苦しいとき脳に効く動物行動学―ヒトが振り込め詐欺にひっかかるのは本能か? [単行本]
    • 苦しいとき脳に効く動物行動学―ヒトが振り込め詐欺にひっかかるのは本能か? [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月25日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003615285

苦しいとき脳に効く動物行動学―ヒトが振り込め詐欺にひっかかるのは本能か? [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月25日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日: 2022/11/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

苦しいとき脳に効く動物行動学―ヒトが振り込め詐欺にひっかかるのは本能か? の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    著者が苦しむ生きにくさの正体を動物行動学の視点から読み解き生き延びるための道を示唆する。
  • 目次

    はじめに

    〝よそ者嫌い〟の進化心理学
    ある本能は尊重し、ある本能は調整する

    振り込め詐欺にひっかかる人が1万年前の世界では生き延びる理由
    「認知バイアス」の「100人程度の集団での狩猟採集生活」における適応的意味

    自分は何者なのか、心にぽっかり空いた穴
    数十万年前から変化していない現代人の脳と利己的遺伝子説

    なぜ☆は〝キキーッ〟で、◎は〝ブーバー〟なのか?
    動物行動学からの答え

    苦しいとき、動物行動学の視点から考えたこと
    「『耐える』という本能は、生きることの誇るべき一部」という知見

    脳という物体からなぜ意識という非物が生じるのか
    「認知世界は種によって異なる」という動物行動学の基本理論から考える
  • 内容紹介

    何でいろんなことがうまくいかないんだろう。
    なんだか他の人とずれているような気がする。
    そんなふうに悩んだことはありませんか?

    それはじつは、ヒトの脳(本能)が「自然の中で100人程度の集団をつくって狩猟採集を行う生活」に進化的に適応してきたにもかかわらず、現代がその環境と大きくことなってしまったことから生まれているのではないか………。

    もし、現代が100人の狩猟採集生活を送る集団だったなら、振り込め詐欺にひっかからない人は生き残っていないだろう。
    ある本能は尊重し、ある本能は調整する。
    行動経済学でよく使われる「認知バイアス」の「100人の集団での狩猟採集生活」における適応的意味。
    数十万年前から変化していない現代人の脳と利己的遺伝子説………。

    本書では、著者自身の苦しみを赤裸々に語りながら、それを動物行動学者として分析し、本能と社会環境とのズレによって生み出されている深い苦しみ、生きにくさの正体を動物行動学・進化心理学の視点から読み解き、現代を生き延びるための道を示唆します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 朋道(コバヤシ トモミチ)
    1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。2015年より公立鳥取環境大学に名称変更。専門は動物行動学、進化心理学。これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる。中国山地の山あいで、幼いころから野生動物たちとふれあいながら育ち、気がつくとそのまま大人になっていた。1日のうち少しでも野生生物との“交流”をもたないと体調が悪くなる。自分では虚弱体質の理論派だと思っているが、学生たちからは体力だのみ現場派だと言われている
  • 著者について

    小林朋道 (コバヤシトモミチ)
    1958 年岡山県生まれ。
    岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。
    岡山県で高等学校に勤務後、2001 年鳥取環境大学講師、2005 年教授。
    2015 年より公立鳥取環境大学に名称変更。
    専門は動物行動学、進化心理学。
    著書に『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』をはじめとする、「先生!シリーズ」、番外編『先生、脳のなかで自然が叫んでいます!』(以上、築地書館)など多数。
    これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。
    現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる。
    中国山地の山あいで、幼いころから野生生物たちとふれあいながら育ち、気がつくとそのまま大人になっていた。1 日のうち少しでも野生生物との〝交流〟をもたないと体調が悪くなる。
    自分では虚弱体質の理論派だと思っているが、学生たちからは体力だのみの現場派だと言われている。

苦しいとき脳に効く動物行動学―ヒトが振り込め詐欺にひっかかるのは本能か? の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:小林 朋道(著)
発行年月日:2022/11/15
ISBN-10:480671643X
ISBN-13:9784806716433
判型:B6
発売社名:築地書館
対象:一般
発行形態:単行本
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:164ページ
縦:19cm
他の築地書館の書籍を探す

    築地書館 苦しいとき脳に効く動物行動学―ヒトが振り込め詐欺にひっかかるのは本能か? [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!