冬の狩人 [新書]
    • 冬の狩人 [新書]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003606198

冬の狩人 [新書]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2022/08/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

冬の狩人 [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新宿署の刑事・佐江は、警察の不祥事に関わり自らも死の縁に立った事件を経て、退職を決意していた。そんなとき、所轄違いのH県警捜査一課から、3年前に起きた未解決事件への捜査協力を求められる。なんでも、行方不明だった重要参考人が、「佐江の護衛さえあれば出頭する」とメールを寄越したというのだ。“重参”の名は阿部佳奈。面識すらない女が、なぜ無頼な中年刑事である自分を頼りにするのか?罠か、事件解決への糸口か。ただ真実だけを求めて、佐江はH県に向かう―。
  • 内容紹介

    「警察を辞めようと思っていた。あんたが俺を指名してくるまで」未解決事件に関わる一本のメールが、新宿の一匹狼を戦場に引き戻す。警察小説の金字塔。極上のノンストップエンターテインメント!新宿署のマル暴・佐江は、警察の不祥事に関わり自らも死の淵に立ったことで、退職を決めていた。そんな時、管轄外のH県警捜査一課から、3年前に起きた未解決事件の捜査に手を貸してほしいと要請される。なんでも、行方不明だった重要参考人からメールが届き、「佐江の護衛さえあれば出頭する」と申し出があったというのだ。”重参”の名は阿部佳奈。面識すらない女が、なぜ無頼な中年刑事である自分を指名するのか? 罠か、事件解決への糸口か――。H県警の新米刑事・川村の案内で、佐江はH県に向かう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大沢 在昌(オオサワ アリマサ)
    1956年、愛知県名古屋市生まれ。79年「感傷の街角」で第1回小説推理新人賞を受賞しデビュー。91年「新宿鮫」で第12回吉川英治文学新人賞と第44回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。94年「無間人形 新宿鮫4」で第110回直木賞、2014年「海と月の迷路」で第48回吉川英治文学賞など受賞多数

冬の狩人 [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:大沢 在昌(著)
発行年月日:2022/08/25
ISBN-10:4344009401
ISBN-13:9784344009400
判型:新書
発売社名:幻冬舎
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:464ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 冬の狩人 [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!