ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 [単行本]

販売休止中です

    • ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003603287

ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
日本全国配達料金無料
出版社:その他
販売開始日: 2022/07/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 の 商品概要

  • 内容紹介

    写真家が妻へ贈った48の手紙が静かに伝える「本当に大切なこと」
    エッセイでもない、日記でもない。それは、妻と子へあてた48通のラブレター。 

    子育て情報サイト「ninaru ポッケ」で、2018年から続いている幡野広志さんの連載『僕は癌になった。妻と子へのラブレター。』 その第1回から第48回までを、写真とともに一冊の書籍にまとめました。

     治らないがんを宣告された写真家が、日々の暮らしの中で思い、考え、伝えて続けているのは、自分たち家族のありかたは、他の誰にも振り回されることなく、自分たちで決めようということ。
     
     育児、仕事、お金、遊び、友人、病気、旅行、家族、食事。私たちの毎日は様々な選択の連続です。その選択一つ一つを、自分できちんと考え、自分で決めよう。限られた時間、残された時間の使い方を、習慣や世間体などに惑わされず、自分の意志で選び取ろう。それが自由で豊かな人生につながるのだ。幡野さんはそう繰り返し言います。
     一人の夫・父親が妻と子に送る切実な言葉は、子育てから生き方にまで広がり、その個人的な言葉はやがて普遍的なものとして、私たちの胸の深くまで飛び込んできます。

    手触りのよい白い紙を使用した仮フランス装表紙に、万年筆のインクを思わせる濃紺色の活版印刷をほどこし、手紙のような一冊が出来上がりました。
    プレゼントにもぴったりな、宛名シールが付いています。

    装丁は白い立体のデザイナー・𠮷田昌平、編集は『伴走者』『どこでもない場所』などで知られる作家、浅生鴨が担当しています。

    図書館選書
    エッセイでもない、日記でもない。それは、妻と子へあてた48通のラブレター。 
    子育て情報サイト「ninaru ポッケ」での連載『僕は癌になった。妻と子へのラブレター。』を写真とともに一冊の書籍にま…
  • 著者について

    幡野広志 (ハタノ ヒロシ)
    1983年 東京生まれ。写真家。元狩猟家、血液がん患者。2004年日本写真芸術専門学校中退。2010年広告写真家高崎勉氏に師事。2011年独立、結婚。2012年狩猟免許取得。2016年息子誕生。2017年多発性骨髄腫を発病。著書に『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』(ポプラ社)、『写真集』(ほぼ日)、『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP)、『なんで僕に聞くんだろう。』『他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。』(ともに幻冬舎)がある。

ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ネコノス
著者名:幡野広志(著)
発行年月日:2022/07
ISBN-10:4910710043
ISBN-13:9784910710044
判型:A5
発売社名:ネコノス
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:240ページ
縦:22cm
横:13cm
重量:290g
他のその他の書籍を探す

    その他 ラブレター-写真家が妻と息子へ贈った48通の手紙 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!