子どもが「学びたくなる」育て方―「話す・探す・やってみる」で生きる力を伸ばす [単行本]
    • 子どもが「学びたくなる」育て方―「話す・探す・やってみる」で生きる力を伸ばす [単行本]

    • ¥1,65099ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003615932

子どもが「学びたくなる」育て方―「話す・探す・やってみる」で生きる力を伸ばす [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:99ポイント(6%還元)(¥99相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2022/10/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

子どもが「学びたくなる」育て方―「話す・探す・やってみる」で生きる力を伸ばす の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    子どもが主体的になる秘訣、教えます。27年間20,000人を指導した「探究学習」のプロの方法!!
  • 目次

    序章 変わる子どもと教育

    21世紀型入試問題/生きる力を育てる「探究型学習」/探究的な学びのために家庭でできること/各章のガイドライン など



    1章 知るーー子どもはどのように学ぶか

    「探究型学習」が生きる力を育てる理由/小学校時代の学びがとりわけ重要である理由/子どもは矛盾を抱えた生き物/抽象概念の理解には個人差がある/小学校低学年のうちにやっておいてほしいこと/家庭の中に自然科学はある  など



    2章 対話する――子どもは応答がほしい

    対話のコツは「否定しない」「合理化しない」「応答する」/対話と自己有用感/5分でいいから話しかける/強みを見つける以前に「それは弱みではない」と伝える/「好き」から学びのガイドを引く方法/すべてをポジティブに見る/苦手意識をとりはらう対話/進路について考えるトレーニング/家庭でできる思考力型問題の対策/科学的に言って聞かせる/死について対話する  など



    3章 探す――中学受験をするならば

    児童会長からのメールー変わる子ども、変わらない学校/2022年の中学入試/中堅校に人気が集まった理由/中学受験の目的は二極化/中学受験のメリット/親の逆算思考をやめる/模試は偏差値「だけ」見なくていい/学校説明会で見るポイント/我が家と相性の良い塾の探し方/問題集・参考書を選ぶときのポイント  など



    第4章 やってみる――入試問題、遊び

    「やってみる」姿をまず親が子どもに見せる/思考力型入試問題をやってみる【桐蔭学園中学校・浦和実業学園中学校・都立小石川中学校・立川国際中等教育学校・慶應義塾湘南藤沢中等部 など】/教養とは人の気持ちがわかること/デジタルとアナログのバランスをとる  など



    5章 信じる

    子どもを信じるということ/教えなくても身につくことがある/公立と私立の違い/学ぶことは自分の存在意義を信じること/三次の影響 など  



    おわりに
  • 出版社からのコメント

    27年2万人を直接指導した「探究学習」の第一人者が教える、小学校6年間で親が子どもの未来のためにできる最大のこと。
  • 内容紹介

    小学生の親が子どもにできる、シンプルで一番大切なこと。



    感じる、考える、決断する。子どもを生涯支える「主体的な学び」の習慣。



    「詰め込まない、追い込まない学び」でほぼ全員志望校へ進学。「知窓学舎」塾長、初の単著。



    27年間2万人を指導した「探究学習」のプロの方法。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    矢萩 邦彦(ヤハギ クニヒコ)
    「知窓学舎」塾長、実践教育ジャーナリスト、多摩大学大学院客員教授、株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO。一児の父
  • 著者について

    矢萩 邦彦 (ヤハギ クニヒコ)
    「知窓学舎」塾長。多摩大学大学院客員教授。アルスコンビネーター。実践教育ジャーナリスト。株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO。大学時代、阪神淡路大震災の翌日に死者数で賭けをしている同級生を見てショックを受け、子どもたちに伝えるべきことがあると教育者の道を歩みはじめる。 大手予備校で中学受験の講師として10年以上勤め、1995年より教育・アート・ジャーナリズムの現場で「パラレルキャリア×プレイングマネージャー」としてのキャリアを積む。2014年から「受験指導×探究型学習」をコンセプトにした小中高生対象の統合型学習塾「知窓学舎」を運営。のべ20000人を超える直接指導経験がある。2020年の教育改革の折には「探究学習を具体的に進めるためのノウハウを知りたい」と学校からの相談が相次ぎ、入塾希望者が殺到。子どもたちに「偏差値にとらわれない」「学歴にとらわれない」世界の見方を伝えるため、自身の学歴も非公開としている。「現場で授業を担当し続けること」をモットーに実践教育ジャーナリスト・教育カウンセラーとしても活動を広げる。本書が初の単著になる。

子どもが「学びたくなる」育て方―「話す・探す・やってみる」で生きる力を伸ばす の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:矢萩 邦彦(著)
発行年月日:2022/10/25
ISBN-10:4478116474
ISBN-13:9784478116470
判型:B6
発売社名:ダイヤモンド社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:288ページ
縦:19cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 子どもが「学びたくなる」育て方―「話す・探す・やってみる」で生きる力を伸ばす [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!