遅考術―じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」 [単行本]
    • 遅考術―じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2023年1月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003592798

遅考術―じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」 [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2023年1月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2022/09/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

遅考術―じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書では、遅く考えること―意識的にゆっくり考えることを「遅考」と呼ぶ。それを使いこなす方法こそ、「遅考術」である。レッスンを通じて、思考の間違いを回避し、よりよい思考を生み出す技を身につけよう。豊富な「練習問題」や、先生と生徒たちの「対話」によって、自力で「深い思考」に到達できる。
  • 目次

    はじめに――頭のいい人は、ここぞというとき「遅考」する



    レッスン1 「遅く考える」とは?

    1 遅く考えるコツ――否定から始めてみようじゃないか他



    レッスン2 思考にはふたつのモードがある

    1 二重プロセス理論/2 物体の運動にまつわる直観と熟慮/3 道徳にもふたつの思考のモード



    レッスン3 「人」について、つい思い込んでしまうこと

    1 代表性バイアスと基礎比率の無視/2 代表性バイアスと連言錯誤/3 利用可能性バイアス



    レッスン4 ゆっくり「言葉」を考える

    1 思考の道具としての言語/2 曖昧さの罠/3 言葉の意味から詭弁へ/4 詭弁を見抜く



    レッスン5 科学の歴史は「因果関係」でつくられてきた

    1 原因と結果の関係/2 どうして因果関係は重要なのか?/4 心理状態の推測にも直観と熟慮他



    レッスン6 まぎらわしい因果関係

    1 相関関係とは何か?/2 相関関係との混同を避ける練習/3 基礎比率の無視・再び



    レッスン7 もう、ジレンマで悩まない

    1 ジレンマとは何か?/2 第三の選択肢を探る/3 望ましくない結果を避ける/4 選択そのものをやめる



    レッスン8 超入門・サイエンスの思考法

    1 原因を正しく突き止める/2 対照実験とは何か?他



    レッスン9 仮説の精度がグッと高まる、2つの考え方

    1 ランダムサンプリング/2 サンプルの偏りに注意せよ/3 プラシーボ効果にも注意せよ



    レッスン10 総合演習――怪しい話に惑わされないために

    1 「医療」「健康」にまつわるおかしな主張/2 疑似科学・科学否定(反ワクチン)/3 陰謀論的な思考(ケネディ暗殺事件)/4 思考の「品質保証」
  • 出版社からのコメント

    論理的思考力だけでなく、発想力も高まる「遅く考える」本。豊富な「問い」と、対話形式で誰でも思考力がアップする!
  • 内容紹介

    この書籍は、

    「自分の考えって浅いなぁ...」

    「考えているはずなのに考えている気がしない」

    「自分のあたまでしっかり考えた感覚がほしい」という、

    深く考えられない悩みがある人のためのものです。

    そんな人でも、遅考する(ゆっくり考える)方法を身につけることで、論理的思考力だけでなく発想力も高められます。



    <「遅考」の5大メリット>

    ・ 思考の間違いが起こりやすい場面を理解できる

    ・ 思考に誤りがある可能性に、恐れず向き合える

    ・ よりよいアイデアや仮説を粘り強く考え続けられる

    ・ さまざまな思考ツールが使いこなせる

    ・ 想像力と創造性を発揮して、いろいろな可能性を吟味できる



    <「遅考術」とはどんなもの?>

    1.マイナスをゼロに→思考にエラーが発生しやすい状況や場面を知り、注意できるようになる

    2.ゼロからプラスへ→思考をうまく先へと進め、適切なアイデアや妥当な仮説を導き出すためのコツや方法

    認知の「バイアス」が、1の主なターゲットです。2は「思考ツール」とも言えます。本書では一般的な思考ツールに加えて、科学で用いられる基本的な手立ても、日常的な場面でも使える効果的な思考の道具として紹介します。応用的な話題として、非科学・反科学・陰謀論といった現代的なテーマも扱います。詭弁とジレンマを扱ったレッスン4と7を挟み、飽きずにじっくり頭を働かせられます。



    <本書の特徴>

    その1【豊富な「問い」】

    実際に問題に取り組むと、思考にエラーが発生しやすい場面を実感を伴って理解できます。

    その2【対話形式】

    問題がすぐに解けずとも、対話がヒントになり、限界の少し先まで自力で思考できます。この対話は、実際の遅考プロセスを再構成したもので、その過程や誤答も参考すればさらに思考力が高まります。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    植原 亮(ウエハラ リョウ)
    1978年埼玉県に生まれる。2008年東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術、2011年)。現在、関西大学総合情報学部教授。専門は科学哲学だが、理論的な考察だけでなく、それを応用した教育実践や著述活動にも積極的に取り組んでいる
  • 著者について

    植原 亮 (ウエハラリョウ)
    植原 亮(うえはら りょう)

    1978年埼玉県にうまれる。2008年東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術、2011年)。現在、関西大学総合情報学部教授。専門は科学哲学だが、理論的な考察だけでなく、それを応用した教育実践や著述活動にも積極的に取り組んでいる。

    著書に『思考力改善ドリル』(勁草書房、2020年)『自然主義入門』(勁草書房、2017年)、『実在論と知識の自然化』(勁草書房、2013年)、『生命倫理と医療倫理 第3版』(共著、金芳堂、2014年)、『道徳の神経哲学』(共著、新曜社、2012年),『脳神経科学リテラシー』(共著、勁草書房、2010年)、『脳神経倫理学の展望』(共著、勁草書房、2008年)ほか。訳書:T・クレイン『心の哲学』(勁草書房、2010年)、P・S・チャーチランド『脳がつくる倫理』(共訳、化学同人、2013年)ほか。

遅考術―じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:植原 亮(著)
発行年月日:2022/08/30
ISBN-10:4478115419
ISBN-13:9784478115411
判型:A5
発売社名:ダイヤモンド社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:272ページ
縦:21cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 遅考術―じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!