初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本]
    • 初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月22日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003595350

初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月22日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本評論社
販売開始日: 2022/09/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    常に「裁判官の良心」を貫いてきた。市民のための司法、少数者保護のための司法を実現するため、真摯に裁判と向き合い、青法協、全国裁判官懇話会、裁判官ネットワークにも積極的に参加した元裁判官、珠玉の著述集。
  • 目次

    はしがき

    ▼第1章 森野裁判官の半生

    23期裁判官としてともかくも生き延びて

    ▼第2章 サイクル裁判官の四季だより

    1 「現場」が好き
    ――足でかせぐ事実審理
    2 裁判官にとっても、事実認定は難しいのです。
    3 調停室に届いた知らせ
    4 少年よ、裁判官もつらいんよ
    5 夫婦って何だろう
    ――離婚調停に見る人生模様
    6 雌伏のとき、至福のとき
    ――三たび「再任」されて
    7 裁判官をめぐる二、三の本について
    ――夏休みの読書から
    8 裁判官の北欧裁判ウオッチング
    9 出発(たびだち)は「フォロー・ミー」から
    ――映画も好き、駄洒落も大好き
    10 電車通勤もまた楽し
    11 家裁が変わる、裁判官も変わる!
    12 阿倍野からバンコクへの旅
    ――三島由紀夫『豊饒の海』を携えて
    13 裁判官とブラウン管
    14 和歌山から京都へ
    15 胸ドキドキのテレビ生出演
    16 近ごろ京都が騒がしい
    17 「遺産」をめぐる冒険
    18 これからの裁判官

    ▼第3章 少年事件のこと

    少年事件を振りかえって

    ▼第4章 家事事件の現在問題

    1 一歩前になかなか出ない最高裁
    ――夫婦同姓合憲判決はどう考えても納得できない

    2 面会交流調停・審判の運用はどのようになされるべきか
    ――やや随想的に(元裁判官の感想的意見)

    ▼第5章 市民参加

    1 現職裁判官が語る裁判員制度(講演)
    2 「裁判員制度」の制度設計はいかになされるべきか
    ――裁判官と市民の実質的協働を目指して

    ▼第6章 裁判官

    1 キャリア擁護論に対する若干の意見
    ――現職裁判官からみたキャリアシステムの問題点
    2 裁判官人事評価制度の見直しについての一意見
    ――特に評価権者と不服申立てをめぐって

    ▼第7章 日本国憲法と裁判官

    1 元裁判官の目に映る、日本国憲法と裁判官の現状
    2 「一票の格差訴訟」どう考えるか
    ――裁判官として同選挙訴訟に二度関わって

    ▼第8章 出会った人々

    1 裁判官としての守屋先生
    ――守屋先生を偲んで
    2 姉貴分としての石渡さん
    3 石松さんとつかず離れずの約四七年
    ――故 石松竹雄先生(二期)

    あとがき
  • 出版社からのコメント

    「裁判官の良心」を胸に秘め、裁判のあり方と裁判所の民主的改革を実現するために初心を貫き通した40年間の軌跡。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森野 俊彦(モリノ トシヒコ)
    1946年大阪市旭区生まれ。1969年大阪大学法学部卒業。第23期司法修習生。1971年裁判官任官。大阪地裁判事補を皮切りに転勤生活、主として西日本の裁判所に勤務。2011年9月福岡高等裁判所部総括判事を最後に退官。担当職務はおおよそ民事20年、刑事10年、家事・少年10年。裁判官時代、一貫して中道左派の途を歩んだつもりであったが、最後はかなりレフト寄りになってしまったかもしれない(私は不動、裁判所が右にシフトしたせいと思っている)。退官後、私立大学のロースクールで「要件事実」を教えるなどしたのち、2013年12月弁護士登録(大阪弁護士会)。もっぱら「マチ弁」としてごく普通の事件を手掛けるが、依頼者から紛争の中身を直に聴くことの楽しさ、時に「むつかしさ」を味わう。一方、裁判官を辞めて11年になろうとするが、裁判所のことがまだまだ気にかかる。少数者の権利擁護に懸命な若い裁判官が少数者にならぬことを切に願う
  • 著者について

    森野 俊彦 (モリノ トシヒコ)
    弁護士、元裁判官

初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本評論社
著者名:森野 俊彦(著)
発行年月日:2022/09/10
ISBN-10:4535526303
ISBN-13:9784535526303
判型:B6
発売社名:日本評論社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:378ページ
縦:19cm
他の日本評論社の書籍を探す

    日本評論社 初心―「市民のための裁判官」として生きる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!