現代フットボールの主旋律―ピッチ上のカオスを「一枚の絵」で表す [単行本]
    • 現代フットボールの主旋律―ピッチ上のカオスを「一枚の絵」で表す [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003613238

現代フットボールの主旋律―ピッチ上のカオスを「一枚の絵」で表す [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:カンゼン
販売開始日: 2022/10/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

現代フットボールの主旋律―ピッチ上のカオスを「一枚の絵」で表す の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “異端のアナリスト”庄司悟はこれまでピッチ上で起こる様々な「主旋律」を、誰もが一目でわかる「一枚の絵」で表してきた。「2軸」「非対称」「皿と団子」「同期・連動」「連動→連鎖→連結→連続」「志・智・儀」といった“異端用語”を駆使しながら、ペップ・グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、ユリアン・ナーゲルスマン、ハンス=ディーター・フリックなどが標榜する世界最先端の現代サッカーを「一枚の絵」で明らかにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    Ouvert¨ure(序曲)(「一枚の絵」の変遷;「現代フットボール」の時系列)
    Pr¨aludium(前奏曲)(起源―「一枚の絵」から「主旋律」を暴く;クロップ魔方陣―最新にして最強の戦術コンセプト「プログレッシブディフェンス」)
    Op.1(第1楽章 ゲーゲンプレス2.0―シメオネが編み出した究極の「自己相似形遮断」;第2楽章 複数で突っ走る―スプリントとのパスの同期を可能にする横浜F・マリノスのカラクリ ほか)
    pause(休憩)(Jの主旋律―「走りながら・蹴る」「究極のエコ」「尖ったサッカー」の正体)
    Op.2(第1楽章 皿と団子―「10対20」を可能とする究極の2軸フォーメーション;第2楽章 有効性か効率性か―「現代サッカーの申し子」ユリアン・ナーゲルスマンを丸裸にする ほか)
    Das Finale(終曲)おわりに
  • 出版社からのコメント

    “異端のアナリスト"庄司悟がピッチ上で起こる様々な事象、最先端の戦術メカニズムを明らかにする。サッカー観が激変する一冊。
  • 内容紹介

    『フットボール批評』の骨太連載「フットボールの主旋律」がカタールワールドカップ開幕直前に待望の書籍化。
    “異端のアナリスト"庄司悟はこれまでピッチ上で起こる様々な「主旋律」を、誰もが一目でわかる「一枚の絵」で表してきた。
    「2軸」「非対称」「皿と団子」「同期・連動」「連動→連鎖→連結→連続」といった“異端用語"を駆使しながら、グアルディオラ、クロップ、ナーゲルスマンなどが披露する世界最先端の戦術メカニズムを明らかにする。

    これまでのサッカー観そのものが激変する一冊。


    【構成】
    序曲:Ouverture(はじめに)

    1 前奏曲:Praludium
    ・起源
    ・クロップ魔法陣

    2 Op.1
    ・第1楽章 ゲーゲンプレス2・0
    ・第2楽章 複数で突っ走る
    ・第3楽章 「レコード」は「データ」にあらず
    ・第4楽章 90分のコンセプトを「一枚の絵」で表す
    ・Zugabe 木を見て森を見ず

    sich ausruhen(休憩) Jの主旋律

    3 Op.2
    ・第1楽章 皿と団子
    ・第2楽章 有効性か効率性か
    ・第3楽章 修正→構築→継続
    ・第4楽章 情報≠知見
    ・Zugabe 志・技・知

    終曲:Das Finale(おわりに)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    庄司 悟(ショウジ サトル)
    1952年1月20日生まれ、東京都出身。1974年の西ドイツ・ワールドカップを現地で観戦し1975年に渡独。ケルン体育大学サッカー専門科を経て、ドイツのレコード配信会社IMPIRE(現Sportec Solutions、ブンデスリーガの公式データ、VARを担当)と提携し、ゴールラインテクノロジー、トラッキングシステム、GPSをもとに分析活動を開始
  • 著者について

    庄司悟 (ショウジサトル)
    “異端"のアナリスト 庄司悟(しょうじ・さとる)
    1952年1月20日生まれ、東京都出身。1974年の西ドイツワールドカップを現地で観戦し1975年に渡独。ケルン体育大学サッカー専門科を経て、ドイツのデータ配信会社IMPIRE(現Sportec Solutions、ブンデスリーガの公式データ、VARを担当)と提携し、ゴールラインテクノロジー、トラッキングシステム、GPSをもとに分析活動を開始。著書に『サッカーは「システム」では勝てない データがもたらす新戦略時代』(ベスト新書)。

現代フットボールの主旋律―ピッチ上のカオスを「一枚の絵」で表す の商品スペック

商品仕様
出版社名:カンゼン
著者名:庄司 悟(著)
発行年月日:2022/10/26
ISBN-10:4862556647
ISBN-13:9784862556646
判型:B6
発売社名:カンゼン
対象:一般
発行形態:単行本
内容:体育・スポーツ
言語:日本語
ページ数:248ページ
縦:19cm
他のカンゼンの書籍を探す

    カンゼン 現代フットボールの主旋律―ピッチ上のカオスを「一枚の絵」で表す [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!