性制約)と外部キー
    ■■■チェック制約
    ■■■複数の列に対して制約を指定する
    ■■4.4 連番を振り出すシーケンス
    ■■■なぜシーケンスが必要か
    ■■■シーケンスを作成して連番を取得する
    ■■4.5 セキュリティ機構の基礎となるユーザー機能
    ■■■マルチテナント環境におけるユーザー
    ■■■Oracleのユーザー機能の役割
    ■■■ユーザーを作成する‐CREATE USER文
    ■■■ユーザーを削除する‐DROP USER文
    ■■■アカウントをロックする
    ■■■パスワードを変更する
    ■■■オブジェクト所有者としてのユーザー/スキーマ
    ■■4.6 ユーザー権限を制御する
    ■■■権限システムの基礎
    ■■■権限を付与する/取り消す‐GRANT文/REVOKE文
    ■■■複数の権限をグループ化するロール
    ■■■アプリケーション用ユーザーに付与すべき権限
    ■■■明示的に権限を付与しなくても実行できる操作
    ■■■権限を付与できる権限
    ■■4.7 管理ユーザーSYS、SYSTEMと共通ユーザー
    ■■■管理ユーザー(SYSユーザー/SYSTEMユーザー)の権限
    ■■■共通ユーザー

    ■第5章 テーブル設計の基本を知る
    ■■5.1 テーブル設計とは
    ■■■テーブル設計の3つのステップ
    ■■■テーブル設計の題材とする業務
    ■■5.2 第1ステップ‐概念設計
    ■■■テーブル候補を決める‐エンティティの抽出
    ■■■情報をテーブル候補に含める‐エンティティの属性の抽出
    ■■■テーブル候補を図に表す‐概念E-R図の作成
    ■■5.3 第2ステップ‐論理設計
    ■■■論理設計でやること
    ■■■リレーショナルモデルの基本
    ■■■主キーを決める
    ■■■くり返し項目を別テーブルに切り出す
    ■■■関連の多重度を明らかにする
    ■■■1対多関連を外部キーでモデル化する
    ■■■多対多関連を交差テーブルに変換する
    ■■■1対1関連を取り除く
    ■■■重複して存在する列を削除する
    ■■■ほかの列から計算できる列を取り除く
    ■■■正規形のルールを破っていないかを確認する
    ■■■列に設定するデータ項目の特徴を整理する
    ■■■業務に必要なデータがデータベース化されているかチェックする
    ■■5.4 第3ステップ ‐ 物理設計
    ■■■Oracleがオブジェクトにストレージ領域を割り当てるしくみ
    ■■■物理名を決める
    ■■■列のデータ型、サイズを決める
    ■■■制約を決める
    ■■■インデックスを付ける列を決める
    ■■■テーブル、インデックスのサイズを見積もる
    ■■■オブジェクトを格納する表領域を作成する
    ■■■オブジェクトの所有ユーザーを作成する
    ■■■決定事項を設計書にまとめる
    ■■■SQL(CREATE xxx文)を作成する

    ■第6章 データベース運用/管理のポイントを押さえる
    ■■6.1 データベースにおける運用/管理の重要性
    ■■■適切な運用・管理がされないと問題が発生する
    ■■■データを守る:バックアップ
    ■■■データベースを調整する:メンテナンス
    ■■■データベースが正常に動作しているか見る:監視
    ■■■ネットワーク環境でデータベースを使用する:リモート接続
    ■■■データベースのトラブルに対処する
    ■■6.2 バックアップを取ってデータを守る
    ■■■Oracleのバックアップ機能のしくみ
    ■■■アーカイブログモードで運用する
    ■■■アーカイブログモードへ変更する
    ■■■RMANを使ってオンラインバックアップを取得する
    ■■■オフラインバックアップを取得する
    ■■■バックアップ取得で守るべき4つのポイント
    ■■■バックアップ出力先を設定する
    ■■■アーカイブREDOログファイルをバックアップする
    ■■■定期的にバックアップを取得するしくみをつくる
    ■■■古いバックアップを削除する
    ■■■障害からデータベースを復旧する
    ■■6.3 データベースのメンテナンス
    ■■■OracleがSQLを実行するしくみ
    ■■■オプティマイザ統計情報を収集する
    ■■■テーブルが断片化するまでの流れ
    ■■■テーブルを再編成して断片化を解消する
    ■■■Oracleを構成する初期化パラメータとは
    ■■■初期化パラメータの値を確認する
    ■■■初期化パラメータの値を変更する‐ALTER SYSTEM SET文
    ■■■メモリ関連の初期化パラメータ‐MEMORY_TARGET、SGA_TARGET、PGA_AGGREGATE_TARGET
    ■■■プロセス関連の初期化パラメータ‐PROCESSES
    ■■6.4 データベースを監視する
    ■■■データベース監視の4つの観点
    ■■■OracleやOSの起動状態を監視する‐死活監視
    ■■■OracleやOSのエラーを監視する
    ■■■ストレージの空き状況を監視する
    ■■■OSリソースの使用状況を監視する
    ■■■Oracleのパフォーマンス情報を定期的に取得する
    ■■6.5 ネットワーク環境/本番環境でOracleに接続する
    ■■■ローカル接続とリモート接続
    ■■■リモート接続の全体像とOracleクライアント
    ■■■リスナーを構成する
    ■■■リスナーを起動/停止する‐lsnrctlコマンド
    ■■■サービス登録を構成する
    ■■■クライアントマシンを構成する
    ■■■クライアントのSQL*Plusからデータベースにリモート接続する
    ■■■簡易接続ネーミングメソッド(EZCONNECT)
    ■■■アプリケーションとドライバ
    ■■6.6 トラブルに立ち向かうためには
    ■■■まず、なにが起きているのか確認する
    ■■■ログを確認する
    ■■■My Oracle Supportやインターネット検索を活用する
    ■■■テクニカルサポートに迅速に支援を依頼できる準備をしておく

