奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) [単行本]
    • 奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) [単行本]

    • ¥2,750165ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003618576

奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:165ポイント(6%還元)(¥165相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:Pヴァイン・ブックス
販売開始日: 2022/12/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    マーク・フィッシャー生前最後の著作、ついに邦訳刊行!
  • 内容紹介

    それがなぜ「奇妙なもの」に見えるのか?
    ──マーク・フィッシャー生前最後の著作

    H・P・ラヴクラフト、H・G・ウェルズ、フィリップ・K・ディック、デヴィッド・リンチ、スタンリー・キューブリック、クリストファー・ノーラン、ザ・フォール、ブライアン・イーノ……彼ら「奇妙」で「ぞっとする」表現者たちに、私たちがいままで世界を理解するために使ってきたカテゴリーが有効ではないとしたら、では、彼らから導き出せる思想とは……
    思想家マーク・フィッシャーの冴え渡る考察がスリリングに展開する、彼の文化論集にして、もう一冊の代表作。

    図書館選書
    それがなぜ「奇妙なもの」に見えるのか?──マーク・フィッシャー生前最後の著作

奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) の商品スペック

商品仕様
出版社名:Pヴァイン・ブックス
著者名:マーク フィッシャー(著)/五井健太郎(訳)
発行年月日:2022/12
ISBN-10:4910511318
ISBN-13:9784910511313
判型:B6
発売社名:日販アイ・ピー・エス
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:240ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:290g
他のPヴァイン・ブックスの書籍を探す

    Pヴァイン・ブックス 奇妙なものとぞっとするもの──小説・映画・音楽、文化論集(ele-king books) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!