Microsoft Power Platformローコード開発「活用」入門―現場で使える業務アプリのレシピ集 [単行本]
    • Microsoft Power Platformローコード開発「活用」入門―現場で使える業務アプリのレシピ集 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月7日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003599756

Microsoft Power Platformローコード開発「活用」入門―現場で使える業務アプリのレシピ集 [単行本]

春原 朋幸(監修)曽我 拓司(監修)FIXER(著)
価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月7日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2022/09/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

Microsoft Power Platformローコード開発「活用」入門―現場で使える業務アプリのレシピ集 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    Power Apps,Power Automate,Power BIの基本から解説。
  • 目次

    ■■■Chapter 1 Power Platform入門
    ■■1-1 Power Platformでできること
    ■■1-2 Power Platformを構成するサービス
    ■Power Apps
    ■Power Automate
    ■Power BI
    ■Power Virtual Agents
    ■Dataverse
    ■AI Builder
    ■■■Chapter 2 アプリ開発環境の準備
    ■■2-1 Power Platformの利用環境
    ■■2-2 ビジネスアプリ開発の流れ
    ■データソース
    ■■■Chapter 3 キャンバスアプリ開発の基本
    ■■3-1 Power Appsを使うためには
    ■Power Appsメーカーポータル
    ■各サービスを利用する手順
    ■■3-2 キャンバスアプリ開発の基本的な流れ
    ■空のアプリを作成する
    ■Power Apps Studioの画面構成
    ■アプリの自動保存を設定する
    ■画面にコントロールを配置する
    ■コントロールにアクションを加える
    ■■3-3 データの接続と利用
    ■SharePointリストの場合
    ■Dataverseの場合
    ■■3-4 キャンバスアプリの公開と共有
    ■アプリの公開
    ■アプリの共有
    ■アプリへのアクセスリンクの確認方法
    ■■■Chapter 4 作業報告アプリ
    ■■4-1 作成するアプリの概要
    ■■4-2 データからアプリを自動生成する
    ■■4-3 プレビューする
    ■■4-4 カスタマイズする
    ■一覧表示画面に項目名の表示を追加する
    ■一覧データのタイトルをわかりやすくする
    ■詳細画面に項目を追加する
    ■■4-5 公開する
    ■アプリを公開する
    ■スマホにPower Apps Mobileアプリをインストールする
    ■アプリを動かしてみる
    ■■■Chapter 5 メールの添付ファイルを自動格納するアプリ
    ■■5-1 作成するアプリの概要
    ■添付ファイルの格納場所
    ■■5-2 トリガーとアクション
    ■トリガー
    ■アクション
    ■■5-3 Power Automateでフローを作成する
    ■自動化したクラウドフロー
    ■トリガー「新しいメールが届いたとき(V3)」の設定
    ■アクション「ファイルの作成」の設定
    ■アクション「メールの送信」の設定
    ■■5-4 エラーチェックと動作確認
    ■フローチェッカー
    ■フローの有効化
    ■動作確認
    ■■5-5 業務で利用するには
    ■ファイル名の命名や制限
    ■添付ファイルの振分フォルダを複数定義
    ■■■Chapter 6 データ情報集約・可視化アプリ
    ■■6-1 作成するアプリの概要
    ■Power BI
    ■■6-2 環境を準備する
    ■使用するExcelファイル
    ■SharePointの準備
    ■Power BI Desktopをセットアップする
    ■Power BI Serviceを設定する
    ■■6-3 Excelのデータを取り込む
    ■Power BIとSharePointを接続する
    ■複数の営業拠点のデータを結合する
    ■データ型を定義する
    ■■6-4 Power BIのレポートで可視化する
    ■■6-5 Power BI Serviceで共有する
    ■Power BI Serviceにレポートを共有する
    ■更新のスケジュールを設定する
    ■■■Chapter 7 帳票出力アプリ
    ■■7-1 作成するアプリの概要
    ■■7-2 データソース(Excel)を用意する
    ■ExcelファイルをPower Automateで操作する際の注意
    ■■7-3 ひな形(Word)を作成する
    ■Wordに開発タブを表示する
    ■テキストコンテンツコントロールを設定する
    ■■7-4 SharePointにファイルを配置する
    ■■7-5 Power Automateでクラウドフローを作成する
    ■Excelコネクタでデータを取得する
    ■取得したデータを1行ずつWordファイルに書き出して保存する(繰り返
    し設定)
    ■WordファイルをPDFファイルに変換する
    ■■7-6 繰り返しコントロールで改良する
    ■ひな形(Wordファイル)に繰り返しコントロールを設定する
    ■データソースの中の繰り返す部分を切り出す
    ■クラウドフローを複製する
    ■クラウドフロー上で繰り返し要素を配列として設定する
    ■■Column 別のデータソースを使う方法
    ■■Column 繰り返し処理の速度を向上する方法
    ■■■Chapter 8 請求書OCRアプリ
    ■■8-1 作成するアプリの概要