    ●おわりに
    ●索引
    ●著者略歴
    ●監修者略歴
  • 内容紹介

    データベース製品で世界/国内ともにNo.1のシェアを誇るOracleは、データベースに携わるエンジニアにとって必須知識の1つといえます。本書では、Oracle初心者/新人エンジニアが押さえておくべき知識とスキルを、現場で活躍するOracleエンジニアたちが、わかりやすく丁寧に解説。Oracleの使い方はもちろん、データベースの基礎知識から、データ操作のためのSQL、テーブル設計、データベース運用/管理の基礎までしっかり押さえ、実務で使える入門スキルを身につけられます。
    改訂2版では、最新安定バージョンに合わせて解説をアップデート。今後主流となるコンテナベースのデータベース構成についての解説も強化しました。
    Oracleやデータベースを学びたいすべての人に最適な入門書です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡部 亮太(ワタベ リョウタ)
    Oracle Database製品サポートに従事したのち、現在は企画/技術広報業務およびコーソル全体の技術力向上活動を行う。講演および執筆実績多数。日本で7人しかいないOracle ACE(Oracle Database)の1人。Japan Oracle User Group(JPOUG)共同設立者、ボードメンバー。ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g、11g、12c保有

    舛井 智行(マスイ トモユキ)
    Oracle Databaseに関するサービス(設計/構築/運用)業務を経て、現在は企画&マーケティング部門で取扱製品拡販、プロモーション活動を行う。最近はOracle Databaseでなく、複数DB製品を一元管理できるDatabase Performance Analyzer(DPA)、Oracle SE2向け災害対策製品Dbvisitやデータベース管理製品Toadの拡販に力を入れている

    岡野 平八郎(オカノ ヘイハチロウ)
    独立系ソフトハウスで約4年間DB2、SQL Serverの運用管理を担当した後、スキルアップできる環境があり、行動指針にも共感できたコーソルへ2006年4月に転職。現在はOracle Databaseの技術支援を行う傍ら、チームの「ご意見番」として、蓄積した技術や対応スキルなどを惜しみなくメンバーへ伝えている。ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c(1番乗り)など、保有資格は多数

    峯岸 隆一(ミネギシ リュウイチ)
    2006年コーソルに中途入社後、Oracle製品のサポート業務を経て、現在は企画&マーケティング部門で検証/拡販業務を行う。Oracle Database、SQL Server、PostgreSQLなどの複数DB製品に対応した管理/運用製品を主に担当している。ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g、11g、12c保有

    日比野 峻佑(ヒビノ シュンスケ)
    コーソルへ新卒で入社。Oracle Database製品のサポート業務を経験したのち、現在はVMware製品のサポートに従事。Oracleに次ぐコーソルの柱を築くべく、新部署の拡大に勤しんでいる。趣味は料理。料理で渡伊した異色の経歴を持ち、社内行事ではコーソルの専属シェフとして腕をふるっている。ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g、VMware Certified Implementation Expert VCIX6-DCV、VMware Certified Advanced Professional VCAP7-DTM保有
  • 著者について

