リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座―実写的な絵作りのための、人体構造・動作の理解と画面構成テクニック 増補改訂 (描きテク!) [単行本]
    • リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座―実写的な絵作りのための、人体構造・動作の理解と画面構成テクニック 増補改訂...

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003591298

リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座―実写的な絵作りのための、人体構造・動作の理解と画面構成テクニック 増補改訂 (描きテク!) [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2022/08/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座―実写的な絵作りのための、人体構造・動作の理解と画面構成テクニック 増補改訂 (描きテク!) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「走る!」をリアルに描くために16ページ増強!
  • 目次

    Chapter. 01 リアルに描くための人体の仕組み
    Part.01........ 基礎となる8 頭身図のバランス
    Part.02........ 三分割法の男性のバランス
    Part.03........ 三分割法での男女の違い
    Part.04........ 三分割法の女性のバランス
    Part.05........ 頭部のバランス
    Part.06........ 男性の頭部の描き方
    Part.07........ 女性の頭部の描き方
    Part.08........ 顔面を先に描く方法
    Part.09........ 頭部の骨格と筋肉の仕組み
    Part.10......... 歯の描き方に注意
    Part.11......... 頭部の脂肪やたるみの仕組み
    Part.12......... 腕の筋肉の仕組み
    Part.13......... 腕の骨格と筋肉の仕組み
    Part.14......... ひじの作画のポイント
    Part.15......... 鎖骨と胸鎖乳突筋の仕組み
    Part.16......... 肩甲骨の仕組み
    Part.17......... 足の仕組み
    Part.18......... 筋肉の機能別早見表
    Part.19......... 手の仕組み
    Part.20........ 耳の描き方
    Part.21........ シワの仕組み
    Part.22........ イマジネーションだけで描く
    Part.23........ アクションシーンのポイント
    Part.24........ 練習問題

    Special Issue 「走り」の絵を克服しよう!
    Part.01........ 走っている人物を描く
    Part.02........ 忍者の走り方
    Part.03........ 断面をイメージする
    Part.04........ 馬の走りを描く

    Chapter. 02 写実的に描くための画面構成
    Part.01........ 画面が安定する「黄金分割」
    Part.02........ 期待を感じさせる「可能性空間」
    Part.03........ ドラマは望遠レンズが中心
    Part.04........ 実写から見るレンズの特徴
    Part.05........ カメラ位置を考える
    Part.06........ アップの描き方の○と×
    Part.07........ 一点透視は奥行きを圧縮して描く
    Part.08........ パースの描き方の○と×
  • 出版社からのコメント

    人体構造の基礎から、動きがあるように見える絵作りのテクニックまで、人気アニメーターが分かりやすく解説。
  • 内容紹介

    ★『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座 』(漫画の教科書シリーズ)の増補改訂版

    人体構造の基礎から、リアルに見える絵作りのテクニックまで、人気アニメーターの分かりやすい解説でご好評をいただいた『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座 』の増補改訂版。

    「リアルに描くための人体の仕組み」「写実的に描くための画面構成」の2章立てで、実写的な絵作りをするためのノウハウを伝授します。増補改訂版では、2つの章の間に、アクションシーンの基本動作である「走り」のシーンの描き方を新規追加し、「描くものを立体として捉えること」の重要性について解説しています。

    人体の機能についての理解だけでなく、映画のようにレンズを通した際の画面構成や視点についての理解も深まる内容で、
    漫画家やアニメーターはもちろん、カメラマンや映画監督など、絵作りに関わるすべての人に役立つ1冊です。

    ※本書は、『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座 』(2009年7月刊)に、「走り」のシーンの描き方16ページを追加した増補改訂版です。

    ■目次
    Chapter. 01 リアルに描くための人体の仕組み
    基礎となる8 頭身図のバランス/三分割法の男性のバランス/三分割法での男女の違い/三分割法の女性のバランス/頭部のバランス/男性の頭部の描き方/女性の頭部の描き方/顔面を先に描く方法/頭部の骨格と筋肉の仕組み/歯の描き方に注意/頭部の脂肪やたるみの仕組み/腕の筋肉の仕組み/腕の骨格と筋肉の仕組み/ひじの作画のポイント/鎖骨と胸鎖乳突筋の仕組み/肩甲骨の仕組み/足の仕組み/筋肉の機能別早見表/手の仕組み/耳の描き方/シワの仕組み/イマジネーションだけで描く/アクションシーンのポイント/練習問題

    Special Issue 「走り」の絵を克服しよう!
    走っている人物を描く/忍者の走り方/断面をイメージする/馬の走りを描く

    Chapter. 02 写実的に描くための画面構成
    画面が安定する「黄金分割」/期待を感じさせる「可能性空間」/ドラマは望遠レンズが中心/実写から見るレンズの特徴/カメラ位置を考える/アップの描き方の○と×/一点透視は奥行きを圧縮して描く/パースの描き方の○と×

    *****************************************
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西澤 晋(ニシザワ ススム)
    1962年7月9日生まれ、かに座O型。出身:岡山県立津山高校、近畿大学電気工学科中退。アニメとしてはリアルすぎる絵を目指すため作監の仕事とは疎遠だったが、近年『ゴルゴ13』(TV)などで作監の仕事も務める
  • 著者について

    西澤 晋 (ニシザワ ススム)
    1962年7月9日生まれ。岡山県立津山高校、近畿大学電気工学科中退。アニメーターとして活躍。『ヒカルの碁』、『機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER』のなどの監督として活躍する一方で、『ゴルゴ13』(テレビ)で作画監督も務める。

リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座―実写的な絵作りのための、人体構造・動作の理解と画面構成テクニック 増補改訂 (描きテク!) の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:西澤 晋(著)
発行年月日:2022/08/12
ISBN-10:4416522746
ISBN-13:9784416522745
旧版ISBN:9784416609255
判型:B5
発売社名:誠文堂新光社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:192ページ
縦:26cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座―実写的な絵作りのための、人体構造・動作の理解と画面構成テクニック 増補改訂 (描きテク!) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!