埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]
    • 埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]

    • ¥74845ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003610700

埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:45ポイント(6%還元)(¥45相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/11/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    首都のベッドタウンとして栄える東南部から、豊かな自然を誇る西部、農業の盛んな北部まで様々な顔を持つ埼玉県のご当地怪談。廃集落を訪れてから手のひらに浮かび始めた不気味な痣。同時に次々と不幸が…岳集落(秩父市)、鬼婆伝説と言えば福島県の安達ケ原が有名だが、埼玉県の足立ヶ原にも同じ伝説が存在する。大宮公園近くに現れる着物姿の女の恐怖…黒塚の鬼婆(さいたま市)、人柱伝説が残る地に栄える資産家一族。だが、本家以外の親族は水絡みで死ぬ者が絶えず…人柱(羽生市)、道端で紙袋を被って蹲る男。袋が透けて中に見えたのは…顔振峠(飯能市と越生町)他、全21話収録!
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    岳集落(秩父市);人柱(羽生市);ブラックホール(秩父郡長瀞町);池にいるもの(戸田市);納骨堂(県内某所);第二町谷踏切(桶川市);うしろ(川口市);鼻番の顛末(和光市);赤い線(川越市);顔振峠(飯能市と越生町);吉見百穴(比企郡吉身町);学校の屋上(入間市);丸山公園の怪(上尾市);黒塚の鬼婆(さいたま市);秋ケ瀬公園怪異譚;苔不動尊(秩父郡長瀞町);隊舎の出来事(朝霞市);正丸峠(飯能市~秩父郡横瀬町);正丸トンネル(秩父郡横瀬町);会議室(さいたま市);不老川(所沢市)
  • 出版社からのコメント

    埼玉県在住、占い師として地域の噂話も良く入ってくるという著者が地元の心霊スポット、怪奇事件を徹底調査。埼玉県のご当地怪談!
  • 内容紹介

    さいたま市在住。
    「占い師」と「怪談蒐集家」
    二つの顔を持つ著者が地元の怪を徹底取材!

    【さいたま市大宮区】
    大宮公園周辺に潜む鬼婆
    【秩父市】
    手に呪いの痣を受ける廃集落
    【羽生市】
    水で死ぬ一族と人柱伝説の因果
    【上尾市】
    連鎖する首吊りの木
    【戸田市】
    餓鬼の群れが押し寄せる家
    【朝霞市】
    駐屯地に出る首無し武者
    ……ほか

    首都のベッドタウンとして栄える東南部から、豊かな自然を誇る西部、
    農業の盛んな北部まで様々な顔を持つ埼玉県のご当地怪談集。

    ・廃集落を訪れてから手のひらに浮かび始めた不気味な痣。同時に次々と不幸が…岳集落(秩父市)
    ・埼玉県足立ヶ原の鬼婆伝説。大宮公園近くに現れる着物姿の女の恐怖…黒塚の鬼婆(さいたま市)
    ・人柱伝説が残る地に栄える資産家一族。だが、本家以外の親族は水絡みで死ぬ者が絶えず…人柱(羽生市)、
    ・道端で紙袋を被って蹲る男。袋が透けて中に見えたのは…顔振峠(飯能市と越生町)他、全21話収録!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    幽木 武彦(ユウキ タケヒコ)
    占術家、怪異蒐集家。算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々を送る
  • 著者について

    幽木 武彦 (ユウキ タケヒコ)
    幽木武彦 Takehiko Yuuki
    さいたま市占術家、怪異蒐集家。算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。
    朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々を送る。
    トラウマ的な恐怖体験は23歳の冬。ある朝起きたら難病患者になっており、24時間で全身が麻痺して絶命しそうになったこと。
    退院までに、怖い病院で一年半を費やすホラーな青春を送る。
    中の人、結城武彦が運営しているのは「結城武彦/幽木武彦公式サイト(https://www.takehiko-yuuki.com/)」。
    既著に『算命学怪談 占い師の怖い話』『怪談天中殺 占い師の怖い話』『忌神怪談 占い師の怖い話』(竹書房)がある。
    現在noteにて、「幽木武彦の算命学で怪を斬る!」を連載中。

埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:幽木 武彦(著)
発行年月日:2022/12/07
ISBN-10:4801933475
ISBN-13:9784801933477
判型:文庫
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:135g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 埼玉怪談(竹書房怪談文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!