    渡部 亮太 (ワタベ リョウタ)
    ●渡部亮太(わたべりょうた)
    Oracle Database製品サポートに従事したのち、現在は企画/技術広報業務およびコーソル全体の技術力向上活動を行う。講演および執筆実績多数。福岡在住。
    日本で7人しかいないOracleACE(Oracle Database)の1人。Japan Oracle User Group(JPOUG)共同設立者、ボードメンバー。
    ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g、11g、12c保有。
    最近の楽しみは11歳の息子とタッチラグビーをすること、ラグビーを観戦すること。日本開催のラグビーワールドカップ2019では、息子と一緒に日本 vs サモアを含む全6戦を観戦した。

    舛井 智行 (マスイ トモユキ)
    ●舛井智行(ますいともゆき)
    Oracle Databaseに関するサービス(設計/構築/運用)業務を経て、現在は企画&マーケティング部門で取扱製品拡販、プロモーション活動を行う。
    最近はOracle Databaseでなく、複数DB製品を一元管理できるDatabase Performance Analyzer(DPA)、Oracle SE2向け災害対策製品Dbvisitやデータベース管理製品Toadの拡販に力を入れている。
    趣味は株とライトノベル。

    岡野 平八郎 (オカノ ヘイハチロウ)
    ●岡野平八郎(おかのへいはちろう)
    独立系ソフトハウスで約4年間DB2、SQL Serverの運用管理を担当した後、スキルアップできる環境があり、行動指針にも共感できたコーソルへ2006年4月に転職。現在はOracle Databaseの技術支援を行う傍ら、チームの「ご意見番」として、蓄積した技術や対応スキルなどを惜しみなくメンバーへ伝えている。
    ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c(1番乗り)など、保有資格は多数。
    趣味はソロスタイルのアコースティックギター。

    峯岸 隆一 (ミネギシ リュウイチ)
    ●峯岸隆一(みねぎしりゅういち)
    2006年コーソルに中途入社後、Oracle製品のサポート業務を経て、現在は企画&マーケティング部門で検証/拡販業務を行う。Oracle Database、SQL Server、Postgre SQLなどの複数DB製品に対応した管理/運用製品を主に担当している。
    ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g、11g、12c保有。
    問題解決するまであきらめない「しつこさ」が武器。趣味はスポーツ観戦。

    日比野 峻佑 (ヒビノ シュンスケ)
    ●日比野峻佑(ひびのしゅんすけ)
    コーソルへ新卒で入社。Oracle Database製品のサポート業務を経験したのち、現在はVMware製品のサポートに従事。Oracleに次ぐコーソルの柱を築くべく、新部署の拡大に勤しんでいる。
    趣味は料理。料理で渡伊した異色の経歴を持ち、社内行事ではコーソルの専属シェフとして腕をふるっている。
    ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g、VMware Certified Implementation Expert VCIX6-DCV、VMware Certified Advanced Professional VCAP7-DTM保有。

    相川 潔 (アイカワ キヨシ)
    ●相川潔(あいかわきよし)
    SIerにてシステム開発(要件定義から実装、運用まで)を経験後、より専門性の高いスキルを習得すべくコーソルへ転職。
    コーソルで10年勤務したのち、合同会社リシテを起業。
    仕事では経営者とエンジニア、家庭では夫と二児の父と複数の立場で奮闘中。好きな食べ物はカキフライ。仕事のモットーは「困ったときこそシンプルに考える」。

    株式会社コーソル (カブシキガイシャコーソル)
    ●株式会社コーソル
    Oracleを中心にデータベースの設計、導入・構築、運用管理、保守・サポート、コンサルティング等、「Oracle Database技術」の強みを活かしたビジネスを展開。「CO-Solutions=共に解決する」の理念のもと、「データベース技術」×「サービス」を軸とし、高い技術をもとにお客様へ“心あるサービス”を提供し続けることにこだわっている。
    ORACLE MASTER Platinum保有者を含む経験豊富なエンジニアがリモートでデータベースの定常業務から障害発生時の対応を24時間365日で行う「リモートDBAサービス」などを展開。東京・福岡・カナダの3拠点ですべて日勤帯で対応するフォロー・ザ・サン体制をとることにより、サービスの安定提供を実現している。

Oracleの基本―データベース入門から設計/運用の初歩まで 改訂2版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:渡部 亮太(著)/舛井 智行(著)/岡野 平八郎(著)/峯岸 隆一(著)/日比野 峻佑(著)/相川 潔(著)/コーソル(監修)
発行年月日:2022/07/29
ISBN-10:429712954X
ISBN-13:9784297129545
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:384ページ
縦:21cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 Oracleの基本―データベース入門から設計/運用の初歩まで 改訂2版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!