出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) [全集叢書]
    • 出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) [全集叢書]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003595903

出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) [全集叢書]

  • 5.0
価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2022/08/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    古代より中国・四国地方は、大陸への窓口である九州と近畿とをつなぐ、人や文物、情報が往来する回廊であった。山陰、瀬戸内海の南北岸、太平洋岸の回廊が3本並び、気候や地形も違う。この多様さが、密に込み入った歴史を形成したのである。特定の地域名を象徴的に意識しつつ、古墳や国府のような列島共通のテーマと、弥生墳丘墓、鉄生産、古代山城、出雲大社など地域に顕著なテーマとを往復しながら、日本列島古代の歴史像を多面的に浮き彫りにする。
  • 目次

    1章 山陰・瀬戸内・土佐 松木武彦
    2章 製鉄技術の開発と普及を担った中国地方──古墳~奈良時代を中心に 村上恭通
    3章 弥生墳丘墓と巨大古墳 新納 泉
    4章 国府と鋳銭司 加藤友康
    5章 古代の出雲──出雲大社、風土記、そして境界への認識 大日方克己
    6章 瀬戸内の古代山城 亀田修一
    ESSAY 「出雲大社」の古代的断想 千家和比古


    ◆シリーズ地域の古代日本 刊行予定(全6巻)
    東アジアと日本
    陸奥と渡島
    東国と信越
    畿内と近国
    出雲・吉備・伊予
    筑紫と南島
  • 出版社からのコメント

    中国・四国地方は、古代より人や文物や情報が往来する「回廊」であった
  • 内容紹介

    古代より中国・四国地方は、大陸への窓口である九州と近畿とをつなぐ、人や文物、情報が往来する回廊であった。山陰、瀬戸内海の南北岸、太平洋岸の回廊が3本並び、気候や地形も違う。この多様さが、密に込み入った歴史を形成したのである。特定の地域名を象徴的に意識しつつ、古墳や国府のような列島共通のテーマと、弥生墳丘墓、鉄生産、古代山城、出雲大社など地域に顕著なテーマとを往復しながら、日本列島古代の歴史像を多面的に浮き彫りにする。

    1章 山陰・瀬戸内・土佐 松木武彦
    2章 製鉄技術の開発と普及を担った中国地方──古墳~奈良時代を中心に 村上恭通
    3章 弥生墳丘墓と巨大古墳 新納 泉
    4章 国府と鋳銭司 加藤友康
    5章 古代の出雲──出雲大社、風土記、そして境界への認識 大日方克己
    6章 瀬戸内の古代山城 亀田修一
    ESSAY 「出雲大社」の古代的断想 千家和比古

    図書館選書
    中国・四国地方は、古代から人や文物や情報がさかんに往来する回廊であった。製鉄技術の開発、弥生墳丘墓と巨大古墳、国府と鋳銭司、古代出雲、瀬戸内の古代山城など、多様なテーマで当地方の古代像を描く。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉村 武彦(ヨシムラ タケヒコ)
    1945年生。明治大学名誉教授。日本古代史

    川尻 秋生(カワジリ アキオ)
    1961年生。早稲田大学文学学術院教授。日本古代史

    松木 武彦(マツギ タケヒコ)
    1961年生。国立歴史民俗博物館教授。総合研究大学院大学教授。日本考古学
  • 著者について

    吉村 武彦 (ヨシムラ タケヒコ)
    1945年生。明治大学名誉教授。日本古代史。『日本古代の社会と国家』(岩波書店)、『日本古代の政事と社会』(塙書房)、『大化改新を考える』(岩波新書)、『新版 古代天皇の誕生』(角川ソフィア文庫)など。

    川尻 秋生 (カワジリ アキオ)
    1961年生。早稲田大学文学学術院教授。日本古代史。『古代東国史の基礎的研究』(塙書房)、『日本古代の格と資財帳』(吉川弘文館)、『平安京遷都』(岩波新書)、『坂東の成立』(吉川弘文館)など。

    松木 武彦 (マツギ タケヒコ)
    1961年生。国立歴史民俗博物館教授・総合研究大学院大学教授。日本考古学。『古墳とはなにか―認知考古学からみる古代』(角川選書)、『人はなぜ戦うのか―考古学からみた戦争』(中公文庫)、『全集日本の歴史 1 列島創世記』(小学館)、『美の考古学』(新潮選書)など。

出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:吉村 武彦(編)/川尻 秋生(編)/松木 武彦(編)
発行年月日:2022/08/29
ISBN-10:4047036986
ISBN-13:9784047036987
判型:B6
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:264ページ
縦:19cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 出雲・吉備・伊予―シリーズ地域の古代日本(角川選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!