    ■■8-2 AI Builderで請求書を学習させたAIモデルを作る
    ■新しいAIモデル(フォーム処理)を作成する
    ■抽出する情報を選択する
    ■教師データを指定する
    ■読み取りたい場所を選択する
    ■トレーニングする
    ■テストする
    ■■8-3 Power AppsからAIを利用する
    ■Power Appsのキャンバスアプリを新規作成する
    ■フォームプロセッサを追加する
    ■フォームプロセッサの結果を表示するラベルを追加する
    ■テストする
    ■■■Chapter 9 SNSポジネガ調査アプリ
    ■■9-1 作成するアプリの概要
    ■■9-2 ツイートを格納・集計するExcelファイルを準備する
    ■Excelファイルを格納するSharePointフォルダを作成する
    ■■9-3 Power Automateのクラウドフローを作成する
    ■トリガー「新しいツイートが投稿されたら」を作成する
    ■現在の時刻を取得する
    ■AI Builderを利用した感情分析フローを作成する
    ■Excelにデータを格納する
    ■テストする
    ■既存フローから新しいフローを作成する
    ■■9-4 Power Appsからキャンバスアプリを作成する
    ■データソースを追加する
    ■アプリで利用する画像をアップロードする
    ■画面に配置する
    ■■Column キャンバスアプリに印刷機能を搭載する
    ■■■Chapter 10 問い合わせフォーム
    ■■10-1 作成するアプリの概要
    ■■10-2 Dataverseでテーブルとフォームを作成する
    ■テーブルを作成する
    ■フォームを作成する
    ■■10-3 Power Appsポータルのページを作成する
    ■ポータルを作成する
    ■ページを作成する
    ■フォームを設置する
    ■■10-4 Power Automateでメール自動送信のフローを作成する
    ■フローが実行されるトリガー
    ■メール送信
    ■■10-5 問い合わせ一覧ページを作成する
    ■ビューを作成する
    ■一覧表示ページを作成する
    ■■10-6 該当ページへのアクセス制御
    ■■■Chapter 11 案件管理アプリ①
    ■■11-1 作成するアプリの概要
    ■■11-2 案件管理アプリの作成(基本編)
    ■案件データの保存先であるDataverseテーブルを作成する
    ■案件一覧画面を作成する
    ■案件登録画面を作成する
    ■モデル駆動で案件管理アプリを自動生成する
    ■■11-3 案件管理アプリの作成(応用編)
    ■取引先企業と取引先担当者のページを追加する
    ■■11-4 プロセスを順守させる業務プロセスフローを作成する
    ■動作確認
    ■■■Chapter 12 案件管理アプリ②
    ■■12-1 案件分析ダッシュボードを作成する
    ■案件分析用サンプルデータを準備する
    ■案件データを取得・変換する
    ■案件分析ダッシュボードを利用する
    ■■12-2 取引先登録諾否ワークフローを作成する
    ■自動化したクラウドフローを作成する
    ■トリガーを設定する
    ■アクションを設定する(諾否依頼)
    ■アクションを設定する(諾否結果に基づくアクションの分岐)
    ■テストする
    ■■■Chapter 13 案件管理アプリ③
    ■■13-1 見積管理を作成する帳票関連のアプリ
    ■■13-2 見積書を作成する
    ■■13-3 案件管理アプリと見積作成アプリの連携設定
    ■■13-4 見積書をExcelファイルに出力する
    ■■Column Slack/Teamsとのメッセージ連携
    ■■■Appendix 1 アプリ開発環境の準備
    ■■A1-1 サインアップが必要なサービス
    ■Office E5試用版のサインアップ
    ■Power Apps試用版のサインアップ
    ■Dataverseのセットアップ
    ■AI Builder試用版のサインアップ
    ■■■Appendix 2 コンポーネントの作り方と使い方
    ■■A2-1 コンポーネントとは
    ■■A2-2 コンポーネントを作成する
    ■キャンバスアプリを作成する
    ■ヘッダーのコンポーネントを作成する
    ■単数行のテキスト入力コンポーネントを作成する
    ■複数行のテキスト入力コンポーネントを作成する
    ■■A2-3 作成したコンポーネントを利用する
    ■ヘッダーの場合
    ■テキスト入力の場合
  • 内容紹介

    Microsoft Power Platformは「Power Apps」「Power Automate」「Power BI」「Power Virtual Agents」から構成され、「Office 365」「Microsoft Azure」などと接続できるビジネスプラットフォームです。本書ではPower Platformの導入を考える情報システム担当者、プログラミングの知識はないけれど業務のアプリ化・作業の自動化を行いたいビジネスパーソンなどの方に向けて、各サービスの基礎から具体的なアプリの作成方法までをサンプルアプリのレシピとして解説します。「メール添付ファイルの自動格納」「帳票出力」など、普段の業務をノーコード/ローコードでアプリ化しましょう! なお、Officeライセンスがない方も評価版(1ヵ月有効)でアプリ開発を試すことができます。

Microsoft Power Platformローコード開発「活用」入門―現場で使える業務アプリのレシピ集 の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:春原 朋幸(監修)/曽我 拓司(監修)/FIXER(著)
発行年月日:2022/09/15
ISBN-10:4297130041
ISBN-13:9784297130046
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:353ページ
縦:21cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 Microsoft Power Platformローコード開発「活用」入門―現場で使える業務アプリのレシピ集 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!