幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本]

販売休止中です

    • 幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003593685

幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
日本全国配達料金無料
出版社:清文堂出版
販売開始日: 2022/07/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本] の 商品概要

  • 目次

     〈プロローグ〉なぜ書名が『幻の鎌倉執権三浦氏』なのか

    第一章 実朝暗殺から承久の乱へ

      三浦義村と鎌倉殿三寅の迎立/後鳥羽の院宣の思惑

    第二章 三浦義村と京都政界

      三浦義村と新天皇の擁立/院御廐司・西園寺家と三浦氏/三浦義村の鎌倉殿三寅の改姓申請の意義/三浦義村の人事介入と周旋/三浦義村の「遏絶」は道家の関白職を指すのか

    第三章 三浦一族の芸能と仏法界

      三浦義村と仏教界/三浦光村の芸能

    第四章 三浦一族の海上ネットワーク

      日本列島にみる三浦一族の所領/若狭守三浦泰村と能登守光村/駿河守三浦義村/遠江国笠原荘の地頭佐原義連と遠州灘における築港/紀伊守護佐原義連と八事裏山窯瓦/紀伊守護佐原義連と熊野別当/紀伊守護佐原家連の支配/肥前守佐原家連と僧俊芿/紀伊守護佐原家連と南部湾築港/紀伊守護佐原家連と熊野海賊/和泉守護佐原義連/淡路守は三浦義村か/讃岐守護三浦義村/土佐守護三浦義村/大隅守三浦重隆/小 括


    第五章 南宋貿易の掌握

      三浦泰村と筑前国宗像社領/宗像社大宮司と三浦氏/三浦氏の南宋貿易と鐘御崎・和賀江嶋の築港/三浦氏惣家滅亡と大宮司宗像氏

    第六章 幻の執権三浦氏の軌跡

      序/後嵯峨の譲国と九条道家の画策・六条宮擁立/九条道家と二男関白良実との確執/北条経時の卒去と宮騒動/三浦泰村の宮騒動の周旋と九条道家の起請文/宮騒動と九条道家の二度目の起請文/六条宮と名越氏/三浦氏と久我家と六条宮/猛将らによる北条氏調伏と入道頼経の追却/九条道家の三度目の起請文/三浦光村を将軍頼嗣の後見として帰洛か/三浦執権とする密約と三浦氏滅亡/九条道家と三浦氏が目指した身分秩序の正当性とその行方

    第七章 三浦氏残党の余執

      建長騒動と三浦の了行法師/弘長騒動と三浦の良賢律師/小 括


    第八章 矢部禅尼と宝治の乱

      三浦義村の娘矢部禅尼/北条泰時との婚儀/矢部禅尼の改嫁/佐原家女家長・矢部禅尼の差配/宝治の乱後の佐原三兄弟の位置/悲田院の尭蓮上人

     おわりに
     あとがき
     参考文献


    附 録 日本地図に落とした「鎌倉期における三浦一族の海上ネットワーク」の出典

     人名索引
  • 出版社からのコメント

    長年三浦半島の主として君臨し、北条氏以上に京都要人やその文化・芸能とも親しんでいた三浦氏惣家が一日にして滅びた背景を探る。
  • 内容紹介

    三浦半島を本拠として全国にその支配を広げ、公家と親交する中で仏法界や芸能界に入り込み、列島規模で海上交通を掌握した三浦氏。しかし九条道家による三浦氏を執権とする企てが発覚し、北条氏の外戚安達氏によって戦いを仕掛けられ、三浦氏惣領泰村以下は源頼朝の法華堂で自決した。この合戦で三浦義村の娘・矢部禅尼の子らが北条氏について生き残り、三浦氏の血統を伝えていく。
  • 著者について

    鈴木 かほる (スズキ カホル)
    ◎鈴木かほる(すずき かほる)…………神奈川県生まれ 國學院大學文学部卒業 瑞宝単光章受賞

幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:清文堂出版
著者名:鈴木かほる(著)
発行年月日:2022/07
ISBN-10:4792415071
ISBN-13:9784792415075
判型:A5
発売社名:清文堂出版
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:216ページ
他の清文堂出版の書籍を探す

    清文堂出版 幻の鎌倉執権三浦氏-関白九条道家凋落の裏側 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!