ビジュアルでわかる江戸・東京の地理と歴史 [単行本]
    • ビジュアルでわかる江戸・東京の地理と歴史 [単行本]

    • ¥1,980119ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003624813

ビジュアルでわかる江戸・東京の地理と歴史 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:119ポイント(6%還元)(¥119相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本実業出版社
販売開始日: 2022/11/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ビジュアルでわかる江戸・東京の地理と歴史 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    家康以前の「江戸」から近現代の「東京」まで!かつて低い台地と湿地だった江戸は、埋め立てられて「町」になり、激動の明治・大正・昭和時代を経て「巨大都市」に変化してきた。420年の変遷を一気に感じられる一冊です!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 東京という場所を知ろう―海と密接な関係にあった低湿地
    第2章 江戸・東京の自然と地理条件―五つの地形と海からできた江戸
    第3章 天下の総城下町「江戸」の成立―江戸はどのようにして大都市になったのか?
    第4章 都市「江戸」のインフラはこうつくられた―「陸路」「海路」の整備と「水」の供給が江戸を支えた
    第5章 現代に伝わる江戸の地理―江戸から現代へ 今も残る江戸の名残り
    第6章 近代都市化していく東京―街並みも行政も明治期に大きく変わった
    第7章 整備されていく東京のインフラ―交通網から電気まで急速に充実していく東京
    第8章 戦争と高度成長で激変する東京―川が消えて道ができ23区が誕生した
  • 出版社からのコメント

    ロングセラー『スーパービジュアル版 江戸・東京の地理と地名』をコンパクトにしてカラーでリニューアル!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鈴木 理生(スズキ マサオ)
    1926‐2015年。都市史研究家。地形学・考古学の視点から実証的に都市史をとらえ直し、都市の形成と変遷、流通、交通体系などを多角的に論じている

    鈴木 浩三(スズキ コウゾウ)
    1960年東京生まれ。中央大学法学部卒。筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻修了。博士(経済学)。経済史家。主に経済・経営の視点から近世を研究している。2007年に日本管理会計学会「論文賞」を受賞

ビジュアルでわかる江戸・東京の地理と歴史 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本実業出版社
著者名:鈴木 理生(著)/鈴木 浩三(著)
発行年月日:2022/12/01
ISBN-10:4534059612
ISBN-13:9784534059611
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:地理
言語:日本語
ページ数:230ページ
縦:21cm
他の日本実業出版社の書籍を探す

    日本実業出版社 ビジュアルでわかる江戸・東京の地理と歴史 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!