コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本]
    • コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003612274

コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:自由国民社
販売開始日: 2022/08/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「コロナ禍」も「戦争」も「巨悪」は合法的に造られている!グローバルビジネスを知り尽くした世界での常識。その現実と真実と次にやって来るものの正体を解き明かす。その全貌を記し尽した究極の1冊、遂に発刊!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    コロナ禍のモヤモヤを晴らす
    ウイルスを怖がる前に知ってほしいこと
    ウイルスは遺伝子の運び屋
    パンデミックの大本命「高病原性」インフルエンザ
    病原性ウイルスは他の動物からやってきた
    疫病は文明の黄昏時にやってくる
    感染症免疫のいろは
    ワクチンの真実
    新型コロナウイルスのまとめ
    新型コロナウイルスの起源
    結局、コロナ禍とは何なのか
    補足 「常識」という思い込みを捨てると見えはじめる「真実の世界」
  • 内容紹介

    方々に集中しているにも関わらず、丸2年半の長期に亘り、連日、トップニュースとして流され大騒ぎを続けているコロナ禍の現実。また、ワクチン接種を同調圧で進めていく姿勢や、その効果に疑問をもつ人たちが日毎に増える世相」に明快な回答を示し、その真意に警鐘を鳴らすために書かれた「調査報道」の書となります。
    著者は、自身の白血病を克服するために少年期より海外の医学書を読み解き、大阪大学理学部生物学科に入学し分子遺伝学や細胞生理学を学んだ後、三菱商事バイオ医薬品部門で新薬やワクチンの研究開発業務に携わり、国際医療ビジネスの最先端に身を置くプロフェッショナルとして、この業界の実態と真実を体現する道を歩んできました。医師や研究者の方々が執筆したコロナ本が、多数、出版されてきましたが、日本の医師らに偏った情報を提供する海外の巨大医療産業の正体を知り抜き、本書では、その実態の一部を明らかにしていきます。そういう意味でも、本書は、これまでの「コロナ本」とは一線を画した視点から、コロナ禍の正体と真実を解き明かす情報の質と量でも他書を圧倒しています。
    著者は、「この世界に陰謀は存在しない。すべては公開され、堂々と行われている」ことを明言します。コロナ禍に関する多種多様で膨大な情報量の中から、丹念にひとつひとつの事実に焦点を当てて一般読者の方々にもわかり易いストーリーと、数多くのコラム集に分けて論旨を進めていき、その事実と正体、次の標的を明快に解き明かしていきます。
    例えば、厚生労働省が毎年公表する「人口動態統計」資料を解析した結果、コロナ元年の2020年と前年の月別死亡数は例年とほぼ一致しており、この国では危険なウイルスが猛威をふるったという事実は見えないばかりか、コロナ死を含めた肺炎死は、例年より減少しているという現実をグラフ化して簡便に説明します。翌2021年、ワクチン元年になるとワクチン接種量に比例するように、コロナ死を数倍も上回る「異常死」が急増し、死亡原因がワクチン接種と密接に関係している事実を提示していきます。陰謀論や情報操作の類いを凌駕する医科学的知識を駆使し、その結果から見えてきた現実を基にストーリーを組み立てていく手法は、推理小説をも凌ぐ興奮と驚きを読者に喚起することとなります。
    「人類が感染症の撲滅に成功したのは天然痘だけ。種痘の例外的な成功イメージで他のワクチンをみるのは間違い」と著者は指摘します。天然痘は一度、感染すると生涯二度目の感染はないが、インフルエンザやコロナは何度でも感染し完全な免疫はできない。「ワクチンを接種することで感染症を予防できると考えることには、はじめから無理がある」と話し、専門家でさえ未だ解明できない免疫・ウイルス・ワクチンの相関関係を、現代の最新医科学の知見として展開する。最後に、著者に本書の出版を決めた理由を訊くと、「コロナ死のリスクがほぼゼロの子どもに多くの親が無自覚にワクチンを打たせると、それは子どもの命を生贄に捧げること」と語った。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤井 真則(フジイ マサノリ)
    国際医療ジャーナリスト、経営コンサルタント。1960年、大阪生まれ。大阪大学理学部生物学科にて細胞生理学や分子遺伝学を学ぶ。同大学卒業後、三菱商事バイオ医薬品部門に所属し、新薬、診断薬、ワクチン、特にバイオテクノロジーや天然物など「生物系」のものについて臨床開発・エビデンス構築・医薬品のメーカーへのライセンス供与等の業務に従事する。また技術部を兼任し米国軍事技術の民間転用を始め、情報・通信・素材・精密機器・エネルギー・自動車・航空機・その他、技術移転ビジネスに関与。鉱産物部門では、世界の鉱物資源の分布、生産、市場、用途につき知見を得る。その後、国内初の経営参画型ベンチャーキャピタルを創立。独立系ベンチャー企業など投資先13社の取締役就任。日本を代表するVCとしてNHK・BSスペシャル『金の卵を探せ』に出演など、数々の国内外のメディアにてとり上げられる。経営コンサルタントとして独立後、医療関連企業、M&A仲介企業などへのアドバイザーとして活動する。日本イスラエル商工会議所会員など、グローバルな人脈と知見を有する「国際医療ジャーナリスト」としても活動・活躍する
  • 著者について

    藤井 真則 (フジイ マサノリ)
    藤井 真則(ふじい まさのり)1960年生まれ。大阪大学理学部生物学科にて細胞生理学や分子遺伝学を学ぶ。三菱商事バイオ医薬品部門に所属し、新薬、診断薬、ワクチン、特にバイオテクノロジーや天然物など「生物系」のものについて、臨床開発・エビデンス構築・医薬品メーカーへのライセンス供与、及び開発担当役員付。技術部を兼任し、米国軍事技術の民間転用を始め、情報・通信・素材・精密機器・エネルギー・自動車・航空機その他、技術移転ビジネスに関与。鉱産物部門に異動。世界の鉱物資源の分布、生産、市場、用途について知見を得る。経営コンサルタントとして独立後、医療関連企業、M&A仲介企業などへアドバイザー。NPO高麗理事、日本イスラエル商工会議所会員、など。

コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:自由国民社
著者名:藤井 真則(著)
発行年月日:2022/08/30
ISBN-10:4426128188
ISBN-13:9784426128180
判型:B6
発売社名:自由国民社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:320ページ
縦:19cm
他の自由国民社の書籍を探す

    自由国民社 コロナ禍の真実と次に来るもの [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!